IMG_2010

カンボジアで家に出る虫:食品に湧く虫たち

ai02



スポンサーリンク


みなさん こんにちは。カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

昨日の奥さんの記事は別として、今週は僕の中で「バグズ・ウィーク(虫週間)」と位置づけていおります。ということで今日は日本ではひな祭りですが…

かまわず今日も、僕がカンボジアで戦っている虫たちに関する記事を書かせていただきますので、虫が苦手な方は本文中の写真にご注意ください(^^:)

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

お米に湧く虫(コクゾウムシ・マダラメイガ)

日本でもお米を保存していると虫が湧くことをご存知の方も多いと思います。

日本でもお馴染みのこのお米に湧く虫、カンボジアでも例に漏れず「コクゾウムシ」が湧いてきました(^^:)

IMG_2010
※ こちらか写真をクリックすると拡大します(ただしピンぼけ)

コクゾウムシの他にもお米に湧く虫として「マダラメイガ」が日本でもよく知られていますが、この虫も日本だけでなく世界各国に生息している虫なので(僕はまだみ確認ですが)カンボジアでもきっと湧いてくると思います。

といいますか、どちらの虫も暖かい環境を好む(20度以上を好み25度くらいが一番活性する)ので、常夏のカンボジアでは日本にいる時より注意が必要です!

お米に虫が湧いてしまったら!?

どちらの虫も気付かず食べてしまっても害は無いようですが、お米の味が落ちてしまいますし、そのまま食べるのは気持ちが悪いですよね(^^:)

かといって捨てるのは勿体ないので、そんな時は風通しの良い明るい場所で陰干し(直射日光は避ける)をしてください。しばらくすると虫たちが逃げていきますよ☆

 

食品などに湧く虫(シンバムシ)

こちらの虫も日本にもいる虫なのでご存知の方も多いと思いますが、カンボジアでも例に漏れず発見してしまいました(^^:)

IMG_2007
※ こちらか写真をクリックすると拡大します

上の写真はうちの小麦粉に繁殖していたシンバムシを茶こしで餞別した物です。

シバンムシはとにかく何でも食べちゃう雑食性の生き物ですので、どこに潜んでいてもおかしくない厄介なヤツです。貯蔵穀物やパン、ビスケットなどの菓子類も食べますし、小麦粉、米粉、トウモロコシ粉などの粉類、はたまたうどんやスパゲティなどの乾燥麺類も食べれば、唐辛子、コショウなどの香辛料まで食べちゃいます!

またシバンムシの一種である「タバコシバンムシ」は、上記に加えワラなども食べるので、カンボジアでもよく使われるゴザなどが発生源となることもあります。

シバンムシも暖かい環境を好みますので、常夏のカンボジアでは常に注意が必要ですね!

シバンムシを発見したら!?

ゴザなどの食品以外に発生した場合は殺虫剤やバルサンなどで駆除できますが、食品に繁殖している場合(殺虫剤を使うわけにもいかないので)基本的には捨てるのがベターです。

シバンムシ自体はうっかり食べてしまっても問題無いので、気持ちが悪い以外に大きな害はありません。ただシバンムシの幼虫には「アリガタバチ」という小型の蜂が寄生していることがあり、こちらが羽化するとちょっと厄介です(^^:)

 

シバンムシに寄生する蜂(アリガタバチ)

名前に反してまったく「有り難く」無い蜂、アリガタバチのメスは人を刺す毒針を持っており(オスは持たない)、刺されると軽度ではあるものの、痛みやかゆみ、腫れを引き起こします。

名前の由来は「有り難い」から来ているわけもなく…

arigata
写真:千葉市:アリガタバチの生態

見た目がアリのようであることから由来します。

蜂といっても見た目は本当にアリのようですが、これ毒針を持つ立派な蜂の一種です。うちの奥さんも少し前に足を腫らしていたので、おそらくこれにやられたんだと思います(^^:)

オスには毒針が無い変わりに?羽が生えていることもあるそうなのですが(羽の無いオスもいる)、どちらにしてもアリガタバチの被害を避けるには、寄生される宿主となるシバンムシを発生させないことが大事です。

アリガタバチを駆除するには!?

アリガタバチは殺虫剤で撃退できますが、シバンムシ対策をしっかりすれば、おのずといなくなります。

 

食品に虫を湧かさない予防法は!?

今日ご紹介した虫たちは共通して暖かい場所を好む生き物なので、常夏のカンボジアでは常に警戒が必要です。

言い換えればどの虫も寒さに弱く、15度以下の環境では繁殖ができなかったり成長を停めてしまったりするようです。ということで我が家では、お米や粉ものなどの食品はできるだけ冷蔵庫で保管するようにしています。

あわせて密閉された容器などに入れておけば、仮に虫が発生しても取り除くことが容易なので、被害を最小限にとどめることができますよ。

これらの対処方法は、今日ご紹介していない食品に湧くダニなどにも共通して有効なので、是非実践されることをオススメします。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク