DSC_1099

iPhoneの動きが悪くなってきた時の基本対処

ai05



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

以前カンボジアで中古で買ったiPhoneの動きが、少しずつ動きが悪くなってきた気がします。

DSC_1099

まぁ動きが悪くなってきた原因はわかっていて、僕がケチって16GB(ギガバイト)のiPhoneを買って、それ以来メンテナンスをしてないからなんですけどね(^^:)

日常的に使うスマホでは、意識していないとすぐにデータが増えてします。元々の容量が16GBぐらいだと、定期的にデータの削除などのメンテナンスをしないとすぐに容量を圧迫し、スマホの動きが悪くなってしまうんですよ。

ちなみに僕のiPhoneの状態はというと…

IMG_1026

使用可能な容量が4.8GBありますので、まだ警告が出るほどではありません。

だから「動きが悪くなってきた」といっても、まだ意識しなければ気付けないくらい変化です。ただあともう少し放置して使用可能な容量が減ってくると、きっと本格的に動きがモサモサしてくるでしょうね(^^:)

 

IT系に詳しくない方って16GBのiPhoneを買ったら「16GB(使用可能容量が0になるまで)丸々使える!」と思っている方も多いようですが、そういう訳ではありません。

イメージしやすくするために、16GBを部屋の16帖に置き換えて考えてみます。

049c4f7a0d4af6273b5d19965333f460_s

理論上はひとり1帖あれば寝泊まりできるかもしれませんが、だからといって16帖の部屋に16人も押し込めば、部屋がぎゅうぎゅうで暑くなるし動きにくくて仕方ないですよね!

中で気持ち良く動いてもらおうと思うなら、せいぜい10人くらいまでが理想、できれば少ない人数の方が快適に働いてくれるはずです。

 

スマホでもパソコンでも、これと同じ理屈です。

16GBのスマホに沢山データを入れれば入れるほど、動きが悪くなるんです。

 

加えて買ったばかりの新品の状態でも、16GB丸々空いているわけではありません。

先ほどの画像を見ていただければわかる通り、僕のiPhoneは16GBの物にもかかわらず、容量は「11.8GB」と表示されています。

これはシステムを動かすOSやはじめから入っている電卓や時計などのアプリで容量を既に使っているからです。

つまり16GBのiPhoneを買っても、自分で自由に使えるのは12GB程度。

更に快適に使うことを考えるなら4GBは容量を残しておきたいので、実質使えるのは8GBくらいってことなんです。

 

つまり16GBのiPhoneを買った僕が快適にiPhoneを使い続けようと思うと、無駄なデータは削除し、不要なアプリもなるべく入れないようにしなくてはなりません。

 

ちなみにカンボジアで中古でiPhoneを買うと、はじめから自分には不要なアプリやデータが入っていることが多いのですが…

削除していたつもりが、入れた覚えの無い音楽がまだ33曲も残っていました(^^:)

IMG_1025

これらの音楽やバックアップ済みの写真などを削除して空き容量を増やせば、また快適に動き出してくれるはずです。

カンボジアで中古のスマホを買った方は、同じように不要なデータが残っているかもしれないので、注意してくださいね。

 

ちなみに、こまめにデータを削除するのが面倒だって方は、最近はこんな便利な商品も出ているようです。

iPhoneやAndroid、パソコンにも挿せるUSBメモリ!

32〜128GBのモデルが発売されていますので、データの移動やバックアップにも便利そうですね!

似たような商品が無いか、僕もソリアモールなどで探してみようかな♪

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク