eye-160922

今年も残り100日!〜「100」にちなんだエトセトラ〜

ctg10



スポンサーリンク


今日9月22日で、今年も残すところあと100日となりました。

そこで「100」にちなんだ色々なことを、カンボジアに関係ある無しに関わらず、思いつくままに書いてみたいと思います。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

今年もあと100日!

7a031427675be55181a3544b99df0bc8_s

今年も今日であと100日を残すだけとなりました。

つい最近「ハッピーニューイヤー!」とお酒を飲んだ気がするのですが…

それもそのはず。

カンボジアには3回もお正月があり、1月1日のインターナショナル・ニューイヤーの後にも2月の中華正月の次は4月のクメール正月と、年の前半はお正月ラッシュが続きます。

だから毎回「正月ボケ」なんかしていようものなら、あっという間に1年が過ぎてしまうんですよね(笑)。

それはさておき、1月1日のお正月を基準にして今年はあと100日。

そこで今日は100にちなんだアレコレを、思いつくままご紹介させていただきます。

 

カンボジアの100リエルで何ができる?

img_2354

現在、カンボジアの自国通貨の最小単位は100リエル。

ちなみに日本円に換算すると100リエルは約2.5円になるのですが、物価の安いカンボジアでも流石に100リエルで出来ることは思いつきません。

チップに渡すにしても100リエルでは失礼な気がするし、駐車場のガードマンに渡すにしても最低500リエルからしか使ったことがありません。

ちなみに500リエルくらいになるとライターや水、トウモロコシなどお店によって買えるものも見つかりはじめますが、お店によって値段が違うので1,000リエル無いと買えない場合もあります。

 

カンボジアで100ドルあれば何ができる?

img_2355

カンボジアではリエルに加えドルも普通に流通していますが、100ドルとなると当然出来ることは幅広くなります。

特に田舎の方に行けば今でも100ドルで1ヶ月働いてくれる人も見つかりますし、そうかと思えばプノンペンで日本語の通訳を雇うと1日で100ドルくらいは平気で持っていかれます。

つまりカンボジアでの100ドルは、使い方によってまったく違うものに思えるくらい価値が定まらない印象です。

例えばローカルの食堂に行けば(1人2ドル程度でご飯が食べれるから)100ドルで50人くらい連れて行くこともできますが、最新式のクラブでVIPルームに座ろうものなら1人あたり100ドルくらいは平気でぶっ飛びます。

僕はお客さんとVIPなお店に行くこともあれば、孤児院で子供たちと一緒にご飯を食べることもあるのですが…、100ドル札を平気でぶっ飛ばす様を見ていると「そのお金があればトウモロコシが何百本か買えるのにな」といつも頭の片隅によぎります。

貧富の差と言ってしまえばそれまでですが、この国の両面を味わえば味わうほど「なんてバランスのおかしな国だ!」といつも実感するんですよね。

 

人間は絶食して100日生きられる!?

b13e440d3423a291920baca8bc186ae6_s

カンボジアから話題は外れます。

何とも信じられない話ですが、理論上、人間は絶食しても水分と塩分を適切に摂取し安静にしていれば100日以上は生きられるそうです。

食べ物を摂らない場合、人間の体はエネルギーを取得する方法を探すようにできている。グリコーゲンや脂肪に蓄えられた脂肪酸、さらには蛋白質の組織からブドウ糖を引き出す。
(中略)
水分、塩分の補給さえあれば、平均体重の者の場合、理論的に一ヶ月は断食を行うことができる。仮に、体重70kg、体脂肪率20%とし、脂肪のカロリーを9kcal/g、低下した基礎代謝を1200kcal/日とすると、70 kg x 0.2(体脂肪率)x 9 kcal/g / 1200 kcal/日 = 105日、となり3ヶ月半ほど生存することができる。

出典:zassi.net出張版のブロマガ

 

とても実践してみたいとは思えませんが、人間の底力って凄いですね。

ちなみに同記事によれば、鳥類のオオソリハシシギは9日、ゾウアザラシは80日、ビルマニシキヘビは2年も絶食状態で生きられるそうですよ。

 

100日という可能性

9c44b6442f358bd14b4f1d9fb49ea94b_s

100というキーワードで色々書こうと思っていましたが、予想外にネタがすぐ尽きましたので、ここから本命の書きたかったことを書いていきます(^^:)

僕のブログでも今まで何度か取り上げてきた「100日」というキーワード。

学生やサラリーマンとして管理されていた時はそれほど気にしていなかったのですが、カンボジアに来て管理される機会が圧倒的に減りました。

だから定期的に自分で意識しなおさないと、どうしても怠惰な生活になってしまうんですよね。

ぼーっと過ごそうが、意識して過ごそうが、どの道100日という期間は過ぎていきます。

そしてその過ごし方で結果は大きく変わるのですが、それを思いっきり意識させてくれる動画を最後にご紹介しておきますね。

これを見るたび「100日ってスゴいな!」と思い知らされるので、何だか最近だらけているなと思った時に定期的に見るようにしています。

 

ということで、今年も残り100日です!

僕も今年を気持ち良く終えるため、残り100日を有意義に過ごします。


【お知らせ】2016年9月26日〜10月16日までの3週間、毎週月曜日と金曜日の週2回更新とさせていただきます。

その期間は少し更新頻度を落とし「遅めの夏休み」を満喫させていただきますが、変わらぬご愛好と応援をよろしくお願いいたします。



スポンサーリンク