cf72e1746674073abc2c5202cd11dc6f_s

エイズ大国カンボジア!?予防の基礎知識を知ろう!

ai06



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) げん 改め けん でございます☆

 

ランキングサイトへ参加しております!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

 

予防するのかい!? しないのかい??

どっちな~んだいっ!

 

テーマがなかなか重いので、冒頭で「なかやまきんにくん」の力を借りてみました(笑)。 げん 改め けん でございます。

 

本当は、もっとカンボジアに来たくなるような明るく楽しい話をしたいんだけど、ブログのテーマが「地味だけど大事なこと」なだけに、ちょっと胃もたれするような、重い話題が続いております(TT)

僕としても、早くこの辺の情報を書ききってもっと楽しい話題をしたいので、ボケ無しで駆け足でまいります!

 

hanadi

カンボジアのエイズは、幸いかなり減ってきてます。

一時は3%位といわれていたのが、現在は1%代です。 その影には国の隔離政策など、なかなか悲しい物語もあるんですが…、とにかく随分減ってます(^^:)

 

ただし。

カンボジアで市場調査をしている僕にとって、こっちの統計がどこまで信用していいか微妙です(笑)。 減っているのは確かだと思うけど、自衛するに越したことはありません。

 

しかも!

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2012年のレポートによると、セックスワーカーの HIV 感染率は、一般の13.5倍! 注射による薬物使用社の HIV 感染率は、一般の22倍! どっちもやる人は、すごい確率ですね(^^:)

cf72e1746674073abc2c5202cd11dc6f_s

自分は注射しなくても、相手がやってる可能性はありますから。 なんせ、ご注意下さい。

 

ということで、一般的な予防の基礎知識を上げておきますね(^^)

 

エイズで気をつけるべきポイント

感染源となる可能性が高いもの:

 血液・精液・生殖器からの分泌液

※ 唾液からの感染は確率的にかなり低い

ウイルスの主な侵入経路:

 傷口・粘膜・肌荒れ など。

 

つまりコンドーム着用はもちろん、傷口などがある場合は、バンドエイドなどで保護すること。 口内炎や歯肉炎のある方は、オーラルセックスも危険です(^^:)

そしてもし粘膜や傷口に精液などが触れた場合は、早めに水で洗い流してください(強くこすらない)。

 

カンボジアにせっかく旅行やビジネスで来たのに、不注意でエイズになったら残念過ぎますからね! 少しでも心当たりのある生活を送られる方は、事前に予備知識を持って、安全にカンボジア・ライフをお過ごし下さい(^^:)

 

僕が見た中で、以下のサイトが比較的わかりやすく解説してくれています♪

 

 

hivmap_l

HIVマップ
HIV/エイズの総合情報サイト。ゲイ・バイセクシュアル男性をはじめ、全ての人にすぐに役立つ予防・検査・相談・支援の窓口や基礎知識など。

 

よろしければ、参考にして下さい(^^)

 



スポンサーリンク