eye-160510

意外!カンボジアで売られている殺虫剤のJUMBOって、日本の会社だったの!?

ctg09



スポンサーリンク


カンボジアで僕もよくお世話になっている殺虫剤のJUMBO。先日ふとパッケージを見ると、いつの間にか見慣れたロゴ追加されているじゃないですか!?

その下にはしっかりカンボジアと日本の国旗も添えられており、気になって調べてみると、ちょっとビックリしました。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

見慣れた商品に(見慣れているけど)見慣れないあのロゴが!

カンボジアで僕がよくお世話になっている殺虫剤のJUMBO

IMG_0895

いつでも虫と戦えるように、家には常時、2〜3本はストックしてあるくらいです。

先日買い物に行った時、売り場で何気なくJUMBOを見ていると…

IMG_0894

なんと「フマキラー」のロゴに加え、下にはカンボジア?と日本の国旗が添えられているじゃないですか!?

「前からこんなロゴ付いていたっけ?」とよく見てみると、商品棚にはしっかりとロゴの付いていない商品(下写真の右側)も!

IMG_0870

きっと「最近になって業務提携や買収でもしたのかな?」と思ってたら…

ロゴの有り無し両方の商品に「Under License by Fumakilla Asia Sdn.Bhd」と書かれているじゃないですか!

念の為に家に帰ってストックしてある(ロゴの付いていない)商品の裏面を見ても、全て同じように記載されていました。

IMG_0896

ちなみにFumakilla Asia Sdn.Bhdというのはフマキラーが海外に7ヵ所持つ子会社のひとつ。カンボジアで販売されているJUMBOはそこがライセンスを所有し、カンボジア企業が配給元となり、僕らの手元まで届いているようです。

僕が知らなかっただけで、フマキラーは「VAPE(ベープ)」というブランド名で世界70か国に商品を販売している世界的な企業らしいですよ!

 

画像検索で知名度予測調査!

カンボジアでは殺虫剤のJUMBO自体はどこでも目にしますし、知名度もかなり高いと思います。ただフマキラーという企業名は、どこまで知名度があるのでしょうか?(少なくとも僕は聞いたことがありませんでした)

カンボジアとその周辺国での知名度を推測するため、Googleで「fumakilla」+「国名」で画像検索してみました。

以下では画像検索の結果から知名度の高そうな順にご紹介します。

 

インドネシア :Indonesia

fm-indonesia

知名度予測:100%

「VAPE」のブランド名だけでなく、日本では見慣れないゾウの可愛いキャラクターが多く表示され、フマキラーがインドネシアでイメージ戦略に成功している様子がよくわかりますね!

さすがフマキラーの重要拠点と言われているインドネシア、貫禄の結果です。

 

マレーシア:Malaysia

fm-malaysia

知名度予測:100%

社名の「Fumakilla」や「VAPE」というブランド名に加え、カンボジアでも見慣れた「JUMBO」のブランド名や、謎のマッチのようなものまで見受けられ、多角的な製品戦略の様子が伺えます。

フマキラーでは海外向け商品の研究開発拠点を2014年からマレーシアに移転しているそうなので、当然といえば当然の結果かもしれませんね。

 

ベトナム:Vietnam

fm-viet

知名度予測:95%

※ここからは多少関係の無さそうな画像が混じりますので(右中央)、そういった画像は黒くフィルターをかけています。

意外にもカンボジアのお隣ベトナムでも、フマキラーの知名度は高そうです。

商品の写真に加えイベントやTVCMの画像が上がってきていることから、フマキラーがベトナムで力を入れて拡販をしている様子が伺えますね!

 

ミャンマー:Myanmer

fm-myan

知名度予測:40%

ここからぐっと純粋な関連画像が減ってきます。

一応商品の写真もありますが、現地情報を発信するサイトからの記事や、そのサイトからの関係の無い画像が多く、まだまだ販促に力を入れていない状況が伝わります。

 

タイ:Thailand

fm-thai

知名度予測:35%

タイもミャンマーと似たような状況ですが、検索結果に日本の商品やサイトが目立つのが特徴的です。

タイは日本からも近く、日本企業の駐在員さんも多く住んでいることなどが影響しているのでしょうか?ちなみに日本の商品写真のほとんどが楽天の海外発送向けのものです。

 

カンボジア:Cambodia

fm-cambodia

知名度予測:5%

ご覧の通りカンボジアでの「Fumakilla」の知名度予測は壊滅的で、ほとんどがタイと同じく、楽天の海外発送向けの日本の商品で埋め尽くされています。

それだけ日本の商品を求めている在住者が多いということなんでしょうかね(^^:)?

 

カンボジアで殺虫剤を買うならJUMBO!

僕は偶然ですが今までもJUMBOを愛用していましたが、これが日本企業であるフマキラーさんの商品とわかれば、これからもJUMBO一択で応援して行こうと思います。

 

カンボジアでは日本企業じゃない外国企業が、日本品質を連想させたいのか「商品に日本語を書いて売り出す」という商法をよく見かけます。

明らかに「日本人が関わっていないだろう!」と突っ込みたくなるような『日本語が間違っている商品』もよく見かけますが、先日は日本語ではなく『英語が間違っている?商品』という変わりダネも見かけました(笑)。

yufu

日本語で「豆腐・チップス」と書かれているのに、なぜか英語は「yufu chips」w

 

そんなエセ日本風を語る商品が多い中、純粋な日本企業であるフマキラーさんが「日本のブランド力を使わず、カンボジアでシェアを順調に伸ばしている!」って、なんか格好いいですよね!

この姿勢、現地に根ざした活動をしていないとできないことです。

これからは満を持して日本企業としてのロゴや国旗を商品にかかげられるわけですが、これを機に「Fumakilla」のブランドが、カンボジアで高く認知されることを期待してしまいます。

 

ただフマキラーって名前を改めて英語でみると、中々恐ろしい企業名ですね(笑)。

社名の由来は「fly(蠅)」と「mosquito(蚊)」の頭文字の「フ」と「モ」に「Killer(殺し屋)」をつなげて、あとは語感を整えて「フマキラー」となったそうですよ。

なにはともあれ、カンボジアで殺虫剤を買うなら「JUMBO」ないし「Fumakilla」ですよ!



スポンサーリンク