eye-1605yobi

劇的!汚い扇風機のビフォーアフター

ctg02



スポンサーリンク


暑いカンボジアで大活躍してくれる扇風機ですが、カンボジアでは砂埃も多いので、すぐに汚れてしまいます。

掃除も面倒だし、どうにかならないものかと考えた結果…、最近、劇的ビフォーアフターを果たしました。

せっかくなので他の扇風機の近況も含め、ご報告いたします。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

格安で買った扇風機のその後

おおよそ2年前に購入したベトナム生まれの扇風機、SANKYOくん。

彼のことは以前ブログでもご紹介しましたが、市場で9.5ドルで購入した格安品です。

【関連記事】電気代が高いカンボジアでは扇風機が大活躍!

スイッチを押してもしばらくは動かないという多少の不具合はあるものの、今も現役で頑張ってくれています。

IMG_0854

なぜ写真が後ろ向きかというと、決して扇風機がシャイなわけではなく、僕の部屋で「換気扇」として活躍してくれているからです(^^:)

そういえば、以前この方法もブログでご紹介しましたね。

【関連記事】扇風機の活用法:基本技×2・応用技×2・奥義×2+α

 

劇的ビフォーアフター!

もちろん普段は通常の扇風機として活躍してもらっているんですが、部屋でタバコを吸うときなど、こうして背中を向けて頑張ってもらっています。

そのせいもあって、ちょっと目を離すとこんな感じ!

IMG_0855

ビックリするほど汚れてますよね(^^:)

「どれだけ放っておいたんだ?」と思われそうですが、この状況になるまでに約1ヶ月ほど放置しただけなんですよ。

ホコリがこれだけ着いているのは、もちろんタバコを吸っているからというのもありますが、そもそもカンボジアでは砂埃が多く、タバコを吸っていない他の部屋で使っている扇風機もちょっと油断するとすぐにホコリが溜まっています。

それに加えてタバコを吸う(しかもその時に換気扇として使っている)環境で頑張ってくれているSANKYOくんは、まぁ汚れても仕方がないですよね(^^:)

ただ扇風機の掃除って、割と面倒ですよね!?

カバーを外して水洗いして…、なんてやっていたら、暑いカンボジアではすぐに汗だく!

どうにかならないものかと考えた結果…

IMG_0856

劇的ビフォーアフター!

思い切ってカバーを取っ払ってやりました(笑)。

これで汚れても雑巾などで拭き取るだけで済みますので、かなり掃除が楽になりました。これからは今までよりこまめに掃除してあげられそうです♪

ただこの方法、当然小さなお子さんやペットを飼っているお家では危ないのでオススメできません。

ウチは子供もペットもいないのですが、たまに風であおられたカーテンにあたり、ガガガガっ!と凄い音を立ててますので、それにも注意を払わねばなりません(^^:)

ただし掃除がかなり楽になることは確かなので、上記が気にならない方にはぜひオススメです(くれぐれもケガには注意してくださいね!)。

 

ちなみにその他の扇風機の近況

IMG_0857

先ほどの格安扇風機のSANKYOくんに比べ、割としっかりしたお値段(65ドル)で買ったSAKURAちゃん。

こちらは購入してまだ1年くらいしか経っていないのに、最近ご機嫌斜めです。

動いても凄い騒音を出すわ、しばらくしたら止まるわで、ちょっと使い物になりません。見た目はいいのに、ちょっと残念な感じですね。

たしか中国製だったと思うので、やはりそんなもんなんでしょうか?

まぁ一日中つけっ放しで活躍してもらっていたので、無理が祟ったのかもしれません。カンボジアではゾウが(働き過ぎもあり)熱中症で死んでしまうくらい暑いですからね。

観光客乗せたゾウ、「熱中症」で死ぬ カンボジア

【4月27日 AFP】カンボジアで40度の猛暑のなか、観光客を背中に乗せて運んでいたゾウが倒れて死ぬ出来事があり、運営する観光業者は26日、気温が高い期間はゾウの労働時間を短縮すると約束した。

出典:APF BB NEWS

 

時間があればモーターを分解して油でもさしてみようと思っているのですが、中々時間が取れずに放置しています。

無事、元気になってくれたらいいんですけどね(^^:)



スポンサーリンク