b41519ae7d585468a5b8a95521c87be3_s

カジノでのちょっと怖い話:防犯の注意喚起

ai06



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

東南アジア諸国では、色んな物が割と似通ってきます。

例えばビジネスでも。ある国で流行ったものは、遅かれ早かれ近隣諸国でも見られるようになることが多いです。

そして残念ながら…、犯罪の手口も同様です(==)

 

そこで去年の年末に報道された、マカオで実際に起こった犯罪を見てみましょう。

カジノで勝った女性を狙った連続強盗犯を逮捕、不法滞在の中国人=マカオ
マカオ新聞 2014年12月4日(木)8時40分配信

news2015-05-14

マカオ司法警察局は12月2日、今年(2014年)11月に相次いで発生した連続強盗事件について、中国・内モンゴル自治区出身、27歳の無職の男、張(チャン)容疑者を逮捕したことを明らかにした。張容疑者はオーバーステイの不法滞在者だったという。

被害者は中国本土出身の女性2人で、それぞれ11月13日、19日にマカオ半島皇朝地区にあるカジノのゲームで勝った後、ひとりでカジノ付近を歩いていた際に持っていたバッグを奪われた。被害総額は70万香港ドル(日本円換算:約1080万円)。

警察がカジノの防犯カメラの映像などを分析したところ、カジノ内で不審な行動をしている男がいたことがわかったという。12月2日午前10時頃、マカオ司法警察局の捜査員が皇朝地区にあるカジノで張容疑者を逮捕、所持品の中から質札1枚が見つかった。警察の取り調べに対し、カジノ内で単独行動している女性客に狙いを絞り、カジノゲームに勝った女性を尾行して犯行の機会を伺っていたことを認め、盗んだ金品は全て使い果たしたと供述しているという。警察では余罪の追求を行っているとのこと。

マカオでは、11月14日にもひとり歩きの女性を狙った強盗事件が発生しており、被疑者は同じく不法滞在の中国本土出身者だった。マカオでは、今年(2014年)上半期の不法滞在者が3.7万人に達しており、大きな社会問題となっている。

出典:YAHOO! JAPAN ニュース

 

この記事で注目すべきは、最後の文節ですよね。

同じような事件が同時期に、しかも別の不法滞在の中国人によっても行われており、さらには不法滞在者が増えている、とまで書かれているんですよ。

これってつまり「組織的、計画的な犯罪だ」って言ってるのも同じですよね!

これを「偶然起きた、2件の不幸な事故」と考えるのは、あまりに楽観的すぎます(^^:)

 

そして冒頭の言葉を思い出してください。

東南アジアのどこかの国で流行ったものは、遅かれ早かれ近隣諸国でも見られるようものが多い。

つまり、カンボジアでも人ごとじゃありません。

 

マカオの事件が仮に犯罪組織によるものなら、1国だけで終わるはずがありません。だって「犯罪」とはいえ、彼らにとってはそれは「ビジネス」なんですから。

ある国で上手く行ったビジネスモデル(=犯罪)は、(迷惑なことに)必ず次の「横展開」を考えます。そうでなくとも、模倣する者が追随する可能性は極めて高いです(==:)

 

ということで…、とあるカンボジア人に恐る恐る聞いてみました。

「カンボジアでもこういう事件ってあるの?」

答えは、残念ながら「YES」でした(TT)

b41519ae7d585468a5b8a95521c87be3_s

カンボジアでもカジノで勝った人を狙う「組織的な犯罪グループ」がいて、なんと彼らは監視役・尾行役・実行役などの役割分担をして犯行のチャンスを伺っているそうです!

しかも「組織的な犯罪グループ」の犯行となると、実行犯は銃を持っている可能性も否定できません(というか、可能性高いです)!!

【関連記事】日本人女性が銃で撃たれてケガ:安全対策をおさらいしましょう

da5023cb936f0ae40d409669f912bf27_s

これは、カジノで勝ったらひとりでは歩けませんね(^^:)

 

プノンペンのカジノと言えば、ナガ・ワールドですが、ナガの敷地内はセキュリティもしっかりしているし、狙われるとすればスリや置き引きくらいでしょう。

ただ、敷地を一歩外に出たら油断出来ませんよ!

仮にタクシーで家に直帰しても、降り際に狙われることだってありますから。

僕の知り合いの軍で働くカンボジア人は、飲むと必ず車で家まで送ってくれるのですが、その時は僕が門の鍵を閉めるまでは絶対に帰りません。

彼いわく「家に入ぎわが危ない」というのです(~~:)

僕としてはせっかく送ってくれてるし、せめてお見送りぐらいしようとしても…、彼は絶対にさせてくれません(^^:)

 

今日ご紹介している「組織的犯罪グループ」のお話は、あくまで聞いた話だし、噂レベルのお話です。

ただ、可能性があるなら、注意するに越したことはないですよね!

 

こういう犯罪に巻き込まれない為には、とにかく「むやみにお金を見せつけない」ことが重要です。カジノに限らず、僕は夜にはなるべくATMにも行かないようにしていますからね(^^:)

もしカジノで狙われそうなくらい勝ったなら、家には帰らずそのままホテルに泊まるか、尾行に気をつけるくらいの配慮は必要ではないでしょうか。

そして不運にも巻き込まれたなら、毎度言ってることですが、抵抗はせず素直にお金を払いましょう(^^:)

彼らは躊躇無く引き金を引きますからね!

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク