eye-161122

ガイドブックには載っていない、プノンペンを肌で感じる旅の過ごし方

ctg05



スポンサーリンク


カンボジアの首都プノンペン、日本人にとってまだまだ馴染みの少ない都市だと思いますが、実は魅力がいっぱいの街です。

そこで今日は在住者の僕が、プノンペンでガイドブックには載っていないオススメの過ごし方をご紹介したいと思います。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

ガイドブックに載っていないプノンペンの過ごし方

img_1759

カンボジアはこれから乾期に入るベスト・シーズン!

日本からの直行便の運行もはじまり、これからプノンペンへ遊びにこられる方も徐々に増えていくと思います。

しかし日本人にとって、今のところカンボジアといえばアンコールワットくらいしか知らない人も多いですよね。

それもそのはず。

カンボジアのガイドブックをみても、アンコールワットのあるシェムリアップに比べ、プノンペンは圧倒的に情報量が少ないですからね。

そこで今日はプノンペン在住の僕が、ガイドブックには載っていないプノンペンの魅力を、おすすめの過ごし方としてご紹介したいと思います。

ガイドブックに載っている観光地の観光の合間にでも、ぜひ試してみてくださいね。

 

トゥクトゥクに乗り、街の雑踏を眺める

img_1738

カンボジアでは公共の電車などが発達していないので、主な移動手段はタクシーかトゥクトゥクになると思います。

もちろん快適さではタクシーに軍配が上がるのですが、出来れば1度はトゥクトゥクにも乗ってみることをオススメします。

ガラスで隔てた車内からみる景色とくらべ、風を感じながら走るトゥクトゥクでは、街をぐっと近くに感じることができますよ。

走る場所や時間帯によっては、砂埃が酷かったり、物乞いがよってきたり、はたまた日本ではあり得ない渋滞に巻き込まれることもあると思いますが…、それはそれでカンボジア旅行の醍醐味。

そんなリアルなカンボジアを、ガラスを隔てず直に感じてもらえるのがトゥクトゥクの魅力のひとつです。

特にプノンペンでは貧富の性激しく、富と貧困がひとつの街に混在した、独特な世界感を感じていただけることでしょう。

またバンコクではすっかり観光以外で使われなくなったトゥクトゥクですが、カンボジアでもいずれそうなっていくはず。

そう考えるといずれ消え行く?トゥクトゥクに乗れるのも、今のカンボジアの魅力ですよね。

 

少しだけ気前よくチップを払ってみる

0f02389a652173470d3d20400b93110d_s

日本ではチップの文化がありませんので、チップを払うと何だか損した気分になる人もいるかもしれません。

ただ考え方を変えれば「チップを払う」という行為は、日本では体験できない貴重な旅の醍醐味とも考えられますよね!

しかも今ではチップの文化が随分浸透しましたが、元々のカンボジアではチップの文化が無かった国。

だからアメリカのように「チップをもらって当然」みたいな感じではないので、チップを受け取る側のリアクションも千差万別なんです。

そうした個人差があるからこそ、チップを通して相手の人となりや国民性をより感じられるかもしれませんよ。

またホテルなど滞在中に何度か顔を合わす場所では、少し多めにチップを払うことで劇的に待遇が変わり、予想以上に気持ち良く過ごすことができるかもしれません。

滞在者の僕としては日本人がチップの相場を上げるのは困る気持ちもあるんですが、少し気前よくチップを払うことで「お金の持つパワー」を再確認できるかもしれませんよ。

 

市場で買い物をし、笑顔で売り込みを断ってみる

日本人には田舎より都市部の方が物が高いというイメージがあると思いますが、カンボジアではそうとは限りません。

むしろカンボジアでは地方はプノンペンから物を仕入れている場合も多いので、実はプノンペンで買った方が安い物が多いのです。

だからもし貴方がカンボジアで数都市まわる予定があるのならば、お土産などの買い物はプノンペンで済ませるのがベターかもしれませんよ。

そしてせっかく市場へ行ったのなら、ぜひ一度は売り込みを笑顔で断ってみましょう。

ポイントは「笑顔で」というところなんですが、カンボジア人は周辺諸国と比べて人が良い人が多く、仮に商売を断られてもこちらが笑顔であれば笑顔で返してくる人が多いんです。

この「人の良さ」こそが僕がカンボジアを好きになった理由のひとつなのですが…、説明するよりぜひご自身で体験してみてください。

 

コーヒー1杯で迷惑なくらい粘ってみる

別に意味なく粘れというわけではありませんが(もし必要とあれば)カンボジアではコーヒー1杯で好きなだけゆっくりしても嫌な顔をされることは無いでしょう。

気が済むまでPCを開いて仕事をするなり、本を読むなりしてたのしみしょう。

カンボジア人の中にはソファー席でゴロゴロ昼寝しているツワモノもいるくらいですから、多少の長居は気兼ねは無用です。

さっきの買い物と少し似た発想の話なんですが、ここでもカンボジア人の人の良さが伺えますよね。

通常、都市部より田舎の方が「せかせか」していることが多いので、これらの「人の良さ」は、まだまだカンボジアが田舎であるという証拠かもしれません。

その恩恵を首都であるプノンペンでも受けられるのが、カンボジアの魅力なんですよね。

 

スカイバーから街並みを見下ろす

img_1064

カンボジア全体としては背の高い建物はまだ少ないのですが、プノンペンにはここ近年で高層ビルがどんどん建築されています。

そうしたビルの高層階や屋上にはスカイバーがあることも多いので、ぜひそこからプノンペンの町並みを一望してみてください。

上から見れば工事中の建物が立て並び、プノンペンの街が如何に急速に進化しているかを実感してもらえるはずです。

また「折角スカイバーに行くならば夜景をみたい!」という人も多いでしょうが、それならば少し早めの夕暮れ時の方がおすすめです。

夜になれば先にのべた「工事の雰囲気が見えない」ことも理由のひとつですが、それ以上にプノンペンの夜景はまだまだ光源不足で、それほど綺麗ではないんですよね。

それならば夕暮れ時に行った方が満足度は高いですよ。

 

滞在中1度はローカルなレストランで食事をとる

img_1559

その土地の魅力を語るのであれば、やはり現地の食事は欠かせません。

特にローカルのレストランでは安くて美味しい料理が楽しめるのですが…、中には「衛生面は大丈夫?」と心配される方もおられるでしょう。

カンボジアのガイドブックには「水や氷に注意」と書かれているものもあるので、心配するのも無理はありません。

結論から言えばある程度人気のある店(お客がちゃんと回転しているお店)なら大抵は大丈夫だと思うのですが、運・不運もあるので絶対とは言い切れません。

もし「ちょっと心配だけど行ってみたい」という方は、はじめは是非プノンペンでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

プノンペンは日本の北九州市が作った浄水システムが導入されているので、実は水道水でも飲めるレベルの水なんです。

水が綺麗ということはそれだけ食中毒などのリスクも減りますし、回転の良いお店なら食材が腐っているリスクも更に減ります。

ローカルのレストランは安くて美味しいだけでなく、一般のカンボジア人が利用しますので、その国の様子がよく分かって楽しいですよ!

 

滞在中1度は高級なお店やホテルにも行ってみる

img_0947

カンボジア旅行の醍醐味は「安く楽しめる」ことも魅力のひとつですが、それだけで帰ってしまうのは勿体ない!

なんせここ最近はずっと経済成長率7%を維持している国ですから、当然カンボジアにはお金持ちも沢山います。

特にプノンペンにはお金持ちが多いですし、当然ラグジュアリーなお店もいっぱい!

安い店と高級なお店の両方を味わってこそ、初めてリアルなカンボジアが語れるってもんですよ。

 

深夜0時、クラブで若者のパワーに触れる

僕が海外に行ったとき、必ず行くのがクラブです。

日本ではクラブにそれほど行かない僕ですが、クラブはその国の若者の傾向をみるのにうってつけな場所ですからね。

特にプノンペンはカンボジアでは最先端な場所ですから、良くも悪くも、若者の傾向が顕著に伺えますよ。

ただ海外のクラブのあるあるなんですが、カンボジアでもあまり早い時間にクラブに行っても意味がありません。

深夜0時前後から盛り上がりの時間をむかえるんですが、それ以前に行っても店はガラガラ。

きっと退屈して帰るのがオチなので、やはりクラブに行くなら0時前後がおすすめです。

ただ遅い時間帯は、治安に注意しなければなりません。

できれば現地の事情に詳しい方と一緒に行くなど、十分に配慮して行ってくださいね(それが無理なら諦めるのも勇気です)。

特にVIP席には酒に酔った大物がいる可能性もありますし、彼らは銃を所持している可能性もあります。

どの国でもお酒の場はトラブルの可能性が上がるので、くれぐれも気をつけて楽しんでくださいね。


以上、プノンペンを楽しむ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク