IMG_2121

カンボジアの検問や罰金(2016年最新情報)

ai04



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

昨日は急遽ブログの更新をお休みしてしまいました(^^:)

といいますのも先週末から昨日にかけて、カンボジアの北や南へ移動・移動・移動!の連続で(細かい移動を含めるとこの数日で2,000キロ以上)、ブログを書く時間をとることができませんでした。

※ とはいえ晩に飲み歩かなければブログを書く時間は取れたので、単なる言い訳なんですけどね。更新を楽しみにしていただいた方がおられたら、申し訳ありませんでした。

 

そんな移動の日々で強く感じたことが…

あらためて、カンボジア全土で検問が増えていますね!

2016年からカンボジアでは交通違反への取り締りが強化されているのは以前もお伝えした通りで、その後プノンペンでも検問を見かける機会が増えていたのですが…、今回あらためてその動きが地方を含めたカンボジア全土で広がっていることを実感しました!

IMG_2121

今回の移動では2号線・3号線・6号線・7号線などを主に利用しましたが、どの道路・どのエリアでもかなりの頻度で検問をやっていましたよ!

IMG_2095

去年まではカンボジアでは17時以降は警察に止められることは無いと思っていましたが、今年からは深夜でも飲酒検問も実施しているので要注意!

 

飲酒運転だけでなくその他の取り締りも強化されたおかげで、前まではバイクタクシー(モトドップ)の後ろに乗る時に言われる事が無かった「ヘルメットの着用」を求められることも多くなりました。

まぁ安全性を考えれば、このような流れはもちろん良いことなんですが、ノーヘルでバイクに乗るのって風が気持ち良くて好きだったんですよねぇ…、なんて言ったら駄目ですよね(^^:)

 

このようにカンボジア人に道路交通法遵守の意識が高まったのは、取り締りの頻度だけでなく罰金の額が今年から大幅に上がったおかげ。

ちなみに2016年2月現在の罰金の額は以下の通りです。

自動車の主な違反

飲酒運転 1,000ドル
シートベルト(ドライバー) 25ドル
シートベルト(助手席) 6ドル

バイクの主な違反

飲酒運転 100ドル
ヘルメット未着用 4ドル

更に自動車で飲酒運転が見つかった場合には罰金に加え2日間車が没収されたり、悪質な場合は問答無用で刑務所に入れられるそうなので特に注意が必要です。

もちろん無免許なんかは論外で、もし無免許で事故などをしようものなら即逮捕ものですよ!(ただしバイクの場合は今年から125cc以下のものに限り免許が不要になりました)

 

カンボジアで自動車やバイクを運転される方は、去年までとは大きく罰金が増えていますのでお気をつけください(^^)

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク