100-500x374

歩くススメ:1時間でどこでも行けるプノンペン

ai02



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

 

ランキングサイトへ参加しております!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

最近、過ごしやすい気候の続くプノンペン♪

歩くと気持ちいいですよ(^^)

 

ちなみにプノンペンは毎年エリアが拡大していってるけれど、日本人が普通に生活するエリアはけして広くありません♪

モニボン通り、南のSt.488から北はワットプノンまで歩いても…

IMG_8101

せいぜい5キロくらいしかありません(^^)

 

歩く速度の平均が4km/h、ちょっと早めに歩くと5km/h と言われているので、僕なら1時間もあれば十分に着く距離です(^^)

住んでいる場所にもよるけど、1時間もあれば大抵どこでも行けますよ♪

 

ということで。

僕は時間に余裕がある時、昼間はなるべく歩くようにしています(^^)

 

家の近くの顔見知りのトゥクトゥクドライバー達も、一応声はかけてくれるものの「また歩くの?」みたいな苦笑いで見送ってくれます(笑)。

特にプノンペンに着いてまだ土地勘の無い時は、ひたすら昼間に歩きました!

 

夜はトゥクトゥクとかに乗る事が多いんだけど、こっちのドライバーさんは道を知らない人がほとんど!

自分が道を知らず道案内出来ないと、無駄に迷いますからね(^^:)

 

迷うだけならいいんですが「本当にこの道で合ってる!? 僕、どこかに売られないかな??」と、暗い道を走っていると、ドナドナ歌いたい気持ちになりますから(笑)。

 

歩いて土地勘を養ってからは、夜道に走ってても不安を感じる事は減りましたよ♪

 

さらに、歩くと色んな発見があります(^^)

新しい店や知らない場所の発見くらいなら車でも出来るかもしれないけど、そこにどんな人がいて、どんな事をしているかなどは、車でさーっと通り過ぎちゃうと、気付かない事が多いですからね♪

 

先日も、カンボジアでは何気ない生活のワンシーンなんですが…

IMG_7877

奇麗だったので写真を撮ってみました♪

マメを干しているだけの、何でも無い写真なんですけどね(^^:)

 

あとは当たり前ですが、歩くと健康的に痩せれます!

カンボジアに来て、実は太る人多いんですよね(^^:)

 

理由はたぶん、大量の糖分と油。

コーヒーも、気をつけないとびっくりするくらい甘いのが出て来ます(^^:)

 

僕の近所の中華屋さんも、味は美味しいんだけど…

IMG_8102

恐ろしい事に、油で肉が浸かってる(笑)。

 

きっと暑い国なんで、糖分と油は多めにしてるんでしょうね(~~)

こんな環境ですが僕は歩いているおかげもあって、日本にいるときよりかなり痩せましたよ☆

他にも歩く上での注意事項など、もっと話したい事はあるんですが、それは明日に持ち越します m(_ _)m

 

そして、ここからは私事です(^^:)

 

本日10月11日!

そのまさにこの時間(日本時間の12時)!

 

行橋~別府 100キロウォークがスタートしました!!

100-500x374
写真:大分県信用組合

 

これに僕のお義父さんが出ているんですよね(^^)

ちなみに、100キロウォークのコースがこちら♪

corse

出典:行橋〜別府100キロウォーク オフィシャルサイト

 

地図で見るとちっちゃく感じますが、100キロといえば、おおよそ…

東京からなら、富士山くらいまで!

大阪からなら、ひこにゃんのいる彦根まで!

 

とにかく!

その道のりを、26時間以内に歩く大会なんです(^^:)

 

僕がお義父さんに結婚のご挨拶に行った時、予備知識として100キロウォークに毎年参加されているという事を知っていたので…

そのお誘いだけは「絶対断ろう」と心に決めて行きました(笑)。

 

そんな距離、歩ける人いるの?と思ってたら、第15回(2013年)大会、参加 4180名で完歩3030名(完歩率72.5%)らしい。

お義父さんも、毎年かなりのタイムで完歩しています。

 

レベル高過ぎて、絶対ついて行けません(TT)

 

しんどいというより、足が痛いらしいです。

痛みと、眠気(と、僕なら夜の山道が怖い)戦い。

やはり、昭和の男は根性が違いますね(^^)

 

僕も昭和の男の端くれ(ファミコンピコピコ世代)なので、負けないように、カンボジアで頑張ります!

 

そして、僕のお義父さんだけでなく…

これから26時間。

4000人以上の人たちが、自分の限界を超えて、挑戦しています。

 

そう思うと、僕も今日1日をいつもより頑張れそうです(^^)

 

ということで、後半はすっかり私事でしたが、プノンペンを歩く上での注意事項などを明日も続いて書きますね(^^)

 



スポンサーリンク