IMG_8637

カンボジア、牛に関するよもやま話

ai09



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

今日の話題は牛一色です。

IMG_8637

カンボジアの牛はご覧の通り痩せていて、肉はカタくてあまり美味しくありませんが、よく見るととても愛くるしいですよね。

そんなカンボジアの牛さんに関する、知っていてもあまり訳にたたないけど知れば誰かに話したくなる、とっておきの無駄知識を3つお届けします。

 

牛で自動車を修理する!?

カンボジアを車で走っていると、いたる所で牛を見かけます。

基本的に誰かの家畜なんですが、小屋に入っていたり柵で覆われた敷地にいるわけでもなく、基本的に放し飼いです。

そんな訳で、他所の敷地だろうが道路だろうがお構いなしで牛が歩いているので、たまに車にひかれます。

ひかれた牛も可愛そうですが、ひいた車だってただではすみません。いくらカンボジアの牛が痩せているからって、おそらく300キロ前後はありますからね!

そんな時はどうするかというと…

ひいた牛を車に乗せて、持って帰るそうです(^^:)

市場に売れば1,000ドル程度にはなるそうなので、それで車をなおすとのこと。

牛の飼い主にとっても悲劇ですが、出て行って車の修理費を請求されても困るので、飼い主が名乗り出てくることは無いらしいです。

とはいえですよ。

僕ならひいた牛を車に乗せるのって、かなり抵抗ありますけどね。それに300キロはあろう牛を、どうやって車に乗せるかも謎です。

なんだかんだ疑問は残りますが、とにかくそうするらしいです。

 

お坊さんは牛を避ける!?

牛は「赤いものに興奮して襲ってくる!」という話を聞いたことがあると思います。

実はこの説には科学的な根拠は無く、牛の視力で識別できる色は黒・グレー・白の3色と言われており、赤に興奮するっていうのは「真っ赤なウソ」ということになるのですが…

カンボジアでは赤に加え、黄色にも牛が興奮すると信じられています。

そこで困るのがお坊さん。

IMG_7432

カンボジアのお坊さんはオレンジや黄色の服を着ているので、この定説のピンポイントでターゲットとなってしまうというわけです。

ということで、カンボジアのお坊さんは牛には極力近づかないとのこと。

なんだか可愛いエピソードでしょ?

まぁ色で興奮するかはさておき、牛は怒ると怖いので不用意に近づかないのは正解だとは思うんですけどね。

君子危うきに近寄らず、です。

 

牛は常に、北か南を向いてエサを食べる

これはカンボジアに限ったことではありませんが、牛はいつでも!どこでも!何を食べていても!必ず地球の磁極(南極か北極)を向いてエサを食べるというのです。

どういう理屈でそうなっているかはわかりませんが、確かにカンボジアでもそのように食べている気がします。

IMG_0534

みんな同じような方向を向いてエサを食べてる姿も可愛いですね♪

機会があれば、ぜひご自身の目でも確かめてみてください。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク