img_9173377f2cb0afef1553e4a1191f0285210413

歴史に名を刻め! 新種発見ラッシュのカンボジア。

ai09



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

最近、カンボジアでまた新たな新種が発見されたそうですね!

 

イボだらけの新種ラン、カンボジアで発見 英植物学者チーム

img_9173377f2cb0afef1553e4a1191f0285210413

【2月6日 AFP】英国の植物学者チームは5日、カンボジアの山岳地帯で新種のランを発見したと発表した。発表は、英ロンドン(London)のキュー王立植物園(Royal Botanical Gardens, Kew)で同日より開催予定の大規模なラン特別展示に先立ち行われた。

新種のランは、2013年に行われた探索中にカンボジア南西部カルダモン山脈(Cardamom Mountains)で採集され、ロンドンに持ち帰られたものだ。

だがチームは、昨年12月にキュー植物園の温室の一つで花が咲くまで、それが新種であることに気が付かなかったという。

出典:AFP BB NEWS

 

なんだかゲームの敵で出てきそうなすごい外観ですね(^^:)

これをランと断定するには、専門家でも勇気がいりそうなレベルですw

ぜひ新店開店祝いに送りたい、インパクトのある一品だな♪

 

しかし驚くのはまだ早い!

カンボジアでは先月も、別の新種が見つかったところです!!

 

巨大ミミズ似の両生類、新種のアシナシイモリと確認 カンボジア

img_16c5c626127048cd91dde34beb2bad69267558

【1月17日 AFP】カンボジア南西部にあるカルダモン山脈(Cardamom Mountains)で発見された両性類が、新種のアシナシイモリと確認された。この生物は灰褐色で足がなく、巨大なミミズもしくはヘビに似ており、学名で「Ichthyophis cardamomensis」と名付けられた。新種は体長が最長1.5メートルにも及び、地元ではよくヘビと間違われていた。

出典:AFP BB NEWS

 

これがイモリとは、学者さんってホントにすごい仕事ですね(^^:)

最長1.5メートルって、新種じゃなくてもビビります。

 

見間違えても仕方が無いレベルの外観をしてますが、「地元ではよくヘビと間違われていた」ってところが、なんだかほっこりします(笑)。

この新種、地元ではよく目にされてたってことですよねw

 

しかし、ランの記事が2015年の2月6日、そしてこのイモリは2015年の1月17日の記事ですよ!

なんと1ヶ月もあいてません(笑)。

最近ブームが過ぎ去ったせいか、ポケモンでもこれほどハイペースで新種は発見されてないですよね(^^)

 

しかもまだ続きます(笑)!

 

カンボジアで新種の鳥発見、首都の建設現場で

cambodia-bird-story-top

(CNN) カンボジアの首都プノンペン市街の建設現場で、新種の鳥が見つかった。野生生物保護団体WCSの研究者らが27日までに発表した。人口が密集する大都市圏で未知の種が見つかるのは珍しいという。

(中略)

発見のきっかけは、WCSのメンバーが建設現場で撮影した写真だった。写真の鳥は、沿岸部に生息する別の種類のサイホウチョウに似ていたが、異なる特徴を持っていたことからさらに調べた結果、これまで知られていない新種だったことが判明した。

その後、プノンペン郊外の河川に面した低木地で大量に生息しているのが見つかったという。

出典:CNN.co.jp

 

こちらは少し時期があきますが、2013年6月27日の記事。

なんと首都のプノンペンで発見ですよ!

しかも大量に生息してたという(笑)。

 

まだありますw

 

カンボジア密林で新種のヘビ、深紅色のうろこに白黒の輪

img_94c50e20cf56a8214d812a72892d1e25369628

【7月18日 AFP】カンボジアの熱帯雨林でこのほど、鮮やかな紅色のうろこに白黒の輪状模様のついた新種のヘビが発見された。

国際環境保護団体フォーナ・フローラ・インターナショナル(Fauna and Flora International、FFI)が16日発表したところによると、「カンボジアン・ククリ(Cambodian Kukri)」と命名されたこの新種は、野生生物の生息地が失われつつある南西部カルダモン山脈(Cardamom Mountains)で見つかった。

出典:AFP BB NEWS

 

新種発見という一大記事だというのに、他の新種と比べると…

なんだか普通に見えてしまいます(笑)。

 

でもこれ、鳥の記事から遡ること1年未満の2012年7月18日の記事ですからね!!

 

この頻度で新種が見つかるなら、ひょっとしたら僕にだって「運が良ければ」見つけちゃえそうな気がしてきます(^^)

僕はブログのネタ探しで、日々キョロキョロしながら歩いてますが…

なかなかキョロキョロしがいのある国だ(笑)。

 

まぁもし僕が新種を見てても、知識が無いと気付けないでしょうけど…、専門家の方が本気になれば、かなりの確率で見つけられるんじゃないですかね!?

なんせ首都で新種が発見される国ですから(^^)

 

何らかの専門知識をお持ちの方は、ご旅行のついでにぜひキョロキョロしてみてください。

もしかして新種発見で、歴史に名を残せるかもしれませんよ(^^)

 

最後に。

先日シェムリアップでガイドをしている友達と、車で草原を走っている時に「このへんにもヘビとかいるの?」って聞いたら、「たぶんいない」ってことでした。

僕が「何で?」って聞いたら…

 

「何でも食べちゃうから」だそうです(笑)。

 

新種発見に興味のある方!

新種が食べ尽くされちゃう前に、急いでカンボジアへ来て下さいw

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)

 



スポンサーリンク