np650_img1

カンボジアでの販促や移動の多い方に、パソコンの新しい形?

ai05



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

次回のクメール正月に日本に一時帰国するにあたり、日本からデスクトップのパソコンを持って来るかどうか、ちょっと迷ってます(^^:)

今はノートパソコンを使っていて、それでも不便は無いのですが…

僕は今後、ますますパソコン作業が増えることが予想されているので、デスクトップを持ってきた方が作業効率は上がるんですよね。

 

普通なら郵送すりゃいいところなんですが、以前EMSでメガネを紛失したことがあるので、どうもパソコンを送る気になれません(^^:)

【参考記事】ついにやられた!カンボジアの郵便事情と荷物の送り方(保険のススメ)

上の記事で書いた通り、EMSなら保障はあるんですが…

新しいパソコンならお金が返ってくれば「解決」だけど、使用済みのパソコンだとそういう訳にはいきません。お金は返ってきてもデータは戻って来ないし、お金の返金手続きでもトラブル例も多々あるようなんですよね(==:)

 

そんなこんなで悩みながらパソコンの持ち込み方法などを調べていたら、ちょっとスゴい商品を見つけてしまいました(^^)

 

どこまで使える? 話題のスティック型Windows PC「m-Stickシリーズ MS-NH1」

np650_img1

マウスコンピューターが2014年12月5日に発売したスティック型PC「m-Stickシリーズ MS-NH1」が飛ぶように売れている。直販サイトでは5日の販売開始直後に売り切れ、8日に販売が再開されたが、たちまち売り切れとなり、11日時点では入荷待ちの状態だ。価格.comの登録ショップをのぞいても、「予約」の店ばかり。Windowsパソコンとしては圧倒的にコンパクトで、いろいろな用途に使えるm-Stickシリーズ MS-NH1。価格.com最安価格は19,800円(2014年12月10日時点)と手ごろな価格も魅力だ。スティック型PCは、どこまで使えるのか試した。

出典:Kakaku.com Magazine

 

記事の続きによると、結果としては2万円程度のWindowsタブレットと変わらない使用感だそうですよ!

手のひらサイズのこの大きさで、しかもこの金額でOSに「Windows 8.1 with Bing 32ビット」が入っていて(つまりオフィスが使える)、microSDスロットも装備しているんだから驚きです!

さらにMicrosoftの「Office Online」を使えば、一部機能制限があるものの(ネット環境さえあれば)無料でワード・エクセル・パワーポイントが、ソフト不要で使えるんだからスゴい時代になったものです(^^:)

 

あとはHDMIで接続出来るモニター(テレビでもOK)と、キーボード&マウスさえあれば、どこでも「自分のパソコン」で仕事ができてしまいますね!

もちろんメインのパソコンにするにはちょっと心もとないスペックだとは思いますが、利用用途を「プレゼンテーションなどに特化させたい人」や、「メールやネットが出来れば十分という人」には、タブレットと並んで魅力的な選択肢になりそうです(^^)

もちろん、僕みたいに海外や国内の色んな場所でパソコンを持ち歩きたい人にも、中々魅力的な選択肢ですよね!

 

さらに4月30日には、エレコムから同じスティック型のパソコン「インテル® Compute Stick(コンピュートスティック)」も新発売されるようですよ!

基本的なスペックはマウスコンピュータの商品と変わりませんが、約3,000円の値段の差は、熱を逃がす「静音ファン」と「USB2.0ポート ×1」がついていること。流石は後発の商品だけに、ちょっとお得感はありますよね(^^)

今のところ予約購入できるのは単体モデルだけですが、5月中旬出荷予定でディスプレイやキーボードとのセットモデルも発売されるみたいですよ♪

 

しかし、手のひらサイズで持ち運べるパソコンだなんて、まさに子供の頃憧れた「スパイ映画」の世界ですね!

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s

こういうのカンボジアの人に見せたら驚くかな(^^)

しかもカンボジアではまだ手に入らない商品だろうし、この低価格帯なら売れるかもしれませんよね!

 

と…

 

カンボジアとあまり関係無いこの記事に、最後に無理矢理「カンボジア感」を出して紹介してみました(笑)。

ただ実際カンボジアで使うには、画面も付いてるタブレットの方が利用範囲は大きいと思いますし、パソコンをキーボードでしっかり使いたいのなら重さをあきらめてノートパソコンを持ってきた方が便利だとも思います(^^:)

 

唯一現実的に「使えるかも」と思うのは、お店などでテレビにつなげてパワーポイントのスライドや動画、Skypeなどを流しておくには、安いくて良いかもしれませんね。

case_b
画像:Compute Stick特集

カンボジア人で英語がわからない人でも、映像なら理解してもらいやすいですから、工夫次第で良い販促ツールになるかもしれません。

ただしその場合は、盗難対策にもひと工夫が必要だと思いますけど(^^:)

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク