chicken-vindaloo

インドカレーのメニュー、基本知識が無ければまずわかる人いない説(後編)

ai03



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

昨日の「インドカレーのメニュー、基本知識が無ければまずわかる人いない説(前編)」の続きです。

setsu01

引き続きメニューの解説と、最後にインドカレーの頼み方の基本をご説明します(^^)

 

昨日も言いましたが、色文字がメニューに載っている引用で、その他は写真も含めて、ネットで調べて補足したものです。

色文字だけでメニューの内容がわかるか、ご自身でこの説を検証してみて下さいね☆

 


CHICKEN CURRY:チキン カレー

Chicken simmered in spicy gravy with blend of aromatic spices.:香り高いスパイスをブレンドしたグレービーで煮込んだチキン。

chicken-curry
写真:United Way of Southern Nevada

【補足】昨日から数えて12品目にして、初めて「カレー」の文字が入りましたが、ここまで来ると逆にインドで「カレー」って何なんだろうって思いますね(笑)。 調べてみるとインドには元々「カレー」という言葉は無く、イギリスがわかり易くする為に作った外来語のようです。 なのでインド料理におけるカレーの定義はわかりませんw


CHICKEN VINDALOO:チキン ビンダール

Fresh boneless chicken pieces, potato, onion, tomatoes, ginger, garlic with spices.:新鮮な骨なしチキン、ポテト、タマネギ、トマト、生姜、ニンニクとスパイス。

chicken-vindaloo
写真:Sutra Indian Asian Fussion

【補足】昨日に引き続き、またも説明が具材だけになってますが、こちらはインドのゴア州のトマトベースのカレーで、酸味と辛みが利いているのが特徴の辛口カレーです。


CHICKEN CHANGEJI:チキン チャンジェジ

Fresh tandoori half chicken, rich gravy with spices.:新鮮なタンドリーチキン半分をたっぷりのスパイスの入ったグレービーで。

chicken-changezi
写真:EAT YOUR WORLD

【補足】北インドからパキスタンで食べられるローストチキンを使ったムガル料理。 トマトベースで赤っぽく仕上げるものから、そこにミルクや溶き卵を入れるものまで、店によって違うようです。中〜辛口。


CHICEN LIPTA:調査中

Fresh chicken, onion, tomato with herbs & Indian spices.:新鮮なチキン、タマネギ、トマトをハーブとインディアンスパイスで。

有効写真検索出来ず

【補足】昨日の記事の「CHICKEN ANGARI」に続いて、2品目のわからないメニューが出てきました(^^:) ネットで検索したら「Chicken Lipta Roll」というのが「Starters-Snacks(前菜・スナック)」の項目に入っていたので、今のところ、これがカレーかどうかすらわかりません(笑)。


CHICKEN ACHARI:チキン アチャーリー

Fresh chicken, onion, tomato with Indian pickle.:新鮮なチキンとタマネギ、トマトとインドのピクルス。

chicken achari
写真:Real Curry Recipes

【補足】「Achar(アチャール)」とはヒンズー語でピクルスを意味し、「Achari(アチャーリー)」はレモン果汁やアチャールで酸味を足した味付けの物をいうそうです。トマトベースの酸味のあるカレーで、中〜辛口。 説明にピクルスの文字が入っているけど、これじゃ日本人なら添え物で出てくると勘違いしそうですね(^^:)


CHICKEN MUGLAI KORMA:チキン ムガリ コルマ

Fresh chicken, cashew nut gravy with white paper.:新鮮チキンとカシューナッツ・グレービーを白コショウを添えて。

chicken mughlai korma
写真:salt.pepper.chili.

【補足】「Mughali(ムガリ)」とはムガル帝国を意味したナッツベースの濃厚なグレービーです。「Korma(コルマ)」とはヒンズー語で「リッチな」という形容詞。 つまりこの組み合わせでは、ナッツがたくさん入ったマイルドなカレーを意味しますが、これに限らず「Korma」と名のつく物はクリームが入っているなど、マイルドな物が多いようです。


CHICKEN TIKKA MASALA:チキン ティッカ マサラ

Fresh tandoori boneless chicken with rich spicy gravy.:新鮮な骨無しタンドリーチキンをたっぷりスパイスのグレービーで。

Chicken-Tikka-Masala
写真:jaali bean

【補足】「tikka(ティッカ)」とはヒンズー語で「一口大」の意味。つまり、一口サイズのチキンを使ったマサラですね。 お店によってはチキンマサラもの鶏も一口大の大きさで出てくるんですが、違いは何か、これまた謎です(笑)。 中〜辛口。


CHICKEN JALFREZI:チキン ジャル フレイジ

Chicken cooked in ginger, garlic, onion, capsicum, tomato & butter with special Indian herbs thick sauce.:生姜とニンニク、タマネギ、トウガラシ、トマトとバター、特別なインドのハーブの濃厚ソースでチキンを煮込みました。

chicken jalfrezi
写真:OLIVER JAMES FOODS

【補足】「jal(ジャル)」とは熱い、「freizi(フレイジ)」は炒めるという意味で、連想する通り辛口のカレー。しかし、またも言葉がわからないと意味が分からない説明ですね(^^:)


SHER-E-PUNJAB SPECIAL CHICKEN

Fresh chicken, onion, tomato capsicum, lemon, saffron, dry fruit with egg & spices.:新鮮なチキン、タマネギ、トマト、トウガラシ、レモン、サフラン、ドライフルーツをタマゴとスパイスで。

オリジナルメニューに付き写真なし

【補足】いつか食べたら、また感想を書きますね。


以上、2日間にわたり「SHER-E-PUNJAB」さんのメニューを元に、インドカレーについて解説させて頂きました。

 

そもそもはじめのテーマ覚えてますか(^^:)?

setsu01

この説は十分に立証できたと思うんですが、いかがでしたか(^^)?

 

まとめていて感じたんですが、日本人にインドカレーの奥深さを理解するのは無理じゃないですかね(^^:)?

インド人の店員さんに聞いても、感覚的には理解してるんだろうけど、言葉で説明するのは難しそうでした。

日本人でも「寄せ鍋」と「水炊き」と「ちゃんこ鍋」の違いを説明するのって難しいですもんね(^^:)

 

インドカレーの頼み方の基本

curry_indian_man

メニューの基本形は「具材 + グレービー名」で表記されていることが多いようです。

グレービーの種類に関しては、ご紹介した解説を元に、いくつか食べてみて、好きな物を探して下さい(^^:)

 

補足として各メニューに辛さの目安を書きましたが、インド料理屋さんでは辛さを選べることが多いと思います。

オーダーの際、メニューにあわせて辛さを指定しましょう(^^)

Very hot (one please).:激辛(でお願いします)

Hot (one please).:辛口(でお願いします)

Medium hot (one please).:中辛(でお願いします)

Mild (one please).:甘口(でお願いします)

 

 

メニューを調べるのはけっこう大変でしたが、おかげでインドカレーについてちょっと詳しくなりました(笑)。

同時にインドカレー屋さんを何軒かまわったので、明日は僕のオススメのインド料理屋さんをご紹介しますね(^^)

 

参考にして下さい。

 



スポンサーリンク