eye-160524

問題だらけのカンボジアの中古車を安心して買う方法

ctg04



スポンサーリンク


カンボジアで車を買う場合、新車はかなり高いので、中古車を選択肢に入れる方も多いと思います。

カンボジアでは中古車市場が活発で、街のいたるところに車屋さんがありますが、中古車では割とトラブルも多いのでご注意ください。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

カンボジアでの車の購入事情

カンボジアで車を買う手段はいくらでもあります。

新車を扱うディーラーに行くもよし、街に沢山ある中古車屋さんに行くもよし、はたまた日本のヤフオクのようなオークションサイトでも車は沢山売られていますからね。

【関連記事】カンボジアの便利なフリマ・サイト:khmer24

このように選択肢は数多くありますが、もちろんお金がある人はディーラーで新車を買うのがベストです。

ただ車の関税がバカ高いカンボジアでは、新車は「日本価格のほぼ倍」を覚悟しなくてはならない高級品です。

カンボジアの所得を鑑みると、車を買うなんて「日本でいえば家を買うくらいの出費」になるはずなのに、それでも高級車がバンバン走っているのを見るにつけ「カンボジアにはお金持ちが多いなぁ」と関心してしまいます。

ただし車を新車で買えるなんて、一部の富裕層のお話。

といいますか、ひと昔前までは車なんて富裕層しか持てなかったのですが、最近では中級層のカンボジア人も多く車を所持するようになってきました。ただそういった大多数の人達が買うのは、やはり価格の安い中古車が中心となります。

日本では自動車は10年もすれば価値が無くなるので「消耗品」として考えられますが、カンボジアでは年数が経っても車の価値は中々減らないので、むしろ「資産」として考えられているんですよね。

実際に日本では廃車レベル(10年落ちの車など)が、カンボジアでは100万円以上の値が付けられているが普通です。

そしてそれを数年乗った後に売却しても元の購入価格と変わらない値段で売れてしまったりしますから、確かに「資産」と呼んでも(今のところは)差し支えない感覚なんです。

だからこんなにも車が増えちゃう(=渋滞が増える)訳ですよ(^^:)

 

問題だらけのカンボジアの中古車!

車が減価償却されないのは魅力的に感じるかもしれませんが、もちろん良い面ばかりではありません。

確かに購入した中古車が無事に走ってさえくれれば、数年後にも購入時に近い価格で転売できるのでお得感はあります。

ただそれは、あくまで「無事に走ってくれれば」のお話です(笑)。

日本では古い年式の車でも販売店が責任を持ってメンテナンスし販売をしてくれていますが、カンボジアではそうはいきません。

そもそもカンボジアに入ってくる中古車自体、入る段階でかなり怪しい事故車などの場合も多く、それをろくなメンテナンスもせずに売ってしまうので中古車を購入した後のトラブルは後を絶ちません。

もちろん幸運にも問題の少ない「当り!」を引くこともありますが、大半の車は買ってすぐに修理やらパーツの交換やら、ナンダカンダで追加のお金がかかる可能性が非常に高く、中古車の購入はまさにギャンブルのような状態です(^^:)

日本なら中古車であっても保証やメンテナンスをしっかりとしてくれますが、カンボジアでは当然そんなことは期待できません。

もちろんお金を払えば修理はしてくれるものの、極端な話、買った翌日に車がぶっ壊れようと、それは「購入者の自己責任」となりますのでお気をつけください。

 

カンボジアで安心して中古車を買うには!?

そんなギャンブルのようなカンボジアの中古車市場ですが、少しでも安心して中古車を買いたいものですよね。

そこで今日は僕のオススメの場所を2ヵ所ご紹介させていただきます。

ちなみに中古車購入の流れや注意事項などは、Krormaさんが親切にまとめてくださっていたのでそちらを参考にしてください。

【外部リンク】バイク・自動車の購入(Krorma)

 

オススメの中古車店1:NEW WORLD

IMG_1001

実は僕も先日ここで(自分名義ではないですが)車を購入したのですが、割と良くて驚きました。

NEW WORLD

場所はプノンペンのイオンモールの2号店(予定地)のすぐ隣。

こちらの中古車屋さんはカンボジア中に数多く支店を展開されている会社なので、もしかしてご存知の方も多いかもしれませんね。

 

この会社の良いところは価格は街の相場より少し(1割程度?)お高めではあるものの、しっかりと車両のメンテナンスがされており、カンボジアの中古車としてはかなり状態が良さそうです。

購入にあたって数台エンジンルームを見せてもらいましたが、どれも綺麗に整備されており、消耗しやすいパーツも新しいものに入れ替えてくれていました。これなら「買ってすぐに修理が必要」なんてリスクは低いと思います。

 

車両自体のコンディションは抜群なんですが、ひとつこちらの会社の欠点をあげさせていただくと、販売方法(サービス)がかなりカンボジアンなこと(^^:)

IMG_1004

オフィス自体は立派なのですが、僕がいった時には特に整備スタッフに英語が通じる人が少なかったので、やり取りにはクメール語ができた方が無難かもしれません。

ちなみにこの日は(下見だけで購入する予定ではなかったこともあり)パスポートなどの必要書類を持参していなかったのですが、急遽購入を決め書類をメールで送ることになったのですが…

立派なオフィスにも関わらず、担当者はメールアドレスも無く(というかアドレスを忘れたそうですw)、どうしようと話していると「LINEで送れる?」なんて話の流れになりました。

なんてカジュアルな(笑)。

IMG_1005

必要書類を持参していないこちらの非は十分理解した上で、重要書類をLINEで送るのはちょっとセキュリティ的に躊躇しますよね(^^:)

最終的には別のスタッフのアドレスで対応してもらいましたが、他にも彼女は名刺を持っていなかったり、なんだか随所に散りばめられた独特の「ゆる〜い感じ」が、なんとも「カンボジアだなぁ」と和ませてくれます(笑)。

とはいえ車両自体は(購入後2週間ほど経ちましたが)至って快調!

さらに書類も原本でしっかりそろっているので安心です。

IMG_1006

ということでオススメの会社さんであることは間違いないので、連絡先もご紹介したいところなんですが…

IMG_1011

パンフレットに書かれた番号が、どれが該当の店舗なのか(クメール語なので)わかりません(笑)。

 

オススメの中古車店2:トヨタ認定中古車

IMG_1012

僕がいうまでも無く、カンボジアで一番安心して中古車を買うなら間違いなく「トヨタの認定中古車」を選ぶことだと思います。

パンフレットでも「無事故車」をうたい、保証も1年間ついてきます。加えてここには書いていませんが、購入後の1,000キロ点検も無料で行ってくれますよ!

販売窓口も日本人が日本語で対応してくれますし、何よりトヨタという看板があるので、購入後も「変なことはされない」という日本では当たり前の安心感もありますよね(笑)。

もちろん街の中古車相場よりお値段は高く設定されていますが、ギャンブルのような中古車を買って修理やパーツの交換に高いお金を出すくらいなら、はじめから安心して買える認定中古車はむしろお得かもしれません。

特に車の状態の目利きに自信の無い方なら一番に選択肢にあげるべき店舗ではないでしょうか。

 

まとめ(お役様は神様ではないカンボジア)

以前に別の記事でも書きましたが、カンボジアは「お客様は神様」ではありません。

【関連記事】お客様は神様ではない国カンボジア、消費者にも知識と経験と見る目が必要です。

安い買い物なら「失敗したぁ〜」とあきらめることもできますが、高額の買い物をする時には、その後のアフターケアなども視野に入れて選択することが重要です(例えば僕の場合、電化製品を買う時はなるべくノジマ電機さんで買うようにしています)。

車なんかはその最たる例だと思いますので、この記事を参考にしていただき、後悔の無い車選びをしてくださいね(^^)



スポンサーリンク