eye-160805

リオ五輪カンボジア代表:戦う美人アスリート、ソーン シウマイ選手を応援しよう!

ctg10



スポンサーリンク


リオ五輪開催を直前に控え、今日はカンボジア人のヒロイン的アスリート「Sorn Seavmey(ソーン シウマイ)選手をご紹介したいと思います。

強いだけでなく美しい彼女の美技に注目して、オリンピックを応援しましょう!

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

モデルみたいな美人アスリート!ソーン シウマイ選手

sorn01

出典:Facebook(Sorn Seavmey TKD)

美しい真っ赤なドレスに負けないオーラを放つこちらの女性、まるでモデルさんのようですが、彼女がリオ五輪のテコンドー・カンボジア代表選手の「Sorn Seavmey(ソーン シウマイ)」選手です!

sorn02

出典:Phnom Penh Post

ドレス姿も当然美しいですが、こうして戦う姿も負けじと美しいですよね。

その美貌と強さから、カンボジアでも度々マスコミなどに取り上げられており、カンボジア人にとって彼女はまさにヒロイン的な存在!

sorn03

出典:Facebook(Sorn Seavmey TKD)

特に2014年に韓国で行われたアジア大会で、彼女がカンボジア人にとって60年振りとなる悲願の金メダルをとってから、その人気に拍車がかかりました。

sorn04

出典:gettyimages.com

この歴史的快挙にはフンセン首相も大喜びで、「カンボジアという国の知名度の向上に貢献した!」と称え、報奨金や副賞を贈るだけでは気が済まなかったのか、なんと「高校の卒業試験も特別に合格扱いする!」と発表していました。

そんなことわざわざ発表しなくても…、とは思いますが、それだけ彼女がもたらした金メダルは、フンセン首相にとってもカンボジア国民にとっても、大きなインパクトだったんですね。

 

カンボジア国民に愛されるソーン シウマイ選手

mekongsportfavoritejp

出典:surveymy.com

上の図は2014年12月にSurvey Myが大メコン圏5か国、16才以上のインターネットユーザーに対して好きなスポーツ選手を聞いた結果です。

各国とも世界的なサッカー選手の名前が多く並ぶ中、カンボジアの第3位に堂々とソーン シウマイ選手の名前が上がっています!

ちなみに同調査で行われたアンケートによると、カンボジア人が普段見るスポーツのトップ3は「サッカー(36%)」「バレーボール(19%)」「水泳(14%」となっており、この3種目だけで69%のシェアを占めています。

更に普段自分がするスポーツのトップ3は「サッカー(26%」「バトミントン(25%)」「サイクリング(15%」となっており、いずれのアンケート結果にもテコンドーは入っていません。

つまりカンボジアで決して人気スポーツとはいえないテコンドーで、しかも世界の有名アスリートに並んで3位に入ることは、彼女が国民からどれだけ愛されているのかをうかがい知れますよね。

sorn05

出典:Facebook(Sorn Seavmey TKD)

カンボジア人とオリンピックの話をしていると、彼女の名前は必ず出てきますので、覚えておいて損は無いです。


Sorn Seavmey(ソーン シウマイ)

生年月日:1995年9月14日(現在20歳)
身長:183cm / 体重 69kg

主な戦歴:
・2014年 仁川 アジア大会(Asian Games) ミドル級 優勝
・2013年 ミャンマー 東南アジア大会(Sea Games)ミドル級 優勝
・2011年 ジャカルタ 東南アジア大会(Sea Games)ミドル級 3位

Facebook:https://www.facebook.com/sornseavmeytkd/

 

応援前にチェック!テコンドーのルール

sorn06

出典:www.thecambodiaherald.com

彼女を応援しようと思っても、テコンドーのルール自体を知らないという人もいると思いますので、基本的なルールをご紹介しておきます。

ちなみに解説は以下のサイトを参考にしています。

【外部リンク】一般社団法人 全日本テコンドー協会

 

テコンドーの基本的なルール

テコンドーの代表的なスパーリング種目「キョルギ (漢字表記:競技、英語表記:Gyeorugi)」 は、空手とキックボクシングをミックスしたようなスポーツ性の高いフルコンタクト制の格闘技で、特に足技 (あしわざ) を重視します。

オリンピックでは男女とも体重別の4階級に分かれており、試合時間内に獲得したポイント数によって勝敗を決めるのですが、オリンピックなどの国際大会や国内の主要大会では、電子胴プロテクター (PSS) および電子ヘッドギアを使用しているので、技術の有効性・打撃の強さ・打撃部位の適正はこの電子プロテクターによって判定されます。

 

テコンドーのポイントになる部位

攻撃は胴体および頭部に装着する胴プロテクターおよびヘッドギアに対してのみ有効で、それ以外 (体の後面・下段) への攻撃は厳しく禁止されています。

ちなみに胴体へはパンチと蹴りの両方、頭部は蹴りのみ(パンチ不可)が有効です。

胴ブロテクターへの有効な攻撃 1
胴プロテクターへの有効な回転蹴り 3
頭部得点部位への有効な蹴り技 3
頭部得点部位への有効な回転蹴り 4
相手選手が2回警告または1回の減点宣言を受ける 1

配点をみてわかるようにパンチよりもキックが優遇されており、特に打点の高い頭部への蹴りや見た目にも美しい回転での蹴り技で高得点を狙えます。

もちろんこれら全てを電子プロテクターだけではジャッジできませんので、機械で技の難易度が判別できないケースでは副審が判定機で技の難易度毎の加点を行います。

技による加点の種類は色々あるのですが、基本的にはポイントが多い方が勝ちというシンプルなルールなので、見ていてわかりやすいですよ。

 

ソーン シウマイ選手を応援しよう!

sorn07

出典:Facebook(Sorn Seavmey TKD)

ちなみに上の写真はこの投稿をした時点で最新の、彼女のフェイスブックに投稿された写真です。

長身から繰り出されるこの美しい蹴りで、ぜひカンボジア人だけでなく、世界を熱狂させて欲しいですね!

女子テコンドー68キロ超級の第1回戦は、カンボジア時間の8月20日(土)17時〜(日本時間19時〜)ですのでお見逃し無く!!



スポンサーリンク