DSC_0511

時短&炊飯器不要で失敗知らず!カンボジアのお米の炊き方

ai03



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

 

「ご飯は炊飯器で炊くもの」と思っている方も多いでしょうが、土鍋や普通の鍋でも炊けます。

しかもカンボジアで多く流通しているインディカ米(長粒米・タイ米)なら、炊飯器なんて無くたって、簡単に美味しく炊けますよ☆

今回ご紹介するご飯の炊き方は、一人分の少量を炊きたい時にオススメの方法なんですが、この炊き方の良いところは3つ。

 

・少量なら炊飯器で炊くより早い!

・好きな量だけ炊ける!

炊きあがりは好みの固さで失敗無し!

 

何とも好い事ずくめでしょ(^^)

ということで、今日は僕が教えてもらった「鍋を利用したインディカ米の簡単な炊き方」をご紹介しますね(^^)

 

1.お米は研がない!?

日本のジャポニカ米と違い、インディカ米はお米を研ぐ必要は無いそうです。

そうは聞いても「研いだ方が美味しくなりそう」と思ったんですが、結論からいうとやっぱり必要ありません。それどころか日本のお米と同じ感覚で研いじゃうと、お米が割れて逆に味が落ちちゃいます(^^:)

DSC_0501

お米は研がず、お水でさっと流す程度でOKです。

 

2.水の量は関係無い!?

炊飯器などでお米を炊く場合は水の量がとても重要になりますが、今回ご紹介する方法ならまったく関係ありません。

鍋にたっぷりお水を入れて、とりあえず沸騰させましょう(^^)

お湯が沸騰したら、食べたい分量だけお米を投入します。

DSC_0505

不要なお湯は後で捨てるので、とにかくたっぷりのお湯の中にお米をぶっ込みましょう。

 

3.炊くというより茹でる!?

たっぷりのお湯の中にお米をいれたら、そのまま茹でていきます。茹で時間はお米の分量によりますが、おおよそ10分未満ではないでしょうか(頃合いの見極め方は後ほどご紹介します)。

途中、お米が引っ付かないようにたまにかき混ぜます。

DSC_0506

日本式の炊き方なら「途中でフタを開けるなんて以ての外」ですが、この方法ならそれも関係ありません。

 

4.食べて頃合いを見計らう!?

茹ではじめて7分くらいしたら途中でお米をすくい上げ、ぱくっと一粒食べてみてください(^^)

DSC_0507

後で蒸す時間もあるので、少しだけ芯が残った状態(パスタでいうアルデンテ)でOKです。ただ僕は柔らかめのご飯が好きなので、芯がほぼ無くなるタイミングを頃合いとしています。この辺はお好みでご判断下さい。

とにかく食べて判断するので、失敗はありません(^^)

 

5.まさかの工程、湯切り(笑)!

お米が好みの茹で具合になったら、鍋をシンクで傾け、不要なお湯を捨てます。なんだかUFOなどのインスタント焼きそばを作ってる気分ですね(笑)。

不要なお湯はある程度残っていても大丈夫です。あとは鍋をコンロに戻し、捨てきれなかった不要な水分を飛ばします。

DSC_0508

不要な水分を飛ばす時に出る泡が消え、パチパチ音がし始めたら火を消します。

 

6.あとは蒸らせば出来上がり!

火を消したら鍋にフタをし、そのまま10分程度蒸らします。

DSC_0509

コレは日本でも馴染みの工程ですよね(^^)

 


 

出来上がったらさっそく「いただきます!」

DSC_0511

昨日のお昼は、前日に作った残りもの「牛スジと大根の煮付け」とお味噌汁。自炊をすると手軽に日本の味が楽しめるので、カンボジア生活がより一層快適になりました(^^)

 

ちなみに時間のある時は、日本式の方法でご飯を炊くと更に美味しく炊き上げることが出来ます。少量の場合は今日の方法でも良いのですが、それなりの量を多く炊く時は、日本式の方が良い気もします(^^:)

ということで、明日は日本式の炊き方もご紹介しますので、興味のある方は明日もご覧下さいね☆

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク