people_take_a_driving_test_for_drivers_licences_in_phnom_penh_21_12_2015_phnom_penh_city_hall

カンボジアでバイクの免許不要に(125cc以下のバイクに限る)!

ai04



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

今年から冒頭で天気の画像をアップして1週間が経ちましたが…

IMG_1808

カンボジアの気候は「雨季と乾季」の2パターンしかありませんので、毎日あまり代わり映えがありませんw

今さらですが、この情報っていりますか(^^:)?

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

昨日、久しぶりに僕らの生活に直結するビッグニュースが入ってきましたね!

周りでも話題になっていましたので、既にご存知の方も多いと思いますが、改めて周知させていただきます(^^)

 

Licences waived for 125cc motos

people_take_a_driving_test_for_drivers_licences_in_phnom_penh_21_12_2015_phnom_penh_city_hall

Motorbike drivers whose rides are 125cc or less will no longer need a licence, Prime Minister Hun Sen announced yesterday evening, in a decision that will mean the majority of Cambodian drivers will be exempt from taking a driving test.

In what he called a January 7 “gift for the people”, the premier ordered government officials to amend the Traffic Law in response to public concern and after meetings with Interior Minister Sar Kheng, and the ministers of finance and transport.

In a Facebook post at 7pm, the Hun Sen said the government would “eliminate driving licence A1”.

出典:プノンペンポスト


以下当ブログによる和訳

125cc以下のバイクの免許廃止へ

バイクの運転手は125cc以下のバイクで免許が不要となると、フンセン首相より声明がだされました。これによりカンボジア人ドライバーの多くが運転試験を免除されることになります。

首相は1月7日に「人々へのギフト」と名付けたこの方針で、政府関係者は交通法の修正と、市民の質問に対応していくことを命じました。

フンセン首相は午後7時に投稿されたFacebookで、「政府はA1免許を廃止する」と発表しました。

 

今年から交通違反に対する罰金が約5倍程度に厳罰化したところですが、カンボジアではバイクを運転する人で免許なんて持ってる人はほとんどいません。

日本人の感覚では「バイクを無免許」なんてちょっと信じられないかもしれませんが「こちらのバイクは日本の自転車みたいなもの」と考えていただければ、少しはしっくり来るかもしれませんね。

事実プノンペンポストの記事の続きを読めば書いてあるとおり、カンボジアには270万台のバイクがあるのに対し、免許を持っているのは16万人に満たないほどです。

IMG_0218

つまりほとんどの人が無免許でバイクを運転している状況で、「取り締りを厳罰化する!」と宣言していた訳ですから「ホントにバイクまで厳罰化するの?(したら混乱必至!)」と思っていたら…

さすがカンボジア、日本ではあり得ないウルトラCで解決しました!

こういった思い切った決断をスピーディーに下せるのは、ある意味「独裁政治」の良い面かもしれませんね(くだらない議論に時間をかけすぎる日本の政治にも、少しは見習って欲しいくらいです)。

 

ちなみにこの法律が施行されて一般市民の生活が変わるかといえば…

当面は特に変化は無いはずです。

だって先に述べた通り、今までもほとんどの人がバイクは無免許で乗っていた訳ですから(^^:)

 

影響があるとすれば、今まで「取り締りという名の賄賂」をポッケに入れていた警察官が、少しお金を取る口実が減ったくらいでしょうか?

とはいえ彼らに一度停められたら、きっとナンダカンダと理由を付けてお小遣いをせびられるのは目に見えています。

だからこそ今回の法改正は、特に警察のターゲットにされやすい外国人の僕らにとって「停められる口実が減る」という意味では歓迎すべき法改正かもしれませんね。

 

もちろん、カンボジアのこれからを考えると(今でもバイク事故が多発しているのですから)本来であれば今の無免許運転を廃止する方向にメスを入れるべきです。

もちろんそれはフンセン首相もご存知のはずで、今回の措置はあくまで「混乱を防ぐ為」の暫定的な処置であろうと推測します。

今回の改正とあわせて「交通ルールの周知の大切さ」には首相も触れておられますが、それらを実際に進めて、カンボジアの事故を減らす活動に期待したいものです。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク