IMG_1007

ガラケー生産終了から考える、日本企業の戦略について

cat09



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

ホントは今日、違うテーマで記事を書くつもりでしたが、昨日のニュースでちょっと「??」と思ったことがあったので書かせて頂きます。

まずは日経新聞の記事をご覧下さい。

 

従来型携帯の生産終了 国内各社、17年以降
NECは端末完全撤退
2015/4/24 2:00 日本経済新聞 電子版

96958A9E93819688E0E39AEA9A8DE0E1E2E6E0E2E3E79F9FEAE2E2E2-DSXKZO8608378024042015MM8000-PB1-10

パナソニックなど日本の携帯端末メーカーが独自の基本ソフト(OS)を載せた従来型携帯電話、通称「ガラケー」の生産を2017年以降に中止する。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、ほぼ日本だけで通用する従来型携帯は開発が重荷になっていた。コスト削減のため、開発する全端末のOSをスマホの標準である米グーグルのアンドロイドに統一する。日本がかつてけん引した従来型携帯の基幹技術がその役割を終える。

出典:日本経済新聞 電子版

 

僕はデジモノは好きだけど、技術的なことに関してはさっぱり知識がありません。だからその辺は無視して、記事を読んで感じたことだけを、率直に書かせて頂きますが…

正直、意味がわかりません(~~:)

 

シェアが50%もある商品を生産終了にするなんて、どこかの物語に出てくる「わがままな王様」みたいな決定ですね(==)

会議中「わらわはガラケーに飽きたのじゃ!」とかいう人がいたんでしょうか(笑)?

 

しかもスマホは広告費かけてバンバン宣伝&キャッシュバックやってるのに対し、ガラケーは広告や特典はおろか、店頭でもひっそり追いやられた存在です。それでシェア50%もキープしているなんて、消費者が何を求めているかは歴然ですよね!?

この決定を「消費者のニーズも分析出来ない単なるおバカさん」がやっているのなら、まだ納得?出来るんですよ。でも当然、僕なんかよりよっぽどニーズの分析に長けた、賢い人たちが決めているんだから「タチが悪いな」と思っちゃうんです(^^:)

 

確かに、世界の競合他社と戦う為には「国内だけがターゲットとなるガラケーの開発費が負担になる」という話しも、一見説得力があるように思えます。

でも、ガラケーを持ってる人って、そもそも進化を求めてないですよ(^^:)? 複雑な機能なんていらないから「シンプルに電話が出来れば良い」という人がガラケーを選んでいるんです。

日本のガラケーはとっくに完成形なんだから、これ以上、開発費をかける必要もないはずです。今ある技術でメンテナンス程度の開発費をあてて「長く販売を続ければいいだけじゃないかな?」と思うのは僕だけでしょうか。

 

そもそも、日本の携帯メーカーには昔から不満があります。

僕の今持ってる日本のガラケー。

IMG_1006

日本に帰った時しか使っていないので、普段は持ち歩きすらしていないのですが…

それでも塗装がハゲてます(TT)

 

100歩譲って角の部分なら「落としてハゲたのかな?」と思えますよ。僕は酔っぱらって携帯を落とすこと しばしばですからね(^^:)

でもこの部分、よーく見てもらえばわかりますが、ちょっと凹んだ部分なんです。普通に持ってるだけならあたらない場所だから、きっとカバンの中で、何かとこすれて塗装がハゲたんでしょうね(^^:)

21世紀の塗装技術、舐めんな!

こんな程度でハゲる塗装、日本の製品でありえます!?

というか、そもそも外装を塗装にする必要ってありますか??

 

ちなみに僕がカンボジアで1年ほど使っている携帯がこちらです。

IMG_1007

結構ハードに使っていますが、小傷程度しかありませんし、塗装のハゲなんか一切ありません!

だって、そもそも塗装じゃ無いんだもんw

黒いプラスティックをそのまま使っているから、ハゲる訳がないんですよね♪

ちなみに裏側はこんな感じ。

IMG_1008

元々は黒いカバーだったんですが、サッカーのユニフォーム交換みたいな感じで、某カンボジア人とカバーを交換して青色です(^^)

この青い部分も塗装じゃなく、青いプラスティックを使っているので、こちらもハゲなんてありませんよ。それどころか落としても(なかなか)壊れないし、バッテリーの持ちも良好です♪

 

日本で携帯を使っていた時は、酷い時には半年程度で(塗装がはげて)ガビガビになったりしてましたからね(^^:) 2年縛りで販売しといて、1年程度で買い替えたくなるような「時限爆弾」を仕込むのは、あまりに消費者を無視した戦略じゃないでしょうか。

今回のガラケー生産中止も、そんな感じに思えてなりません。

 

記事を読み進めると、中身はAndroidに変更されるものの、外見や操作性が従来風の携帯は継続して生産されるようですが…

ちゃんと消費者ニーズに沿った商品を出してくれるのでしょうか?

 

日本の製品は、カンボジアだけでなく、世界的に高い評価を受ける物が多いです。でもそれは「先進的な技術」での評価より、「品質が良くて、長持ちする」という部分での評価が大きいように思います。

 

日本企業には頑張って欲しいので、世界と戦う為にガラケーをAndroid化することが技術的に必要ならば、その変更も仕方ありません。

でも本当に世界と戦うつもりなら「品質が良くて、長持ちする」、ちゃんと世界にも受け入れられる製品を作ってもらいたいものです。

 

以上、ちょっとカテゴリー違いでしたが、期待を込めた投稿でした。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク