IMG_0118

プノンペンの安くて美味しいパン屋さん:MR.BAKERY



スポンサーリンク


日本から桜の便りが届き始めましたね。

カンボジアは年中暑い国なので、いつも何かしらお花が咲いていますが、日本のようにお花見の習慣はありません。日本のお花見の楽しそうな風景を写真で見ると、日本が少し恋しく感じます。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

今日はげん 改め けん の嫁、もりこ(仮免許)がお届けします。

 

カンボジアのパン屋事情

私のお家では朝はパン食と決まっています。

日本に住んでいたころから朝はずっとパン派なので、カンボジアでも安くておいしい街のパン屋さんがあるかどうかというのは、私にとって重要なことでした。

結論から言えば、フランス統治時代の名残かカンボジア人はパンが大好きで、プノンペンにも美味しいパン屋さんがたくさんあります。

プノンペンには日本人がイメージするような近代的な外資系のパン屋さんから、カンボジアローカルのパン屋さん、道端で営業している屋台のサンドイッチ屋さんや、市場でも八百屋さんの端っこにパンが置かれていたり、近所のスーパーでもお店の規模の割にパンは豊富な品揃えがあるくらい。

そういえば先日、カンボジア人の子供10人程に好きな食べ物を聞いたら、全員が「ハンバーガー!」と答えていました。

これはたまたまかもしれないし、同じ場所で聞いたのでたぶん偏りはあるとおもいます。ただ一品のおかずでご飯をたくさん食べるカンボジア人にとって、少しのパンで大きなハンバーグが入っているハンバーガーは、少し贅沢な食べ物なのかもしれませんね。(同じような理由か、カンボジア人はピザも大好きです)

 

プノンペンで普段使いのパン屋を求めて

このようにプノンペンにはたくさんのパン屋さんがあるのですが、外資系のおしゃれなお店は差別化をはかってなのか高品質路線のお店が多く少しお高め。もちろん美味しいお店も多いのですが、毎朝食べるのには少し気が引けます。

ということでローカルのパン屋さんもいくつか試してみたんですが、ローカルのお店のパンは、どうも「甘い」お店が多いんです。

菓子パンが甘いのはいいのですが、食パンもバケットも生地そのものがほのかに甘くて、屋台などで売られているサンドイッチなんかは見た目は総菜パンなのに、パンも具も甘く、はじめはビックリしました。

pan1

ちなみに上の写真のサンドイッチも確かに美味しかったんですが…、見た目に反して甘く、私としてはちょっと残念な感じでした(^^:)

甘いパンが好きな方にはそれでいいのでしょうが、私はどうもパン生地そのものが甘いのが少し苦手です。

 

ついに見つけた!お気に入りのパン屋

ということで「なんとかローカルのお店並みの価格で、パン生地が甘くないお店が無いものだろうか?」と探して出会ったのが…、今日ご紹介する「MR.BAKERY」さんです!

IMG_0118

こちらのお店、店構えは外資系ぽいおしゃれな感じなのですが、価格は菓子パンと惣菜パンはすべて2000リエル(0.5ドル)。

IMG_0119

このように沢山の種類のパンが店頭に並べられています。

食パンも1ドルで、もちろん甘くありません(^^)

IMG_2280

ちなみに写真手前のバケットっぽいものも1,000リエル(0.25ドル)と、お求めやすい価格(ただし見た目からイメージするフランスパン的な物ではなく、うちの旦那さんにはちょっと不評でした)。

それに引き替え菓子パンや総菜パンは、2,000リエルという価格の割にしっかりと作られており、とても美味しいですよ☆

IMG_2252

うちでは基本食パンですが、たまに買って帰っては旦那さんと半分こして食べてます(^^)

IMG_2219

実はこちらのお店を発見したオープン間もない1月頃には、今の店頭販売スタイルではなく、私たちがイメージする日本と同じパン屋さんと同じ感じで、入り口でトレーを入をとり、欲しいパンを載せてレジで支払いをするスタイルでした。

価格もパンによって2000リエル(0.5 ドル)~3000リエル(0.75ドル)と違っていたのですが、いつのころからか均一価格で、店頭のみでの販売になりました。

だから折角作ったお洒落な店内は…

pan6

残念なことに、最近では作業スペースとしてしか使われておりません。

安くなることは嬉しいのですが、この方向転換、このままでは折角見つけた「甘く無い」お気に入りのパン屋さんが潰れてしまいかねませんね(~~:)

お近くの方は是非とも足を運んで、一度こちらのパンを食べてみてください!

 

お店の場所や補足情報

MR.BAKERY
https://www.facebook.com/MrBakery-1541257449531366/

電話:078-221588 / 096-7888156
住所:No.139c,St.163,Sangkat Toul Tom Poung


ちなみに私はいつも食パンを買うのですが、最近朝に行くと食パンがないということが何回か続きました。

昨日も食パンを目当てに買いにいったのですが、いつも店頭にいるカンボジア人の女の子が、私の顔を見るとこちらが何か言う前に申し訳なさそうに「NO~」と言ってきました。

もしかして食パンを朝焼くこともやめちゃったんですかね(^^:)?

その女の子がたどたどしい英語で「1 o’cloke(1時)」と言っていたので、食パン狙いの方は昼以降にいく方が無難かもしれません。私も昨日は(1時ぴったりにはできていない可能性も高いと思い)夕方に再度お店に行ったんですが、その時はちゃんと食パンがありましたよ♪

まだまだオープン間もなくて、これからもお店の姿勢が変わることがあるかもしれませんが、生地が甘くないパンをお安く提供してくれるこちらのお店、食パンはもちろん菓子パンや総菜パンもおいしいので、ぜひ訪れてみてくださいね。

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク