item_url_1-1

freetel の秀逸なSIMプラン:シーンごとの使える度合いを検証してみた

ai05



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

昨日の記事でご紹介した、今年8月に発売予定の freetel のガラケー。

【関連記事】8月に発売されるガラケー、freetel の「Simple」が気になり過ぎる!

同社のSIMプランもかなり優秀なので、海外に渡航予定のある人もそうで無い人も、検討するに値するものとなっています。

item_url_1
画像:FREETEL 公式サイトより

シーンごとに使える度合いを検証する前に、このフリモバの何が優れているか、簡単にポイントをまとめます。


 

秀逸ポイント1:料金が安い

item_sim_003
画像:FREETEL 公式サイトより

まず気になるのは月額の料金ですが、上の表を見て頂いてわかるように、携帯でネットを使う方にとっては圧倒的に安いです!

ちなみに1GBで使えるネットの利用頻度は以下の通りです。

item_sim_004
画像:FREETEL 公式サイトより

携帯で動画などを見る人なら1GBでは心もとないですが、普通にネットやメールをする程度なら1〜2GBもあれば十分!

ネットだけでなく通話にも格安の基本料で対応しているのが嬉しいですね!

 

秀逸ポイント2:契約期間のしばり無し

日本で携帯電話を購入したり、通信プランを契約する場合、ほとんどのケースで2年間の「しばり」が発生します。しかも契約から2年が過ぎても、たった1〜2ヶ月という短い期間に解約しなければ「自動延長」となり、それ以外の期間の解約は9,500円取られる馬鹿らしい仕組みがまかり通っています。

この売り手市場のルールには利用者からのクレームも多く、現在、ようやく総務省の旗ふりで見直しが検討されていますが…

freetel ではこの議論を待たずに、業界初となる「最低利用期間のしばり無し」で契約が出来るようになっています(^^)

 


上記2つの大きな特徴をふまえて、シーンごとの使える度合いを検証していきますね☆

 

共通事項:デメリットまとめ
オススメ度:★★★☆☆

メリットは先ほどお話した料金の安さに加え、エリアもdocomoの電波を使っているようなので、国内利用にはまず問題ないはずです。

ただデメリットになりそうなこともいくつかあるので、ポイントだけ上げさせて頂きます。

freetel のデメリットになりうること

・キャリア由来のメールアドレス(@dokcomo.ne.jpなど)が持てない
※ Yahooやgmailなどのフリーメールを自分で取得し、利用することとなります。

・余ったパケットの翌月持ち越しや、足りないパケットの追加チャージが出来ない
※ 追加チャージに関しては、ゆくゆく対応予定とのこと

・支払い方法はクレジットカードのみ

・法人契約は可能だが、領収書や明細書の対応は不可

・直営店が無いので、設定など基本自分で行う必要あり
※ ヨドバシでは販売コーナーが設けられる予定

 

利用状況によって善し悪しの判断が分かれるだろうということで、評価は無難に星3つとさせて頂きました。個人的には現状、追加チャージが出来ないのが痛いですね(^^:)

上記のデメリットが気にならない方は、ご自身の今のプランと比較した上で乗り換えを検討されても良いと思います。

 

近日中に海外移住を予定・検討されている方
オススメ度:★★★★★

契約期間にしばりがないので、つなぎの利用にうってつけですよね!

僕の場合、海外移住を考えはじめた頃に契約更新月が来てしまい、更新を多いに悩みました。更新月以外で解約するとお金取られるし、2年しばりの更新を失くそうと思うとびっくりするくらい月額料が上がる、何とも鬱陶し罠にどれだけ苛立ったことか(^^:)

他社からの同番移行(NMP)にも対応しているから、メールアドレスさえ捨てる覚悟を決めれば、迷うこと無くFREETELに移行されることをオススメします!

ただし!

最低利用期間のしばりはありませんが、海外移住が無くなったからといって短期で他社に同番移行(NMP)で転出すると解約金が取られるのでご注意下さい(通常の解約のみなら解約金はありません)。

 

日本へ一時帰国される方に
オススメ度:★★★☆☆

短期の帰国ならレンタル電話などのサービスもありますが、結構割高ですよね(^^:)

FREETELなら何度も申し上げている通り最低利用期間のしばりがありませんので、好きな期間だけ使えて便利です!ただし契約時に3,000円の事務手数料がかかるので、それを含めてお得かどうか、利用期間と照らし合わせてご検討下さい。

サービスの休止が月額無料で出来れば、ずっと同じSIMを使い続けられる最強のサービスになるのですが、残念ながら現状は、休止してもその間も月額料金はかかってしまうのであまり意味はありません(^^:)

ちなみに僕は、空港で買える別のサービスを使っています。

【関連記事】日本に帰るときの通信手段を比較してみた(後編)

 

海外在住で日本の電話番号を残しておきたい方
オススメ度:★★☆☆☆

こちらのサービスは日本国内の利用を想定したサービスなので、基本的に海外では使えません(国際ローミングは可能)。ということで、日本に帰った時のみ利用することになると思いますが、音声だけのプランが無いので、使えないデータ通信を乗っけている分、料金の割安感は失われます。(プラン変更は無料でできるので、日本にいる時以外は最安のプランに変更することは可能です)

同番移行には対応しているので、今の電話番号をそのまま残しておきたい人で、日本に帰る頻度の高い方なら有りかもしれません。ただ大多数の方にとっては他の選択肢をオススメすることになりそうです。

ちなみに同番移行には対応していませんが、僕が使っている日本の電話番号は月額無料ですからね♪

【関連記事】長期海外:日本の携帯番号を格安で持とう!

 

番外:海外で使える格安携帯が欲しい方
オススメ度:★★★★☆

SIMとは関係無い話ですが、freetel ではSIMフリーの携帯が格安で販売されています。安いモデルのスマホなら、なんと9,980円(税抜)で販売されてるんですよ!

決して高性能とはいえませんが機器の保障もしっかりしてますし、海外でとりあえず携帯を使いたいという人には、安く手に入るのは嬉しいですよね(^^)

SIMフリーの携帯があれば、多くの国でSIMを格安で購入出来ますし、非常に便利です。現在発売されている携帯は、SIMロック解除が出来るようになっていますが、今お持ちの携帯がSIMロック解除に対応していない方は、購入を検討されても良いかもしれませんね(^^)

 


 

以上、シーンごとに使える度合いを検証しましたが如何でしたでしょうか?

人によって使える使えないはあると思いますが、こうして新しい会社が参入することで、その他のサービスもどんどん良くなると思います。

何より、僕の嫌いな「2年縛り」をいち早く失くしてくれた freetel は、ちょっと応援したい気持ちになりますね(^^)

 

【公式サイト】freetel

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク