eye-160901

プノンペンでも1ドルショップ発見!各種・均一ショップを使いこなそう

ctg02



スポンサーリンク


最近カンボジアではまだ珍しい「1ドル均一ショップ」を見つけてテンションが上がったのでご紹介します。

その他にもカンボジアには日系企業が展開する1.9ドル均一ショップや、近年急速に数を伸ばした2500リエル(約0.6ドル)均一ショップもありますので、それらの特徴とそれぞれのオススメポイントもまとめてみました。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

今日の記事は げん 改め けん の嫁、もりこがお届けします。

 

カンボジアでも急速に増える均一ショップとそれぞれの特徴

日本では100円均一ショップが広く浸透し、どんどん進化していますが、カンボジアにも均一ショップはたくさんあります。

日本でもお馴染みのダイソーやMI-A(セリア)の商品は、こちらでは1.9ドルにはなりますが、日本で買うのと同じ物が手に入ります。

そして街の至る所で見かけるのが「2500リエル(約0.6ドル)均一ショップ」で、ここ数年で急速に店舗数が増えた、今カンボジアで一番浸透している均一ショップです。

この2つで既にかなり充実していると思っていたのですが、最近新たに今までカンボジアにはなかった?「1ドル均一ショップ」を発見しました。

今回はそれぞれの均一ショップの特徴を比較して、各ショップのオススメポイントをまとめてみました。

 

2500リエル(約0.6ドル)均一ショップ

IMG_8514

多くのカンボジア人に支持され、カンボジアで広く浸透しているのが、2500リエル(約0.6ドル)均一ショップです。

街の至る所で「2500」と書かれた大きな看板を見かけると思いますが、それが2500リエル均一ショップです(他にも看板に「1000」や「2000」と書かれている場合もありますが、内容は基本的に変わりません)。

【関連記事】カンボジアで家の小物を安くそろえる節約術

どこのお店も同じような看板を掲げ、似たような商品を扱ってはいますが、お店によって品揃えも微妙に変わってきます。

生活用品や工具などはほとんどの店舗で取り扱っていますが、店舗によっては服飾や調味料などの食品まで置いているお店もあります。

例えば私が2500リエルショップで購入したのは、iPhoneの充電器、防虫剤、グルーガン、生理用品、ハンガーなどなど。

ね、わりと使えるでしょ!?

クオリティは値段なりなので長く使い続ける物には不向きかもしれませんが、ちょっと探し物があるときは一度覗いてみる価値はあります。

 

日系企業のダイソーとMI-A(1.9ドル均一)

言わずと知れた頼りになる安心の日本企業が、日本で扱う商品をカンボジアでも1.9ドル均一で販売してくれています。

日本で買うより割高にはなりますが、日本と全く同じものが手に入るのは本当にありがたい存在です。

先日プノンペンのイオンに行った時、私が購入したのは、キッチンの壁に貼る「壁用シート」と、排水口のゴミをキャッチしてくれる「毛通れま栓」という商品、冷房対策に「腹巻」です。

FullSizeRender (10)

こういうカユいところに手が届くような気の利いたものや、ある程度のクオリティが求められるものは、やっぱり日本の100均ですね!

個人的にはキッチン用品などは、特にダイソーやMI-A(セリア)で買うことが多いです。

 

プノンペンにもあった1ドル均一ショップ

上記でご紹介した2つで既に十分満足していたのですが、最近カンボジアではまだ珍しい1ドル均一ショップを見つけました!

IMG_1829

お店の名前は「BANG KOK SHOP」といい、今回見つけた場所は先日旦那さんが紹介していたソバンナショッピングセンター内にあります。

【関連記事】プノンペン南部在住者に便利!SOVANNA SHOPPING CENTER

お店の雰囲気はちょっと古くさいというか、何とも素朴な懐かし感じですが、店内には便利な物が一杯!

IMG_1831

最近の日本の100均はどんどん進化していて、色や柄も華やかでデザインも洗練されていますが、一昔前は日本の100均も内容重視で、オシャレなものはほどんどありませんでした。

こちらのお店はまさにそんな感じ!

お世辞にもオシャレと呼べない雰囲気ですが、使えそうな物はたくさんあり、店内を見ているだけで何だか宝探しのような気分です。

ちなみに私がこのお店で購入したのは、テーブルナイフ、シリコンラップ、布団を干した時に花粉やチリを落とすためのホウキ。

IMG_5538

どれもオシャレさより実用的なものばかりですね。

ちなみにカンボジアではスプーンやフォークは安く売っているのに、なぜかテーブルナイフは割と割高で売られているんです。

2500リエル(約0.6ドル)均一ショップにフォークとスプーンは売っているのですが、なぜかテーブルナイフはありません。

もちろんダイソーやMI-A(セリア)にはテーブルナイフは売っていますが、やはり安く買えるに越したことはないと、今回こちらで購入しました。

 

各均一ショップを上手く使いこなそう!

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

このように均一ショップのバリエーションが増えることは、在住者としては嬉しい限りですよね。

各ショップに売っている物・売っていない物を把握すれば、無駄無くお値打ちにお買い物ができますので、まずは一通り見て回るのも面白いですよ。

例えばハンガーならどの均一ショップでも売っていますが、安く買いたいなら2500リエルショップ、機能性を重視したいならその他と、ニーズによって使い分けることができます。

皆さんも各均一ショップをうまく使い分けて、カンボジア生活をより便利にしてくださいね。

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク