IMG_0459

シアヌークビルへの車窓から、カンボジアの米事情を憂う

ai09



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

先週末、シアヌークビルへ行ってきました。

片道約4時間のバス移動中、車内から景色をみながら時間を過ごしたのですが、一番気になったのは…

IMG_0459

11月から収穫がはじめるはずのお米が、ぜんぜん膨らんでいません!

農業はカンボジアの主要産業のひとつで、その中でもお米は国民の主食ですし、海外へ輸出する重要品目のひとつです。

カンボジアの稲作は「雨季作」と「乾季作」の二毛作で収穫されるのですが、収穫量では「雨季作」の比率が高く、この時期の不作は深刻です。

 

カンボジアのコメ(雨季作)生産量

c-rice-wet-season-production-j

カンボジアのコメ(乾季作)生産量

c-rice-dry-season-production-j

出典:国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター

 

参照した上のデータでみると、2010年の米の収穫量は雨季作が6,549,000トンに対し、乾季作は1,701,000トンしかありませんので、雨季作の比率が79.4%(乾季作20.6%)をも占めている計算となります。

この約8割に相当する雨季作で米が不作となると、カンボジアに与える影響の大きさは容易に想像がつくとおもいます。

 

もちろん全てのエリアを見たわけではありませんが、少なくともプノンペン〜シアヌークビルまでの車窓から見る範囲では、ほとんどの地域で冒頭でご紹介した写真のような状態でした。

原因は雨不足だと推測しますが、他の農産物への影響はどうなんでしょうか?

そういえば2013年には逆に雨が降り過ぎて、米の収穫に影響があったと記憶しています。降り過ぎても駄目、降らなさ過ぎても駄目となると、日本のように灌漑・排水施設が十分に整っていないカンボジアで農業をする方は、きっとご苦労が絶えませんね。

特に市場価値の高い香米(Cambodian Jasmine Ric、Phka MalisPhka Rumduol など)は、このような雨量の激しい変動へは対応が難しいと聞きます。

日本人でもカンボジアで農業に着目される方が増えているようなので、進出時には毎年変わる気候の変化にも注意をしてくださいね。

 

どちらにせよ、来季は米の値段が上がりそうな気がします。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク