eye-160705

世界の女性のバストサイズを徹底比較!カンボジアと日本のランクは!?

ctg10



スポンサーリンク


ネットで世界各国の女性のバストの大きさを比較するデータを見つけました。面白いデータではあったのですが、実際にはバストの大きさだけでは理想の体型は語れません。

ということで、そこにカップ数とBMI値を付加してみました。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

世界で最も女性のバストの大きな国は!?

先日ネットをみていたら、ちょっと気になる記事があったので深掘りしてみました。

まずはソースをご覧ください。

女性のバストが最も大きな国と小さな国が明らかになる

2396345

学問は退屈な公式だけではない。学者たちは大勢の人が関心を持つ面白い研究をすることもある。雑誌Journal of Female Health Sciencesに、女性のバストサイズが最も大きい国と小さい国に関する研究が掲載された。

学者たちは108カ国の28-30歳の女性およそ1万2000人のバストを計測した。
学者たちは「調査の過程で、国籍がバストの大きさに強く関係していることが明らかになった。米国人女性は平均的にバストが最も大きく、アジアとアフリカの女性たちのバストは、それよりもかなり小さい」と発表した。

米国人の平均バストサイズはDカップ(日本ではEカップにあたる)だが、アジアの女性たちの平均バストサイズはAカップあるいは、それよりも小さいという。

出典:Sputnic News

 

バストの大きさを「ml(ミリリットル)」で表記するとは、中々斬新なデータですよね。

しかしこうして棒グラフにして比べると、上位の国(特に1位のアメリカ)のバストの大きさは歴然!

僕は大きなバスト至上主義者ではないけど、流石にこれどほ差を見せられると「アメリカすげぇ!」となりますよ。

しかしこうしてバストの大きさだけ並べられたら、「他はどうなってんの!?(単なる肥満じゃないの!?」と勘ぐりたくなるのが人間の性。

ということで、このランキングにもう少しデータを加筆してみました。

 

気になるバスト以外のカップ数やBMI値を加筆してみた

上記の棒グラフからソースをたどると「The Journal of Female Health Sciences: JFH.TD.13.098」で更に詳細なデータが見つかりましたので、カップ数はそこから参照しました。

加えてBMI値(肥満の程度を知るための指数)は、「世界・成人女性の平均BMIランキング」から参照し、そこに一般的にBMI値の評価基準とされている以下の評価を付け加えました。

BMI値の判定基準
18.5未満:やせ
18.5以上25未満:標準
25以上30未満:肥満
30以上:高度肥満

先ほどの棒グラフのランキングに、上記のデータを加筆したものが以下の通りです。

ランキング1〜18位

bust01

やはりランキング上位の国のBMI値をみてみると、指数は軒並み25を越える「肥満」という結果となりました。

ただし日本人と欧米人では骨格や筋肉量が違う気もしますので、先ほどのBMI値の評価をそのまま当てはめてよいは多少疑問が残りますが、いずれにせよバストだけでなく全体的に肉付きの良い女性が多いようです。

 

ランキング19〜36位

bust02

36位まで見てみてもBMI値が25を下回ることがなく、判定としては「肥満」となってしまいました。

ギリシャは判定ラインのギリギリだったので、もう少しで「標準」だっただけに惜しいですね!

 

ランキング37〜54位

bust03

ここでようやく39位のスイスと48位のインドがBMI値で25を下回り「標準」の評価となりました。

男女問わず細身で胸の大きい人に憧れる人は多いと思いますので、そういった方はスイスやインドが狙い目かもしれませんね。

ちなみに37位のコソボには先ほどのソースからBMI値を見つけることができませんでした(同様に以下に登場する台湾と南スーダンのデータもありませんでした)。

 

ランキング55〜71位

bust04

71位に入り、ここでようやく我らが日本とカンボジアがランクインしてきました!

ちなみにカップ数のA判定に疑問を持つ方もおられるかもしれませんが、海外と日本のカップ数では判定の基準が違うらしく、ここでのAは日本でいうBに近い判定だと思います。

さらに62位のバルバトスまで続きがちだった「肥満」の評価も、これ以降は「標準」が多数を占めるようになります。

どうやらバストの200mlあたりに境界線があるようですね。

 

ランキング71〜90位

bust05

ここからのBMI値の判定はほぼ「標準」がならび、逆に「肥満」がぐっと少なくなりました。

このランキングに関係無いけれど、データをまとめていて知らない国名が意外と沢山あることに驚きました。

 

ランキング91〜108位

bust06

これでようやくラストです!

BMI値の判定にずらっと「標準」が並ぶ中、定期的に「肥満」判定の国が登場しますが…

今回唯一BMI値30オーバーで「高度肥満」判定となったサモア独立国が、バストの大きさではワースト4位とは驚きです。

そういった体型の女性が好きな方は、サモアが狙い目ですね!

 

まとめ

今回の調査で日本とカンボジアはバストの大きさに加え、BMI値も似ていることがわかりました(だから親近感が湧くのかな?)。

ただ道行く人を見ていると、カンボジア人女性は日本人女性より胸が大きい印象を持たれる方が多いようです(僕の奥さんもそういってました)。

これはカンボジアの女性が(男性も)骨格が小さい人が多いことに加え、カンボジアで売られているブラジャーのほとんどにとても大きなパッドが入っていることが原因だと思います。

 

興味本位でまとめはじめた今回のデータですが、思いの外まとめるのに時間がかかった割に、我ながら「何の役に立つんだろう?」と疑問が残るものとなってしまいました。

たかがデータ、されどデータ。

女性には理解しづらいかもしれませんが、ここには男のロマンが詰まっているんですよ。

ということで、折角なのでどなたか活用してくださいね!



スポンサーリンク