IMG_1880

カンボジアの中華正月の過ごし方

ai02



スポンサーリンク


みなさん あけましておめでとうございます(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

IMG_1993

今日は中華正月(チャイニーズニューイヤー)ということで、僕にとって今年2回目の新年です。

更にカンボジアでは4月に「クメール正月」というカンボジアのお正月があるので、お正月は年に3回、つまり今日がお正月の折り返し地点ですw

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

日本に住んでおられる方にとっては「中華正月」といってもあまり馴染みが無いかもしれませんが、中国はもちろん、台湾や韓国、ベトナム、香港、シンガポールなど、アジアの中国に馴染みの深い国ではこの時期にお正月を祝っている国は以外と多いんですよ。

中華系やベトナム系の家系も多いカンボジアでは、クメール正月という独自のお正月もありますし、この中華正月は国の正式な祝日ではないものの、街は完全にお正月ムード。

IMG_1880

学校や会社もお休みのところが多く、市場や飲食店の多くも閉まってしまいます。

 

中華正月の中国といえば、街に爆竹が鳴り響くなどかなり賑やかにお祝いをするイメージがありますが、先ほども触れた通りカンボジアでは中華正月は正式な祝日ではないこともあり、そこまで賑やかなお祭りムードになるわけではありません。

 

何人かのカンボジア人に「中華正月の過ごし方は?」と聞いみましたが、その過ごし方にはかなりバラツキがります。

中華系の家系では年末に大掃除をして、お正月には家族が集まり、子供はお年玉をもらい、みんなでゲームやお酒を飲んで過ごすなど、日本のお正月と似たような雰囲気で過ごすようですね。

残念ながら僕は中華正月を祝う集いに参加をしたことはありませんが、飲み方はかなり激しいようなので(僕の知り合いは二日酔いならぬ四日酔いをしたそうです)、お誘いを受けた方は覚悟して参加した方が良いかもしれません(^^:)

 

逆に中華系の家系で無ければ特にお正月っぽい過ごし方をするわけでは無いそうですし、先ほど書いたような中華系のお正月に呼ばれない限り、僕にとっても普段の休みと特に変わりのない1日で「お店や取引先が休みのことが多い、ちょっと不便な日」くらいの感じです(^^:)

とはいえ街を歩けばお正月の飾り付けやお供え物が並んでいたりと、お正月ならではの光景を目にするので楽しい気分にはなるんですけどね♪

 

ちょっと変わった風景としては、この時期に街を歩くと家やお店の前でたき火をしているのをよく目にしますが…

これ、燃やしているのはお金なんですよ!

DSC_0015

もちろんお金といっても上の写真のように市場などで売っている「お祝い用の偽札」で、お金以外にも金(ゴールド)や、最近ではクレジットカードや航空券なんかも「燃やす用の偽物」が売られています。

これらを燃やすことで先祖にお金が届いて、家内安全や商売繁盛につながるという意味があるそうです。

 

こうした他文化に触れるのも海外に住んでいる醍醐味なので、今日は予定が無くても街をブラ歩きしてみるのも面白いかもしれませんね(^^)

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク