eye-160629

フルーツ天国のカンボジアでフレッシュジュースを満喫しよう



スポンサーリンク


カンボジアは一年中暑い国なので、フルーツが豊富です。

もちろんそのまま食べてもおいしいですが、フレッシュジュースが至る所で売っていて、安くておいしいです。

今回は、そんなカンボジアのフレッシュフルーツジュースをご紹介します。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

今日の記事は げん 改め けん の嫁、もりこがお届けします。

 

フルーツ天国カンボジア!

カンボジアは一年中暑い国なので、フルーツが豊富です。

市場に行くと日本でもお馴染みのバナナ、マンゴー、パイナップルなどのフツーツから、日本ではあまり見かけないマンゴスチンやランブータンなど、まさに南国フルーツの宝庫です。

私もフルーツは大好きなのですが、日本にいる時フルーツは決して安いものではないし、包丁で切ったり皮をむいたりと割と手がかかるので、たまにしか食べることはありませんでした。

しかし、カンボジアに来てからフルーツを食べることがとても多くなりました。

というのも、やはり安い!そしておいしい!のです!

また、こちらのブログでも何回も書かせていただいている通り、私の大好きなお菓子がカンボジアではあまりおいしくないというのも、フルーツに心奪われる大きな理由でもあります。

FullSizeRender (4)

市場に行くと、カンボジアでは少し旬が過ぎましたが、日本でも大人気のマンゴーが1ドルくらい。手のひらサイズのパイナップルも二つで1ドル。日本のものと比べるとかなり小振りになりますが、スイカも1〜1.5ドルくらいで1玉買えます。

パッションフルーツやライチ、見たこともないようなフルーツもたくさんありますが、本当にどれを食べてもおいしいものばかり!

まさにフルーツ天国ですので、ウチにもだいたい常に何かのフルーツが常備してあります。

ちなみに今は「ザボン」。でっかいみかんみたいなものなのですが、さっぱりとしておいしいんです♪

IMG_5296

旅行でカンボジアに来ても、なかなか市場でフルーツを買おうとはならないと思いますが、ぜひフルーツを買ってみてください。

ホテルの朝食のカットフルーツで満足していたらもったいないですから、ぜひ市場でお買い物をして、冷蔵庫で冷やして食べましょう!

 

カフェのフレッシュジュース

カンボジアに来られたことがない方は意外かもしれませんが、私の住むプノンペンは日本にあってもオシャレと話題になりそうなカフェがたくさんあります。

今でも次々と新しいカフェがオープンするので、カフェ巡りが一つの楽しみになっています。

FullSizeRender (5)

カンボジアでは、そんなカフェのほとんどで、フレッシュフルーツジュースを飲むことができます。スムージーやシェイクも生のフルーツから作っているので、とてもおいしいです。

お値段も2ドル~4ドルくらいまで。コーヒーの値段とほとんど変わりません。

写真は、フレッシュフルーツスムージー(マンゴー、パッションフルーツ、バナナ)で2.75ドル。量もたっぷり。これだけで結構おなかが膨れます。

IMG_5278

 

屋台やジューススタンドもオススメ

カンボジアは暑いので、街のいたるところにジュースの屋台やスタンドがあります。

観光の途中はもちろん、買い物に行く道すがら、暑いのでついつい寄ってしまいたくなるんですよね。

IMG_5284

当然カフェよりお手頃価格ですので、まだ立ち寄ったことがない方にもおススメです。

お店によってもちろん値段は変わりますが、コーヒーだったら0.5ドル~、フレッシュフルーツジュースでも0.75ドル~あります。

IMG_5287

写真は、左がフレッシュフルーツシェイク(パッションフルーツ、パイナップル、バナナ)1ドル、右がジンジャーライムジュース0.75ドルです。

IMG_5283

シェイクは、生のフルーツをその場で切ってミルクと一緒にミキサーに入れるだけ。

すごくシンプルだけど、何とも贅沢だと思いませんか?

ただお店によっては勝手に甘いコンデンスミルクを入れられてしまう場合もあるので、甘すぎるのが苦手な方は、はじめに「ノーコンデンスミルク!」と伝えておきましょう。

まだ挑戦したことない方は、ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク