mushi_sasare

カンボジアの身近な恐怖:蚊への対策の基礎知識

ai06



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) げん 改め けん でございます☆

 

ランキングサイトへ参加しております!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

 

みなさんは下の画像をご覧になったことがありますか?

Infographic: The World’s Deadliest Animals  | Statista

You will find more statistics at Statista

 

 

一時期、話題になっていたのでご存知の方も多いでしょうが、世界で最も多く人間の命を奪う生き物が蚊なのです。 世界で年間 725,000人もの人が、蚊が原因で亡くなっています。

 

実は虫コナーズの CM に出ている人たちは、この事実を知り、使命感から出演を決められたそうです(大嘘)。

 

外務省のHPでは、カンボジアでかかり易い病気・ケガとして以下の5つを上げています。

 1.急性胃腸炎

 2.デング熱

 3.寄生虫

 4.マラリア

 5.その他感染症

この内の2つ、デング熱とマラリアは蚊に刺されることで感染する病気です。

mushi_sasare

ちなみにマラリアの蚊は、水の奇麗なところにしか生息しない為、幸か不幸か、プノンペン・シェムリアップ市内では、ほとんど心配ないそうです(^^:) 水のきれいな地域に行かれる方は、抗マラリア薬など検討されてもいいですね。

 

ただしデング熱は、カンボジア全域で注意が必要です。

デング熱は高熱で大変!ってだけではありません(^^:) 1度目の感染から回復後、2度目以降に感染すると重傷型のデング熱になる危険があり、死亡することもある恐ろしい病気(> <)

 

しかもデング熱には特別な治療法も予防のワクチンも無く、とにかく蚊に刺されないようにする事が大事なんです。 デング熱を媒介するネッタイシマ蚊は、日中に活動する蚊なので長袖や長ズボンなどで、皮膚の露出を極力控えるのも大事です。

 

ちょっと古い記事ですが、日本経済新聞のWeb刊に面白い記事を見つけました♪

蚊に刺されない方法は 13通りを試してみたら

 

蚊に刺されない方法を探るため、身体を張った実験がとても面白しろい! よければ是非、記事を読んでみて下さい(^^)

新聞記者さんにも、いろんな仕事があるんですね(^^:)

 

簡単に記事をまとめると…

できるだけ白い服を着て(黒い服は蚊を引き寄せる)、虫除けスプレーを使う! 虫除けスプレーが嫌なら、アロマスプレーでもいいが、持続力弱いのでこまめに使うこと!

 

ということのようです(^^)

よろしければ参考にして下さいね♪

 

【関連記事】

カンボジアの身近な恐怖:家での蚊対策編

 



スポンサーリンク