IMG_8426

リエルの上手な使い方(リエルで財布が ”ぱつんぱつん” にならない為に)

cat01



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) げん 改め けん でございます☆

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

外国の通貨って使い慣れるまでややこしいですよね。

今日はカンボジアの通貨、リエルの簡単な計算方法をご紹介いたします。

 

カンボジアでの通貨事情

カンボジアでのお金は、ほとんど米ドルを使います。

IMG_8427

一応カンボジアの通貨は「リエル」だけど、一般的なお店はもちろん、市場やトゥクトゥクでだって米ドルでOK!

例外として日本大使館では「リエル」の支払いしか受け付けてくれないけど、それ以外ではよほど田舎に行かない限り、米ドルが使えない場所は無いです。

 

じゃあカンボジアの独自通貨である「リエル」はいつ使うの?

IMG_8426

『今でしょ!』と言っても読み続けて下さいね(^^:)

 

リエルはアメリカでいう「セント」(小銭)感覚。

補助通貨みたいに使うことが多いんです。つまり、3.8ドルの買い物をして4ドル払った時、さぁ出た、お釣りの0.2ドル!

ここが「リエル」の出番なのです!!(大げさw)

リエルはほとんどの店で「1ドル=4,000リエル」で計算されてます(お店によって〜4,200リエルの場合もあります)。

 

ということではこの場合のお釣りは「0.2ドル × 4,000リエル」で、800リエル。

これを「ドル」+「リエル」で払おうとして…、急に3.8ドルって言われても、ぱっと計算なんて出来ない。とりあえず4ドルで払おうなんて、ドルばかりでお会計してるそこの貴方!

あっという間に財布がリエルだらけ!

ちょっとした「リエル持ち」になってるはずです(笑)。

特に100リエル(=約2.5円)札が財布一杯になってると、なんだか切ない気持ちになりますよね。

デートのお会計、男の財布が1円や5円玉だらけだったら引きませんか? 引かない女性に僕は惹かれますが、僕なら引きます(^^:)

仮にリエルだとしても「財布が膨らんでる方が快感だ」って人以外は、上手に計算してスマートにリエルで払いましょう♪

 

小数点以下のドルをリエルに換算する方法

※ 以下、かなり乱暴&簡単な計算方法です。

 お会計が3.8ドルの場合、3ドルで払う以外の端数のお金は0.8ドル

まず「0.~」とかは無視して、とりあえず端数の「8」に「4」をかけてみて下さい。

8 × 4 = 32!

あとはそれっぽく「0」をいくつか足して、3,200リエル!

 

ここまでついて来れていますか(^^:)?

一度理解すれば簡単なので、数字アレルギーの方も頑張って読み進めてみてくださいね!

例えば端数が0.22ドルなら

22 × 4 = 88!

1ドル4,000リエルなのに8,800リエル(=2ドル以上)な訳ないから、じゃあ880リエルだ!ってな具合です。(リエルの最小単位は100リエルなんで、この場合900リエルになります。)

 

1ドル=4,000リエルってことがわかっていれば、0をいくつ付ければいいか、慣れれば迷いません。

ちなみに、たまに1ドル=4,100〜4,200とかで計算するお店もありますので、足りない場合は、もうちょっと追加で払って下さいね。

 

【関連記事】

カンボジアの必須知識!? 米ドルの偽札の見分け方



スポンサーリンク