air-bag

航空会社比較:日本・カンボジア間で荷物を沢山運べるのはどこ!?

ai04



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

先日の「海外への引越しは予想以上に大変ですね」の記事で、日本からカンボジアへ沢山荷物を運んできたというお話をさせていただきました。

その中で「利用する航空会社によって持って来れる荷物の個数や重量に違いがありますので、まずはそれをチェックしましょう。」と書きましたが、せっかくなので各航空会社の荷物制限をまとめてみました。

比較対象とした航空会社は、エクスペディアで日本〜カンボジア間の航空券を検索した時に出てきた会社です。

expedia
出典:エクスペディア

上記画像に記載されている価格は検索する時期によって違いますので、あくまで参考程度にとどめておいてください。赤枠で囲った会社を並び順をそのままに、荷物の制限についてまとめたのが下の表です。

 

荷物を沢山運ぶなら、どこがお得!?

日本〜カンボジア間 エコノミークラスの荷物制限比較

air-bag ※ 各社HPより抜粋(2015年11月現在)
※ 上記リストは日本〜カンボジア航路の一般的なエコノミークラスの条件比較です。各空港会社では目的地や搭乗するクラス、その他自社の会員サービス加盟の有無などにより上記の制限は変わります。

こうして比べると、航空会社によって荷物の制限にかなりばらつきがあることがお分かりいただけると思います。

ちなみに先のエクスペディアの検索結果から、手荷物受託料が含まれていないエアアジアと、HPで詳細が確認できなかったカンボジアアンコール航空はリストから除かせていただきました。

 

航空会社を選ぶ場合、乗り継ぎ時間や料金などに目がいきがちですが、海外に移住される場合などで荷物を沢山運びたいとき、こうした制限の違いも実は重要な比較項目となります。

上の表で比べる限り、1枚のチケットでより多くの荷物を運びやすい会社は…

・日本航空(JAL)
・中国東方航空
・全日空(ANA)
・中国南方航空

この上記4社が受託荷物の個数制限が2つまで、ひとつあたり23kg預けられるので、最大46kgまで超過料金無しで運ぶことが出来ます。

 

超過料金にご注意を!

飛行機の超過料金は思いの外高いので、そちらに関しても上記4社に絞って比べてみましょう。

日本〜カンボジア間 4社の受託荷物の超過料金

air-bag2
※ 各社HPより抜粋(2015年11月現在)

この4社で超過料金を比較すると全日空(ANA)が一番安いですが、あとは航空券の料金などと総合して比較するとよいと思います。

ちなみに僕がよく利用する中国東方航空の超過料金は、1個あたり約158ドル(約19,173円)と、この4社では高めです。

それでもEMSで23キロ送る(20,600円)のとそう変わりありませんし、思い切って荷物1個分を23キロ一杯にして超過料を払うなら選択肢としては有りです。

ただ一番馬鹿らしいのが、数キロ単位で制限を越えること。

それくらいなら超過料金を払うより、EMSで送った方が絶対安いですからね!

【参考外部リンク】EMS料金表

 

その他注意事項

2015年11月現在、定期便ではカンボジアへは直行便がありません。そこでカンボジアへは乗り継ぎや乗り換え便を利用してくることになると思います。そこでご注意いただきたいのが、日本から乗り継ぎ地までと、乗り継ぎ地からカンボジアまで、違う航空会社を使った場合です。

6a843a0bbfd460b802833169c9959d6b_s

同じ会社なら当然規定も同じですので問題ありませんが、先に比較した通り、航空会社によって規定は様々です。乗り継ぎ地までは追加料金が発生しなくても、次の航空会社で追加料金を請求されてしまっては元も子もないので、その場合は厳しい制限に合わせて荷造りをしましょう。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク