image-0

TripAdvisor プノンペン、コーヒー&紅茶部門第2位「Nuk Café」に行ってみた

ai03



スポンサーリンク


みなさんはじめまして(^^)

げん 改め けん の嫁、もりこ(仮免許)でございます。

カンボジアはプノンペンに移住して日も浅く、まだまだ不慣れなこの国ですが、新鮮な目線でレポートしたいと思います☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

プノンペンは今日も暑いです。

日本でも夏が苦手な私ですが、こちらに来る前の日本はかなり涼しくなっていて、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ではないですが、東南アジアの暑さをなめていました。

ただ今のカンボジアは乾季、とても過ごしやすい時期なのだそうです。

私の正直な感想は…、「まじか!!!!(こんなに暑いのに!?)」

カンボジアにきて2日目の晩、恥ずかしながら「暑すぎて泣く」という人生初体験をしました(※ 横で旦那さんは爆笑していました)。

 

とはいえようやく暑さに少しは慣れてきた最近、『はじめてのおつかい』ならぬ『はじめての一人歩き』をしてきました。

移住して2日目、近所のスーパーに行った帰り道で迷子になってから、一人歩きはそのスーパーまでしかできていませんでしたので、気分はちょっとした冒険です(^^:)

言い訳ですが、私、方向音痴ではありません。

にも関わらず、東南アジア独特の街並みを見慣れないせいか、プノンペンどこに行っても町並みが全部同じに見えるんです!

日本でも都会に住む人が「田舎の道は覚えにくい」といい、逆に田舎に住む人は「都会の道は覚えにくい!」といいますよね。

あれと同じ感覚で、人は見慣れない風景では方向感覚まで失うようです(^^:)

 

とはいえ、せっかく外国に住んでいるのだから、家にいたんじゃ勿体ない!

というわけで、大好きなカフェ巡りをすることにしました。意外にもプノンペンには、日本でも「おしゃれ!」と話題になりそうなカフェが本当に至る所にあるんですよ♪

 

はじめて一人で向かったのは、セントラルマーケット東南、ノロドム通りの近くにある小さなカフェ「Nuk Café」です。

image-0

ここはTripAdvisor プノンペンの「コーヒー&紅茶」部門第2位のお店。

入口は日本の純喫茶を思わせるような、小さな喫茶店風でした。

中に入ると確かにこじんまりとしたお店ではあるものの、外から見るよりは意外と広くて、シンプルだけど現代的なおしゃれ空間です。

image-6

オーダーはカウンターで。

image-3

店内は外国人とカンボジア人が半々くらいでしたので、外国人のお客さんにも慣れているようで、カンボジア人スタッフさんがメニューを差し出してくれました。(もしかして私のオロオロ感が伝わっていたのかもしれません)

英語が苦手な私でも指さしで注文ができて、とっても楽ちん。

美味しそうなケーキに後ろ髪を引かれながら…

image-2

お財布とお肉と相談して、コーヒーを注文することにしました。

 

ちなみにカンボジアで売られているコーヒーは日本で飲むコーヒーと違って甘く、そこに砂糖とミルク、場合によってはコンデンスミルクまでたっぷり入れるのがカンボジア流。

だから日本でもお馴染みのコーヒーが飲みたいときには「Americano」と言って注文しなければなりません。

また「Americano」と注文すると勝手に砂糖などが入っていることもあるので、ブラックで飲みたい場合は「whith no Milk and no Suger」というのも忘れずに。ね?ちゃんと予習して来たから「はじめてのおつかい」にしては上出来でしょ!?

 

ちなみに「Americano」はレギュラーサイズで2.1ドル、ラージサイズで3ドルでした。

image-4

ちゃんと言えたので、大満足で席でコーヒーを待ちます。

出てきた「Aamericano」は、ちゃんとブラックコーヒーでしたよ☆

image-1

私、無類のコーヒー好きですが、酸味とか苦みのバランスとか味はよくわかりませんが、とてもおいしいコーヒーでした♪

頼まなくてもお水を出してくれたのも、何気に気が利いていますよね☆

 

ショーウインドーには、サンドイッチやカップケーキもありましたが、一番ひかれたのが、地元の高校生くらいの女子グループが注文していた「アイスクリーム」です。

image-7

カウンターの手前入り口近くに、何やらコーヒーメーカーのような、でもコーヒーを入れるときには使用していない器械が3台も並んでいるのが、お店に入った時から気になっていました。

どうやらその謎の器械はアイスクリームメーカーのようで、注文が入ってからアイスクリームを作っていました。

大き目のコーヒーカップにこんもりと盛られたアイスクリームは本当においしそう!女子高校生グループは全員これを目当てに来ていたようでした。

次回は絶対アイスクリームを注文しようと心に決めて「はじめてのおつかい」は無事終了です。

 

Nuk Café

電話:010 513 556
営業時間:7時00分~21時00分

 

プノンペンには歩いているだけで、入ってみたいと思うおしゃれなカフェがたくさんあります。また素敵なカフェに出会ったときにはご紹介させていただこうと思います。

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク