b13e440d3423a291920baca8bc186ae6_s

カンボジアの暮らしやすさを江戸時代と比較してみた

cat01



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

僕の知り合いでもカンボジアに来た事ない人は、実情以上にカンボジアを酷い国だと思っている人も多いんです。この記事を見てくれている方でも、カンボジアでは「未だに路上に孤児が溢れていたり、地雷が埋まってたりする」と思っている人もおられるんじゃないでしょうか?

b13e440d3423a291920baca8bc186ae6_s

まぁ地雷や貧困が全く無いとはいいませんが、カンボジアもかなり変わってきています。地雷に関しては観光客が踏み入れないような一部の地域にしかありませんし、外国人が「日本には忍者がいる(観光地にはいたりする)」って思っているのと同じレベルの誤解です(^^:)

 

ただいくつかのネガティブなイメージの中には、多少は実際に当てはまる事もあります。そんな中、何気なくネットを見ていたら面白い記事を見つけちゃいました。

その記事はgooランキングで集計された「江戸時代にタイムスリップしたら嫌だろうなと思うことランキング」というもの。つまり現代の日本人が、無いと嫌だ&困ると思うランキングです。

このランキングのトップ10を参考に、僕なりにカンボジアでいくつ当てはまるかジャッジしてみました(^^)

 

ただカンボジアといっても広いので、各項目事に「都市:プノンペンやシェムリアップなど環境客がよく訪れる場所」と「地方:あまり観光客が行かないような地域」に別けてジャッジしています。

あくまで個人的見解ですが、ご旅行や移住の参考にご覧下さい(^^)

 

1位 水道が無い(45.8%)

都市:当てはまらない
地方:そこそこ当てはまる

都市部では水道はもちろんありますし、それどころかプノンペンやシェムリアップでは浄水システムも日本の支援で導入されているので、飲料にも耐えるくらいです。

ただ地方に行くと未だに井戸や雨水を溜める貯水池や水瓶を利用しているところも多く、衛生面にも気をつける必要があります。

 

2位 身分差別が厳しそう(39.6%)

都市:そこそこ当てはまる
地方:そこそこ当てはまる

カンボジア人には差別というより、年齢や身分などの上下関係や礼儀を重んじる文化・風習があります。旅行で来ている分には気になる事は無いと思いますが、お仕事で来ている方は気をつけましょう。

あとは人によりますが、カンボジア人の富裕層の中には、一般層を見下したり差別をする人もいます。ただ江戸時代みたいに切腹や打ち切りは当然ありませんw

 

3位 大便の後処理が大変そう(38.0%)

都市:あまり当てはまらない
地方:当てはまる

観光客が宿泊するそれなりの施設では水洗のトイレが基本、場合によってはウォシュレットまで完備されているのでご安心下さい。ただ都市部でも下水管が小さく、紙をそのまま流せる場所は少ないのでご注意下さい。

カンボジア人が住む住居では都市部であっても、手桶を利用する(=紙を使わない)ところも多いですし、地方ならなおの事です。

 

4位 シャワーが浴びられない(37.4%)

都市:当てはまらない
地方:少し当てはまる

都市部なら浴槽まであるホテルや住居は少ないですが、シャワーは大丈夫です。地方でも宿泊施設なら基本的にシャワーはついていますが、それ以外だと貯水池や水瓶で洗い流す事が多く、慣れるまでボウフラなど衛生面が気になります(^^:)

 

5位 ネットがない(37.0%)

都市:当てはまらない
地方:少し当てはまる

都市部ではフリーのWi-Fiがそこら中に飛んでますので、速度に悩むことはあってもネットにつながらないという事はまずありません。

地方に行くとピンキリですが、ネットどころか電気が通ってないところもありますし、携帯を契約していてもカンボジアの通信会社は全エリアをカバーしているような会社は無く、携帯が圏外になることも。地方に良く行く方は複数の通信会社と契約しておくと良いかもしれません(SIMの現地調達は可能)。

 

6位 洋式便器がない(30.8%)

都市:ほとんど当てはまらない
地方:当てはまる

外国人向けの施設では洋式便器が広く普及しています。ただし都市部であってもカンボジア人が多く利用する場所では日本の和式のような便器も多く見かけますし、地方ではなおの事です。

 

7位 歯磨きペーストや歯ブラシがない(27.2%)

都市:当てはまらない
地方:少し当てはまる

都市部では全く問題ありません。仮にホテルの備品で用意されていないところがあっても、コンビニ等ですぐに購入出来ます。地方でもよほど奥に行かない限り購入可能ですが、できればあらかじめ用意して行く方が良いと思います。

 

8位 下水が完備されていないので街中が臭そう(24.2%)

都市:当てはまらない
地方:当てはまる

都市部では下水臭さは気になる事はありません。ただし場所によってはゴミの臭いがきつい場所はあります。地方の下水が完備されていない地域は、当然臭います。

 

9位 テレビがない(23.8%)

都市:当てはまらない
地方:そこそこ当てはまる

観光客が宿泊する場所なら大抵大丈夫ですし、それなりのホテルならNHKなども映ります。ただ家にテレビの無いカンボジア人家庭はまだまだ多いですが、カフェで映画や音楽などをテレビに映しているところは多く見受けられます。

 

10位 簡単に旅行に行けない:移動が大変(23.0%)

都市:そこそこ当てはまる
地方:当てはまる

カンボジアでは電車が無いので、長距離の移動は飛行機かバスなどの車に限られます。車の場合は道が十分に整備されていない所もまだまだ多く、悪路で距離の割に時間がかかる事も多いのでご注意下さい。

ただし観光地での短距離の移動はそこら中にトゥクトゥクがいますので、困る事はありませんのでご安心下さい。

 


 

以上、必要以上のカンボジアへの誤解を防ぐ為に書きましたが、如何でしたでしょうか(^^)?

あくまで個人的な見解によるジャッジですし、地方に関しては行く場所によって環境は全く違いますのであくまで参考程度にとどめてご覧下さい。

ただ観光で来られる方にとっては上記のトップ10の項目で、致命的に気になる点は無いと思っています(^^)

 

ということで。

江戸時代に抵抗のある方でも、カンボジアへは安心して遊びに来て下さいねw

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク