be057b93859863d75fd76b62f8312b89_s

カンボジアで逮捕されたらヤバい! 〜 麻薬に関する法律 〜

ai06



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

 

ランキングサイトへ参加しております!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

前回の記事の続きです。

カンボジアで逮捕されたらヤバい! ~ 刑務所に行ってきた教訓 ~

 

先日もお話した通り、カンボジアの刑務所には絶対入りたく無い(==)

そこで旅行者の方でも「うっかり&出来心」で捕まってしまわないように、麻薬に関するカンボジアの法律を、抜粋してご紹介します。

IMG_7715

 ● 麻薬についての法律

 

東南アジア(カンボジアも含む)では、何らかの良く無い薬を売ろうと、昼間っから堂々と声をかけてくる人がいます(^^:)

泊まるホテルによっては「これ絶対あっち系の臭いじゃない!?」とわかる煙を、モクモクさせておられる方もいます(~~:)

 

これだけオープンにされると「カンボジアってドラッグに関する規制が甘いの?」と思われるかもしれませんが…

 

とんでもありません!

むしろ法律的には日本より厳しいですよ!!

 

以下、カンボジアの薬物規制法から抜粋して翻訳いたします。

 

故意にこの法律のすべてのランクに属するドラッグの所持、保存、要求、供与、配達、及び重大な危険をもたらすドラッグの売買、仲介、陳列、販売、購入、運搬、競り、使用に関する法律に違反した者は、誰であっても2年から5年の禁固に処する。

禁固に加え、上記の違反者には400万リエルから1,000万リエルの罰金を処することができる。

出典:Law on the control of drugs

 

カンボジアでの2~5年の刑務所暮らしは、日本人にとってかなり過酷!

加えて、400万~1,000万リエル(1,000~2,500ドル)もとられちゃう可能性もあります。

 

ちなみに引用部分 冒頭の「故意に」という部分を受けて「知らなかった」で通そうとする人が多いようですが…、ほとんど通用しませんよ(^^:)

だってそれって、ドラッグで捕まった人のいい訳 No.1のセリフですから。

年に3回「身内の不幸」でバイト休むくらい、まったく信用されません(笑)。

 

更にうっかりや出来心の範疇を超えて、悪質だと見なされると20~30年の禁固または終身刑に加え、4,000万~1億リエル(1,000万~2500万ドル)の罰金を併科されます。

こうなると、完全に人生詰みますね(TT)

 

前回の記事の教訓からいえば、ドラッグ利用者と一緒にいるだけで同罪です(==)

自分はしていないからと、危険な遊びの場所に付合うのもやめましょうね。

be057b93859863d75fd76b62f8312b89_s

ドラッグは法律で禁止されているから駄目、というより、人生を破滅させてしまうものだから駄目なんですよね。

法律は、それをさせない為の抑止力でしかありませんので、合法ドラッグや脱法ドラッグなら大丈夫という訳ではありません。

 

僕の知人でも、ドラッグで人生を大きく狂わせた方がいます。

気をつけて下さいね(^^:)

 

【関連記事】

カンボジアで逮捕されたらヤバい! 〜 刑務所に行ってきた教訓 〜

カンボジアの獄中からのSOS 〜人権侵害?健康被害!?〜

 



スポンサーリンク