be2ce5ecf3e4a3721d42343b6c69d2b2_s

日本からの直行便に加え、カンボジアへの新路線が続々登場!

ai04



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

IMG_1867

今朝雲はまるで日本の秋のよう、気温も涼しく快適に目が覚めました(^^)

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

既にご存知の方も多いと思いますが、いよいよ今年の9月からカンボジアでも日本からの直行便がスタートするようですね!

ずいぶん前から話はあったものの、ずっと「お預け」を食らっていたので嬉しい限りです(^^)

 

全日空、成田―プノンペン線を9月開設全

日本空輸は成田空港とカンボジアの首都プノンペンを結ぶ路線を9月に新規開設する。両国の間に定期の直行便が就航するのは初めて。カンボジアは世界遺産のアンコールワット遺跡群など人気の観光地を抱え、経済発展を見込んだ日系企業の進出も相次いでいる。全日空は直行便の就航で将来的な旅客需要の伸びを取り込む。

日本とカンボジアの両政府が2015年1月に航空協定を締結し、定期便の運航が可能になっていた。全日空は米ボーイングの中型機「787―8型機」を使い、9月1日から1日1往復で運航を始める。これまで日本からカンボジアを訪れるにはベトナムやタイなどで便を乗り継ぐ必要があったが、直行便の就航によって移動を3時間程度短縮できる見込み。

全日空は成田―プノンペン線の開設により、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国のうち、ラオスとブルネイを除く8カ国に自社便を運航することになる。日本政府観光局によると14年のカンボジアへの日本人旅行者数は約21万6000人で5年前に比べ約5割伸びた。

出典:日本経済新聞

 

直行便が運行しても、僕は普段は安いフライトを選びがちなのですぐに恩恵を受けることは無さそうですが…

急ぎの時や、お子さん連れの方なんかは3時間の短縮は大きいですよね!

be2ce5ecf3e4a3721d42343b6c69d2b2_s

運行スタートは9月とちょっと先のお話となってしまいますが、その前の2月末にはプノンペンと香港間の直行便が新たに開設します!

香港航空、香港=プノンペン線を開設へ…2月27日

香港航空は2月27日から香港=プノンペン線を開設し、火・木・土の週間3便で運航を開始する。

プノンペンは世界遺産のアンコールワットで知られるカンボジアの首都。同国最大の都市でもあるプノンペンは、ここ数年で服飾・観光産業が急激に発展し、ますます多くのビジネスパーソンと観光客で賑わうようになっている。

フライトスケジュールは以下の通り。HX721便は香港を14時に出発し、プノンペンに15時45分に到着。HX722便はプノンペンを17時20分に出発し、香港に21時10分に到着する。機材は全席エコノミークラスのエアバスA320。

出典:Response

 

こちらのプノンペン・香港間の路線は、今までも香港ドラゴン航空によって直行便が既に用意されていましたが、こうして参入会社が増えることで価格やサービスの競争が生まれることが期待できますよね(^^)

 

同じくシェムリアップとタイのバンコク間でも、タイ・スマイル・エアが新たに参入を決定しています。

タイ・スマイル、バンコク-シェムリアップ線を就航

タイ国際航空(THAI)の子会社の格安航空(LCC)タイ・スマイル・エアが、来月1日からバンコクのスワンナプーム国際空港とカンボジアのシェムリアップを結ぶ路線を就航する。一日2往復、週10便、価格は2780バーツから。

出典:タイ通 Finance

 

その他にもバンコクエアウェイズがプノンペン・バンコク間のフライト数を増便したり、カンボジアにつながるフライトがドンドン増えてきています。

これだけ新路線が増えるということは、カンボジアの注目度が上がっている証拠でしょうし、在住の僕としては便利になることは嬉しい限りです(^^)

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク