IMG_0165

やっぱり怖い、カンボジアの火災現場。

ai06



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

先日、モニボン通りを歩いていた時のこと。

IMG_0162

救急車や消防車が何台も通り抜けていきます。

これは火事場が近いなと思っていたら…

IMG_0165

やっぱり火事で、既に消火活動が始まっていました。

待ち合わせまでちょっと時間があったので、しばらく野次馬として見学させてもらいましたが…

感想としては「やっぱり火事は恐いな!」ということ。

といいますのも、複数の消防車が出動しているにも関わらず、実質活躍しているのは2台だけ。

IMG_0168

しかもアームの着いた消防車はやたら水量が安定しないし、ショボショボと放たれる水はまったく火元に届いていません!

そんな中、火元の近くでガラスを破り、端から見ても唯一?大活躍しているお兄さん。その隣のお兄さんも良いサポートをしており、この現場の命運は彼等にかかっているといっても過言ではありません。

頑張れ!お兄さんズ!!

僕の応援にも思わず力が入ります。

ちなみに今回の火事の現場は大きな通りに面した場所なので、どちらかといえば消火活動のしやすい場所だと思います。

そんな現場でもあまり訳に立っていない放水車。もう後ろで待機する消防車に道を譲って、ホースの供給を2本に出来ないものでしょうか!?

IMG_0173

素人目にも非効率な消火活動に、思わず現場を指揮したくなりますよ。

しかもこの消防車、日本と違ってカンボジアでは有料です。

値段は交渉次第ですが1台2〜300ドルはかかるそうなので、それで訳に立っていない消防車を見ると…、なんだかよけいに切なくなるんです。

しかも少し前までは支払いが前金だったそうで「お金が用意できずに火が広がる」なんて悲惨な状況もあったそうです。火事が起こってまずすることが「ATMに走る!」なんて、もうギャグですよね!

今は改善されて後払いに対応してくれるそうですが、自分でお金の用意できない人は後で知り合いにお金を借り回るなど、火事の後も割と大変みたいです。

 

お金のことはさておき、以前「カンボジア、火災の恐怖と注意点」の記事でも書きましたが、カンボジアには消防車の入れないような細い路地に立てられた住居や、「カンボジアの消火技術で対応できるの?」と思うような高層ビルも多く立ちはじめています。

僕もいずれは夜景の綺麗な高層マンションに住みたいという憧れはありますが、火事のことを考えると、ちょっと悩みどころです。

 

とにかく色んな意味で怖い、カンボジアの火災。

カンボジアで住むには気をつけなくてはいけないですね。

ちなみに今回見た火災現場、2〜3時間後にもう一度その前を通ると…

IMG_0179

無事に消火活動も終わり、いつもと変わらない平穏な風景になっていました。

見た目から推測して、どうやらボヤでおさまったようです。

きっと最前線で活躍していたあのお兄さん達が頑張ってくれたんでしょう。なんせ大事に至らならなくて良かったです。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク