IMG_1034-2

傷の治し方の新常識!湿潤治療を試してみた

ai06



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

昨日もお伝えしましたが、僕んちの水問題が解決し昨日タイルを張り終えました(^^)

嬉しくて「お祝いに」と飲み過ぎて、久しぶりに寝坊しちゃってブログの更新が送れました。最近お酒が弱くなったのか、すぐに酔っぱらっちゃうんですよね。

気をつけないと(^^:)

 

そういえばもうひとつ「気をつけなきゃ」と思っていることがありして、実は最近、ケガが多いんですよ(==:)

たいしたケガではないんですが、気楽に病院に行けないカンボジアで化膿とかしたら嫌だし、破傷風なんかも怖いですからね!

 

1週間ほど前に転んでケガしたとき「ケガの治し方」についてネットで調べてみると、僕が子供の頃教えられた方法と随分変わっていることに驚きました!

【参考記事】正しいケガ(傷)の治し方~消毒をしないうるおい湿潤治療(ラップ療法)~

最大の特徴は「消毒をしない」ことと「傷口を乾かさない(=かさぶたを作らない)」こと!

その方が傷が早く治るんですって!

口の中の口内炎や傷って、口の中は常に潤っているから早く治りますよね。湿潤療法で傷が早く治るのは、これと同じ理屈らしいです♪

 

この方法をご紹介する理由は、傷が早く治るのはもちろん、使う道具がカンボジアで手に入りやすいものばかりってこと!

テープとラップ(僕の場合はティッシュとワセリンを使用)さえあれば、傷の手当てができるから、在住の方はもちろん、旅行者の方にとっても「いざという時」の為に知っておいて損はないです♪

詳しい方法は上のリンクからご覧頂くとして、試してみた結果だけご報告しときます(^^)

 

傷口など、ちょっと写真が汚くなるのでボカシを入れていますが、クリックするとボカシの無い写真が見れますので、興味のある方はクリックしてご覧下さいね(^^:)

 

まずはこちらがケガをした2日後の写真です。

IMG_1024-2

患部が白っぽくて、一見「膿んでいるのかな!?」と思いましたが、これが湿潤治療の正しい状態みたいです。

この後、周囲の赤い部分が徐々にピンクになり、その面積が広がっていきながら治っていくようです(^^)

 

ちなみに僕はラップは使わず、ティッシュにワセリンをたっぷり含ませてテープでとめていました。ワセリンならカンボジアでも売ってますから安心です(^^)

IMG_1034-2

ティッシュにドロドロした黄色がかった液体がついているし、見た目はどう見ても膿みっぽいですよね(^^:)

ただ膿んでいる場合は炎症を起こして腫れたり、痛みや発熱を伴うようなのでそこで判断してください。ちなみに膿んでないので臭いもありませんでした。

 

ちなみに更に汚い写真になりますが、これがティッシュのアップです(^^:)

IMG_1035-2

今でこそ「膿んでない」と断言出来ますが、正直写真を撮ってる時は「ホントに膿んでないのかな!?」と半信半疑でした(^^:)

 

結局6日ほどこの湿潤治療を続けましたが、途中で飽きて放置しちゃったので、今はかさぶたを作ってしまっていますw

DSC_0312-2

治りが早かったかどうかは比較してないのでわかりませんが、かさぶたが出来てからの方が突っ張ったりして痛い時があるので、確かに湿潤治療はオススメできそうです☆

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク