469b148869e2a4267bdae920a6479a79_s

放し飼い天国カンボジア!野良犬・野犬に襲わたら:対策・対処編

ctg07



スポンサーリンク


昨日の「予備知識編」に引き続き、今日は実際に犬に襲われそうになった以降の「対策・対処編」としてまとめていきます。

いざという時に備えて、しっかり予習しておきましょう!

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

やはり、なるべく戦いは避けましょう!

実は僕にとってここからは未体験ゾーンです。

といいますのも、昨日「2度ほど怖い思いをした」と書きましたが、どちらも昨日書いた方法でことなきを得ています。

1度目のメキシコの路地で野犬の群れ(7〜8頭?)と遭遇し威嚇されました時は、目を合わせないようゆっくりと後ずさりするように後退し、なんとか無事に逃げ切りました(正直かなりビビりましたよ!)。

2度目はプノンペン近隣の道を歩いている時、脇の空き地から大きな番犬?が飛び出してきて同じく威嚇されたんですが(思わず声を上げそうになりました!)、そのままゆっくり歩いて切り抜けました。

つまり実際にはまだ戦ったことはないのですが、正直な感想をいえば、もし戦ってもまったく勝てる気がしません!

海外の飢えた目をした野良犬や野犬、正直めっちゃ怖いですよ(ゴンがゾルディック家の番犬を見た時の感覚)!

だから出来るだけ昨日書いた方法で戦いは避けるべきだとは思いますが、「いざ」となれば貴方が女だろうが子供だろうが、自分の身は自分で守らなくてはならないのです(むしろ女性や子供など小さい人の方が襲われやすい)。

とはいえなるべく戦いを避ける為に、最後の最後まではあがきましょう。

 

襲われそうになったらすべきこと

84f03b480c6f43d87e35588b5fbf3237_s

ここからご紹介するのはあくまで最終手段です。間違えれば犬を余計に刺激することにもなりかねませんので、本当にいざという時に実践してください。

 

石を投げる、もしくは投げるフリをする

これは現地のカンボジア人も実践している方法で、割と効果が高いようです。

上手くいけばこれで相手が逃げてくれることもありますし、逃げないまでも怯んではくれるそうなので、その間に後ずさりで距離を取りながら逃げ切りましょう。

現地の人が実践してくれているせいか、実際には投げるフリでもそれなりの効果があるそうですが、生きるか死ぬかの戦いですので本気でぶつけにかかってください!

またその際は手や服を横に大きく広げたり、低い大きな声を出したりして自分を強く見せることで襲いかかられるリスクを減らしましょう(=勝てると思われると襲われる)。

ちなみに僕が夜道を一人歩きする時には、事前に石をいくつか握って歩くようにしています。

 

高い場所など犬が追えない場所へ逃げる

普通に走って逃げてもまず追い着かれますが、近くに犬が追って来れないような場所(トラックの荷台など)があればラッキーですね。

逃げた後もしばらく吠え続けられることにはなると思いますが、携帯などで助けを求めるなどしてピンチを切り抜けましょう。

ただしこれは犬と貴方に十分に距離があって初めてできることで、よじ上っている間に噛まれる可能性もあります。先にご紹介した石攻撃でひるんだ隙などを利用して行いましょう。

 

実際に戦いになった時にすべきこと

0aac6692b6882666809e7a3656b927d2_s

ここからはネットで調べた受け売りですので箇条書きで書いていきます。

共通事項

・犬と自分との間に服やカバンなどを置き、距離を取りながら助けを求める

・攻撃時は鼻を狙い、棒などを使う時は振りかざすよりも突きが有効

・噛まれた時にはしゃがまない(首筋を狙われる)

・もし押し倒されたら亀のように丸くなる(首、顔、お腹など急所を守る)

相手が一匹の場合

・噛まれる直前、もしくは噛まれた後でも首を強く握り地面に押し倒す

・噛まれても引かず(傷が裂ける)むしろ押し込む(それ以上強く噛めない)

相手が複数の場合

・壁や同伴者に背中を預け死角を減らす(後方から襲われることを防ぐ)

・石や棒などで犬の陣形を壊しながら、何とか退路を確保する

・噛まれてもひるまず反撃する(ひるむと一斉に襲われる)


書きながら想像するだけでも悲惨です(==:)

そもそも自分がこの通りにして、上手く切り抜けるイメージがさっぱり湧いてきませんからね(笑)。やはり「いかに戦いに持ち込まないようにするか」が重要な気がします。

熊撃退スプレー カプサイシンで撃退
価格:9998円(税込、送料無料)

 

 

噛まれてしまった後にすべきこと

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

昨日も書きましたがカンボジアでは狂犬病の恐れがありますから、傷口がたいしたこと無くても放っておいては駄目ですよ!

昨日も書きましたが、狂犬病は発症すればほぼ100%死に至る病気です。念には念を入れて、しっかり対処しましょう。

・傷口を石鹸水でよく洗い、消毒液やエタノールで消毒する。

・病院へ行き、必要に応じワクチン接種を開始する。

※ 事前に狂犬病予防接種の有無、また接種した時期により必要な処置回数が変わるため、予防接種を行った時期と噛まれた地域と日時を言えるようにしておくこと。

ちなみにカンボジアで日本語が通じる病院は以下のページを参照ください。

【関連記事】日本語が通じる医療機関

 

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク