DSC_0713

カンボジアのビールを飲み比べてみた(ラガー・ピルスナー編)

ai03



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

日本の居酒屋でもお店によってビールの銘柄が決まりますよね。

サッポロのビアサーバーを置いているお店で、いくらアサヒのスーパードライが飲みたくて注文しても、基本は出てきません。

 

カンボジアでも同じで、各お店にはサーバーを入れるなど提携している銘柄があります。だから生ビール(こっちではドラフト・ビア)を飲む場合、そのお店が提携している銘柄のビールしか出てきません(缶やビンなら銘柄を選べることもあります)。

ビールの銘柄でお店を選びたい人は、見分け方は簡単で、大抵のお店がビールの銘柄が大きく書かれた看板を出しています。

IMG_9908

例えばこのお店なら、上に大きく書かれているように「CAMBODIAビール」が出てくるお店というわけです。念の為に言っておくと、写真が「怪しいお店」っぽく見えるかもしれませんが、これ、普通の焼肉屋さんですからね(^^:)

このような宣伝が入っている看板はビール会社が無料で作ってくれるので、多くのお店がこのタイプの看板を使っています。つまりお店に入る前に看板を見れば、どの銘柄のビールが飲めるか一目瞭然。ビール好きにはありがたいシステムですよね(^^)

 

日本ではアサヒが好きだったので、意識してお店を選ぶこともありましたが、カンボジアに来てからは特にどれといったこだわりを持っていませんでした。

でもせっかくだから、自分が好きなビールくらいは知っておきたいと、先日ようやく飲み比べをしてみました(^^)

DSC_0712

飲み比べたのは上の4銘柄で、いずれもカンボジアでお店の看板によく使われている銘柄です。カンボジアは暑い国なのでどのビールも南国にありがちな「あっさり・サッパリ・スッキリ」系のビールなんですが、飲み比べると確かに各銘柄に特徴があり、意外と面白かったですよ(^^)

せっかくのなので左から順に、各ビールをご紹介しますね。

 


Angkor(アンコール)

原産国:カンボジア
アルコール:5%
市場価格:0.5〜0.6ドル程度
僕的オススメ度:★★★★☆

寸評:バランスが良い、万人受けするビール!

DSC_0713

アンコールワットのロゴが入ったカンボジアの最大手で、たしか一番老舗のビール会社だったと思います。知名度もさることながら味のバランスも秀逸で、寸評にも書きましたが万人受けするビールですね。僕も飲み比べするまで一番多く飲んでいたのがこのビールです。ちなみに同社はバイヨンビールという銘柄も出しています。

 

ANCHOR(アンチョー)

原産国:カンボジア
アルコール:5%
市場価格:0.5〜0.6ドル程度
僕的オススメ度:★★★☆☆

寸評:スッキリ&フルーティな味わい

DSC_0714

碇のマークがオシャレなこのビール。読み方が「アンカー(英語で碇の意味)の間違えじゃない?」と思われるかもしれませんが、カンボジア人は『アンチョー』と呼んでます。色は今回比べた4種の中で一番黄色が深かったのですが、それに反して味はかなりスッキリ&フルーティ。個人的な好みで星3つにさせて頂きましたが、女性はもちろん、男性でも「アンチャーが一番好き!」という声をよく聞きます。

 

CAMBODIA(カンボディア)

原産国:カンボジア
アルコール:5%
市場価格:0.5〜0.6ドル程度
僕的オススメ度:★★★★★

寸評:比較的コク強め

DSC_0715

振興ブランドということもあり、積極的にプロモーションや安売りをしています。その影響で正直ちょっと舐めていたんですが、飲み比べると悪くありませんでした。特にはじめの飲み口は今回の4つの中で一番パンチがありました。とはいえ南国のビールなので喉越しはサッパリ。日本のビールのようなコクを求めては駄目ですが、「比較的」コクは強めで、個人的には一番オススメ!

 

Tiger(タイガー)

原産国:シンガポール
アルコール:5%
市場価格:0.8〜1ドル程度
僕的オススメ度:★★☆☆☆

寸評:かなりスッキリ

DSC_0716

今回比較した中で唯一の外国産。そのせいか価格も他のものより高めです。今回のみ比べた中では一番スッキリした飲み口だったので、それ系が好きな人にはオススメなんですが…、値段が少し高いこともあり僕のオススメ度は星2つ。はい、間違いなく値段に引っ張られた偏見です(笑)。僕の好みではないですが、軽く飲みたい方には良いかもしれませんね。


 

今回の飲み比べでわかったのは、当たり前ですが各社・各銘柄に思ったより味に特徴がありました。ちなみに僕の好きな順でいいますと、星で表した評価の通り「CAMBODIA / Angkor / ANCHOR / Tiger」の順で、面白いことにビールが空く順も、見事にその通りになりました(^^)

DSC_0718

今回飲み比べた以外にもカンボジア産のビールはまだまだあるので、機会があればまた飲み比べてレポートするかもしれません。

 

もちろん、ビールは自分の好みにあった物を飲むのが一番だと思いますので、機会があればご自身で飲み比べてみると面白いと思いますよ(^^)

※ 残念ながら上記の「アジアビール12本 飲み比べセット」にはカンボジアのビールは含まれておりません。カンボジアのビールはカンボジアに来て、是非飲んでくださいね!

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク