IMG_2025

カンボジアでも手に入る!「あずき」と「もち米」でできること

ai03



スポンサーリンク


こんにちは。げん改めけんの嫁、もりこ(仮免許)でございます。

IMG_2023

カンボジアは、チャイニーズニューイヤーの三ヶ日が昨日で終わりました。

チャイニーズニューイヤーの三ヶ日では市場などがお休みになり、主婦としてはなかなか不便な3日間でした(^^:)

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

先日の旦那さんの記事にもありましたが、カンボジアにきて約3か月弱、大好きなおやつ不足にずっと悩まされています。

カンボジアではこちらの生活水準から考えると、私の大好きなチョコレートを筆頭にお菓子やケーキなどのスイーツ全般の値段が高いんですよね〜(^^:)

そしてあまりおいしくない…物が多い(泣)。

外国製お菓子の「あるある」だと思いますが、やたら甘かったり、クッキーはぼそぼそ、実際に食べてもチョコレートなのかキャラメルなのかわからないという不思議な物体にも出会いました(==)

日本製のチョコレートやお菓子はイオンで手に入るのですが、日本で買う約2倍~それ以上の価格で売られていることが多いので、緊縮財政を強いられている我が家にとってはハードル高めです。

 

というわけで、自然と「お菓子を手作りしよう」という気持ちになりました。

私、日本にいる時からお菓子作りが趣味で…なんてわけではありません。

どちらかといえば料理もあまり得意ではないので、今までバレンタインですら手作りなんてしたことの無い私が、お菓子を手作りしようなんて自分でもびっくり!

それほどまでにカンボジアでのお菓子不足は私にとっては深刻なのです。

環境の変化って偉大ですね(^^:)

物に囲まれた日本では考えたこともありませんでした。

 

そんなカンボジでお菓子に使えそうな材料として簡単に手に入ったのが、先日ご紹介した「ドライコーン」と、今日ご紹介する「あずき」です。

image1

ドライコーンと同様、あずきは市場はもちろん、近所のスーパーにも売っていました。せっかくあずきが手に入ったならと、市場でもち米を買いたしておはぎに挑戦!

おはぎといえば大阪のお母さんがたまに作ってくれていましたが、日本にいる時は「自分で作ろう」なんて考えたことすらありませんでしたし、こちらに来てからはじめて作りました。

 

そんな私の心強い味方はクックパッド。

【外部リンク】http://cookpad.com/search/おはぎの作り方

料理が得意とは言えない私でも、調べさえすれば何とかなるんだから、インターネットってホントに便利ですよね☆

 

あとは手順に従って調理すれば…

image2

見事おはぎの完成です!

IMG_2025

見事に手順をすっ飛ばしましたが、興味のある方はクックパッドで調べてみてくださいね。自分で作ると、美味しさもひとしおです☆

 

前回おはぎを作ったときは一緒にお赤飯も作ったんですが、今回はあずきの量が少なかったこともあり、お汁粉を作りました。

IMG_2021

小豆の水分がなくなる前に茹で汁を少し別の鍋に移せばお汁粉が完成。あずきを煮るのは時間がかかるのでお菓子を買うことを考えたら少し手間ですが、自分で作ると満足度はとても高いですよね。

ちなみに中に入っているお餅は、旦那さんのお手製のもの。

IMG_2017 IMG_2019

私がおはぎを作る横で木の棒と木べらを使って、お餅をついてくれていました。うちの旦那さんは本当に器用で、割となんでも自分でやっちゃう人なんですよね♪

 

このようにあずきともち米があれば、おはぎ・お赤飯・ぜんざい・お汁粉・大福など、いろんなバリエーションで楽しめますよ。

IMG_2020

今回は旦那さんがお餅をたくさん作ってくれたので、これにあんこを包めば大福の完成ですからね☆

 

あずきは見た目で簡単に探せると思いますが、もち米を探すはちょっと苦労しました。ちなみにもち米はスーパーなどには売っていないので市場で買うことになりますが、カンボジア人から教えてもらったクメール語「アンコードップナム」を駆使して旦那さんが買ってくれました(^^)

IMG_1809

カンボジアで買ったもち米は、日本の物より細長くて味が変わるか心配しましたが、出来上がればちゃんと日本の味を再現できましたよ!

興味のある方は、ぜひチャレンジしてくださいね。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク