g08

注意喚起:プノンペンでひったくり急増中!

ai06



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

 

ランキングサイトへ参加しております!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

先日、イオンで働いている友達から「イオンの前の道でひったくりが流行っている」と聞きました。

 

気になって調べてみると、イオンの前だけでなくプノンペンの全域でひったくりが急増しているようです(~~)

 

とある情報筋から具体的な件数を聞きましたが、酔っぱらってて、数を控えるの忘れました(笑)。

役立たずですいませんm(_ _)m

 

でも「そんなに!?」という印象だけは残っています(^^:)

日本でも一時ひったくりが横行していましたが、今はずいぶん改善していますね(^^)

 

日本のひったくり件数の推移

g08

出典:警視庁 ひったくり被害にあわないために

 

全国でもひったくりが多い大阪では連日のようにひったくり対策のCMが流れていたし、それが功を奏したんだと思います。

ということで、まずは日本の警視庁が発信する「ひったくり被害にあわない為に」から引用・抜粋します。

 

●犯行手段 

バイクや自転車で、後方から追い越しざまにひったくる手口が典型的です。また、徒歩で後方からひったくる手口もあるので、注意してください。

出典:警視庁 ひったくり被害にあわないために

 

これはカンボジアでも同じ傾向ですので、特に後方に注意して下さい。

特に銀行やATMを利用した後などは、注意が必要です。

 

トゥクトゥク乗車時も、バイクより遅いのでターゲットになります。

自分がバイクを運転する場合でも、自分より早いスポーツタイプなどのバイクのターゲットになります。

 

●被害者の性別

被害者の約9割が女性です。女性が抵抗する力の弱いこと、また財布などの貴重品を全てバッグに入れる傾向にあることも女性の被害が多い一因と考えられます。

出典:警視庁 ひったくり被害にあわないために

 

カンボジアでは、男性の被害も多数聞かれます。

金目なものを持っていそうな人(日本人)は全てターゲットですので、男性・女性問わず、貴重品はわけて持つなどの工夫が必要です。

 

●被害時の状態(被害品の所持形態)

徒歩で被害にあった方の約6割が車道側、つまり犯人のバイクや自転車が通る側にバッグを所持していました。自転車乗車中に被害にあった方の約9割が前かごから被害品をひったくられています。そのほとんどが、ひったくり防止カバー・ネットなどを装着していませんでした。

出典:警視庁 ひったくり被害にあわないために

 

カンボジアでは歩道であっても、バイクが乗り上げてきます。

歩きながらスマホをいじるのは絶対にやめましょう。

不用意に多額の現金や、パスポートを持ち歩くのも控えましょう。

 

●被害者の心情

被害後、ほとんどの方が「自分が被害にあうとは考えたことがなかった」と話しています。「自分も被害にあうかもしれない」と考えることが、被害を防止するための第一歩となります。

出典:警視庁 ひったくり被害にあわないために

 

自分が被害に会うとは考えていなかった=意識し、警戒する習慣が無かったと言い換えることが出来ると思います。

意識し、警戒する習慣をつければ、被害にあうリスクは確実に減ります。

 

今、カンボジアでひったくりが急増しているのは事実です。

 

その犯人が、あなたのすぐ傍にいるかもしれません(> <)

上記の内容の詳細は警視庁HPよりご覧下さい(※ 現在、該当ページは削除されています)。

日本でかなり成果を上げている啓蒙活動の内容ですから、カンボジアでも十分に効果が期待できると思います(^^)

 

ぜひ、習慣に取り入れて下さい。

 



スポンサーリンク