img_36fb0582e275e03372bbdaf3e89963d454820

カンボジアへの支援のあり方を教えてくれた、教来石小織さん

ai08



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

まずはDIAMOND online様より、記事を引用させてもらいます。

途上国支援で忘れがちな、給食やワクチンよりも大事なこと

日本一の夢を決めるイベント「みんなの夢アワード」、その第5回目となる「夢アワード5」の決勝大会が、今年も2月23日月曜日、日本武道館で開催された。ファイナル・ステージに立ったのは次の7名(敬称略)。

◎三陸の若手漁師の団体「フィッシャーマン・ジャパン」共同代表の阿部勝太
◎まったく新しいスキームの寄付サイト「Olive」を運営する如月音流
◎島根県・海士町での高校教育を成功させ、そのモデルを普及させることで日本全国の過疎地再生に取り組む藤岡慎二
◎世界で唯一の5本指が動く義手を開発するサイボーグ研究者・粕谷昌宏
◎四つ葉のクローバー探しの天才少女・生澤愛子
◎宇宙デブリ清掃という世界初のビジネスに取り組む岡田光信
◎カンボジアの貧しい農村で映画上映会を展開する映画配達人・教来石(きょうらいせき)小織

このなかで、今回のアワードに輝いたのが教来石小織さんである。

img_36fb0582e275e03372bbdaf3e89963d454820

カンボジアの子どもたちに日本のアニメを届ける

img_b9bfa568e5dc800b2acb10b4ff81eae732820

教来石さんの取り組みというのは、非常にシンプルだ。貧しくてテレビもない、映画など観たこともないようなカンボジアの貧しい農村に行き、企業から提供されたスクリーンとプロジェクター、そして現地で借りた発電機で日本のアニメ映画を上映するというもの。

※ 続きは出典元より無料の会員登録をしてご覧下さい。

出典:DIAMOND online

 

個人的には「四つ葉のクローバー探しの天才少女・生澤愛子」ちゃんの名前をみて、「あ!ナイトスクープに出てた女の子だ!!」と、ちょっとテンション上がりましたw

彼女はどうやら四葉のクローバーの声が聞こえるらしく、どんな広い場所でも驚くべきスピードで四葉のクローバーを見つけちゃう天才少女なんですよ♪

 

それはさておき。

やはり注目すべきは「カンボジアの貧しい農村で映画上映会を展開する映画配達人・教来石(きょうらいせき)小織」さんですよね(^^)

彼女の活動は、以前僕のブログでも(移転する前にアメブロで)ご紹介させて頂きました。

 

僕もカンボジアで子供の自立支援に多少関わらせてもらっているんですが、支援の方法を考えるとき、いつも「教育と継続性」に悩まされるんですよね(^^:)

この「教育と継続性」を考えなければ、カンボジアで支援することは割と簡単で、出来ることも沢山あります。

 

例えば井戸なんかは、安い物だと5万円くらいで掘れちゃいますからね。

ただ安い井戸を掘ってもメンテナンスが大変だし、そもそもメンテナンスの方法を1回くらい教えたって管理できなくて、結局井戸を枯らしちゃうケースがほとんどなんです(^^:)

 

じゃあしっかりした(高い)井戸を掘れば解決かというと、そうでもないんです。 ちょっと目を離すと、井戸の周りにバッテリーが捨てられてたりしますからね(^^:)

バッテリーって中に硫酸が入ってるんですよ!

そんな物を井戸の周りに捨てたら、水に硫酸が混じっちゃいます(TT)

 

支援についてよく言われる例えで、「魚をあげるのではなく、魚の取り方を教えてあげなくては行けない」といいますが…

ホントにその通りで「教育」の必要性は重々わかっているんですが…、それって結構大変なんです(^^:)

 

とにかく何かひとつの支援をしようと思うと、その周辺にやらなくちゃいけないことや教えなくちゃいけないことがたくさん出てきて、予想以上に時間やお金がかかっちゃう。

だからやりたいことは色々あっても、そんなに沢山の支援なんかすぐには出来ないんですよ(^^:)

 

そんなこんなで頭を悩ましていた僕にとって、冒頭でご紹介した彼女の支援の方法には本当に関心させられました(^^)

まず彼女の活動は、「教育」への意欲となる「やる気(モチベーション)」を高める支援ですからね!

 

記事でも書かれていますが、カンボジアの地方で子供たちに「将来の夢は?」と聞くと、ほどんどの子供たちが「先生」や「医者」と答えます。

その答えを聞いて、先進国から来た人たちは「途上国の子どもたちの夢は素晴らしい! 人の役に立つ仕事を夢みる子どもたちばかりだ!」と感動しますが、実際はそうではないんです(^^:)

 

子供たちが将来の夢に「先生」や「医者」と答えるのは、それしか見たことが無いからなんですよね。

テレビやインターネットが通ってない地域の子供たちにとって、世の中にはパイロットで大空を飛んだり、アイドルとして誰かを熱狂させたりする仕事があるとは、まさに「夢」にも思ってもいません。

 

もしかして才能を持って生まれてきたかもしれなくても、知らなければ「夢」にもえがけないんです。 夢や目標もなく(もしくはそれほど強くなく)何かを教えられたって、そりゃやる気になんないですよね(^^:)

 

でも彼女の届けた映画を通して何かを知り、何かを目指し始める子供がいるかもしれない。 すぐにはそうならなくても、いつか何かのきっかけで映画のシーンを思い出し、何かを目指し始める時が来るかもしれない。

彼女の活動は、子供たちに「教育」の前の「やる気(モチベーション)」を届けてくれているんですよね(^^)

 

そして継続性について。

彼女は延べ11ヵ所、約1,200人の子供たちに映画を届けていて、ちゃんと継続されています。

でも仮に継続出来なかったとしても、この方法なら一度映画を見た子供には、ちゃんと何かが伝わりますからね!

 

僕がいつも頭を悩ませる「教育と継続性」について、こんなにキレイに答えをだされちゃうとは(^^:)

はじめて彼女の活動を知った時、「こういった支援の形もあるんだな」と、とても関心させられました。

 

そんな彼女が今回賞を取られたと知って、面識は無いんですが、なんだかとても嬉しくて思わず記事にさせて頂きました(^^)

教来石小織さん、受賞おめでとうございます!

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク