DSC00246

カンボジアのトゥクトゥク 完全攻略 1(値段交渉)

ctg04



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) げん 改め けん でございます☆

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

またも大げさなタイトルに、我ながら戸惑っています(^^:)

 

トゥクトゥクの料金は「言い値と交渉」で決まるので、人によって料金が違うのは以前に書いた通りです。

あなたがもし旅行者で、お金に少しゆとりがあるなら、ちょっとくらい高くても自分が許せる範囲は払ってあげて下さい♪

彼らの生活も色々と大変なんですよ(^^)

高いといっても日本でタクシー乗るよりはずいぶん安いですしね♪

 

あっ。

でも「日本で地下鉄 乗るより高いな! 」と思ったら、ちょっと腹が立ってきました(笑)。やっぱりモラルある範囲で、できるだけ安く乗りましょう(^^)

 

ということで、値段交渉のコツをお教えします♪

タイトルの「完全攻略」から、何気に「コツ」に格下げされたのは、優しい気持ちでスルーして下さい(笑)。

DSC00246

実は、現地のカンボジア人は前に書いた料金より更に安く乗っています。

その分お金にならないからドライバーも外国人を優先して乗せたがるし、たまに乗車拒否されるなんていうデメリットもありますが、とにかく安く乗ってます。

 

「じゃあ私も現地人価格で」と挑戦するのは、ちょっとハードルが高く、 少なくともクメール語を話せないと無理だと思います。

カンボジアに限らずアジアでは、現地語が話せない時点で外国人価格になることは多いので諦めましょう。

 

前回の記事で書きましたが、トゥクトゥクの外国人価格の相場は、5分以内の乗車で 1~3ドル。

この値段の違いは何で決まっているのか?

ズバリ!「こいつからお金を取れそうかどうか?」で決まっています。ちなみに僕、いま人生ではじめて「ズバリ」という言葉を使いました(笑)。

 

話を戻しますね(^^:)

「こいつからは取れる!」と思われると、3ドルから更に値は上がっていきます。 ではどうするか?

答えはズバリ!「こいつからは取れないぜ~こんちくしょう」と思わせれば勝ちです!

コツで言えば値段交渉をする際、「ハウマッチ(いくら?)」と聞かない方が無難です。それを聞いてしまうと相場を知らない感が、丸出しになってますよ(^^;)

 

「1ダラー?」とズバリ、こっちから低めの金額を指定しましょう!

これでOKならそのまま乗ればいいけど、大抵は向こうが値を上げにかかります。

そしたらすかさず、笑顔で「ハハっ♪ノ~!(ダメ~)」と言って相場知ってんだぞ的な雰囲気を出しましょう♪

ここ、演技力も大事です(笑)。

そそてこの先は長々と押し問答するのもなんなので、僕はこちらから譲歩します。

 

「オーケィ、1ダラーハーフ!(わかった、1.5ドルでどうだ!)」

感覚的には2ドルも出せば、大体OKになるんですが、まだ引き下がらない場合には「イッツ イナフ!(これで十分だ!)」ズバリと言い切り、それでもダメなら、他を探すと立ち去りましょう。

そしたら大抵、「わかった、それでいい!」と引き止めてきます(笑)。

この「他を探すフリ」という値段交渉の方法はかなり有効で、こちらが立ち去っても向こうが追いかけてついてくるくらいです。

この技を使う為にも、値段交渉は降りる際でなく、乗る前にしてしまった方がいいんですよね。

 

では最後にクイズです。

 

僕が人生ではじめて使った「ズバリ」というワード、その後連発していますが、このページでいったい何回使ったでしょうか?

気に入って、結構使っちゃいました(笑)。

 

【関連記事】

トゥクトゥクを安全に乗ろう!(防犯対策)

トゥクトゥク × 料金 × 乗り方(街乗り編)

トゥクトゥク 完全攻略 2(目的地にちゃんと着く為に)



スポンサーリンク