iti10

時期や時間で変わるカンボジアのローカル市場の風景

ctg02



スポンサーリンク


カンボジアは今、一年で一番暑い時期(3月~5月)ですが、今現在暑さのピークに達しています。

毎日超暑い~です。

私は、ここ数日家事もまともにできないほどダメージを受けていて、いつもなら気にも止めない些細な事でも、すごくイライラしてしまいます。この暑さ、夫婦に亀裂を入れかねません。ハンパないです。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

今日はげん 改め けん の嫁、もりこ(仮免許)がお届けします。

 

大型連休は市場はお休み!

明日からクメール正月の三が日ということもあり、市場だけでなくプノンペンのほとんどのお店はお休みになり、人もまばらでとても静かです。

カンボジアには、お正月が3回あって、1/1のインターナショナルニューイヤー、2月の中華正月、そして今回がカンボジアで一番大切なクメール正月です。

IMG_0113

カンボジア人にとってクメール正月はとても大事な行事で、「プノンペンに出稼ぎで地方からきた人たちが一斉に地元に帰る」→「外国人も休まざるを得ない」→「長期休暇になるので外国人も自分の国に帰る人も多い」→「プノンペンから人がいなくなる」という構図なのだそうです。

私にとっては初めてのクメール正月で勝手がわからないことも多いのですが、前回中華正月の時に市場などがお休みになって(外周のお店は開いていましたが、ちょっと高かった)買い物などに困ったので、今回は買いだめをしたり少し準備をしました。

 

朝の市場の様子

市場に行き初めの頃は、夕方に買い物に行っていたのですが、最近は朝一で買い物に行くようにしています。

朝の市場は、食品売り場と飲食店が多くのカンボジア人でにぎわっています。朝の食品売り場と、飲食店では外国人を見かけたことはほぼありません。

iti05

肉、魚、野菜など、やはり朝一が品揃えもよく、新鮮なようです。

iti10

私がよく行く八百屋さんでも、朝一に行かないと「もやし」と「きのこ」は手に入りません。たぶん「もやし」も「きのこ」も足が速いので、仕入れ量が少ないのだと思います。

他の野菜も夕方に行くと、しなびていたり、割れや欠けがあったり、極端に大きかったり小さかったりするものしか残っていない場合もあります。

飲食店も、朝食をとるカンボジア人でいっぱいです。

iti06

朝の服屋さんは、仕入れてきた服を大量に持ち込み、掃除をして準備をしています。

iti03

観光客相手のお土産屋さんは、朝一から準備万端で開店しています。

iti14

朝はお客さんはほとんど見かけませんのでゆっくり買い物ができますし「朝のお客さんを逃がすと縁起が悪い」という考えが浸透しているので、値段交渉もしやすくおすすめです。

 

昼間の市場の様子

昼間の市場は、地元のカンボジア人と観光客の外国人が入り混じり、またにぎやかです。

iti01

ただ夕方4時を過ぎると5時の閉店を控え、肉、魚、野菜屋さんの集まる場所は閑散としていきます。

iti08

 

夕方(5時以降)の市場の様子

5時を過ぎると市場の中は入れなくなりますが、今度は市場の外周に昼間はなかった露店や食品を売るお店が出てきて、仕事帰りのカンボジア人でにぎわいます。

iti02

プノンペンではちょうど車の渋滞の時間と重なることもあり、市場周辺の道路が立ち往生しているなんてこともよくあるので、実はちょっと迷惑です(笑)。

特に周囲に屋台が出る市場では、夕食を食べにくるカンボジア人が集まり、より一層活気にあふれます。

まぁ閑散としているよりは、多少渋滞や混雑があるくらいの方が良いのかもしれませんね(^^:)

 

このように市場は、一日を通してずっと賑わっており、ぶらっと見ているだけでも色々楽しいですよ。

ぜひカンボジアにお越しの際は、市場も覗いてみてくださいね。

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク