IMG_9040

70年周期説の元旦!カンボジアの2015年を波に乗る為に(前編)

ai09



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

 

ランキングサイトへ参加しております!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

70年周期説とは日本一のマーケッターといわれるひとり、神田昌典さんが唱える説で、それによると歴史は70年で繰り返すらしいです。

そしてきたる2015年が、その70年の始まりの年にあたるらしいですよ!

syukujitsu01_ganjitsu

僕は「歴史の分岐点」とか「◯◯の元旦」とかいうフレーズが好きだから、それだけで(都合の良い事は)信じてしまいます(笑)。

でも歴史的な裏付けを見ると、より信憑性が増しますよ(^^)

 

以下、僕の尊敬するブロガーさんから、ちょっと長めの引用です(^^:)

 

70年周期説とは

2015年は、70年周期の最初の年です。つまり、2014年は最後の年ですね。2014年までの70年は1945年にはじまりました。終戦の年ですね。

太平洋戦争により、これまでの70年を破壊し、戦後新しい日本を作り上げてきたのです。

戦後の日本は『復興』の名のもと『ものづくり』が栄えました。70年の最初のタームは『創造』の期間なのです。そこで、松下幸之助氏や本田宗一郎氏によって現代日本の基盤である品質の良い物が作られました。

その後、物が増えた後は、『広げる』タームとなります。つまり、流通です。ダイエーやイトーヨーカドーがその役割を担い、日本中に物が行き渡るようになって行きました。

物がしっかり流通したら、次に『より良くする』タームとなります。つまり価値を最大限に高める為のコピーライティングを専門とする糸井重里氏や、製品や企業そのものを良くする為のコンサルティングを専門とする大前研一氏などがその先端を走りました。

そして、最後にその70年を締めくくるために『破壊』が起こります。ホリエモンこと堀江氏がそれまでの55〜60年に問題を提起し、今までの常識を潰しました。そして堀江氏を筆頭に、様々なIT企業の台頭なども今までの常識を覆した形です。そして、震災。原発事故。政権交代などなど70年に向かうに連れ様々な破壊が起こりました。

出典:ブログ集客ラボ「70年周期説でいうと2015年は最初の年!行動を変化させ飛躍する」

 

より詳しく知りたい方は、神田昌典さんの書籍をご覧下さい。

つまりこの70年周期説に照らし合わせると、前の70年は1945年に始まり、第二次世界大戦の終焉、帝国主義から民主主義に変化しました。

その前の70年は1875年に始まり、明治維新で封建主義から平民主義へと歴史が動いています。

250px-Sakamoto_Ryoma
出典:Wikipedia「坂本龍馬」

 

次の70年。

一体何が終わり、何がはじめるんでしょうね(^^:)?

 

日本の歴史を変えるかもしれないパーツは、現状いくつもあります。

● 2014年は全国で原発ゼロ稼働の一年で、新エネルギーへの模索も始まっています。

● 2014年の衆院選の自民党の圧勝と、近年繰り返される領海侵犯などにより、憲法9条の改正があるかもしれません。

● 2014年の後半には円が7年ぶりに120円台を突破、この円安は2015年以降も続き、長期円安時代に突入するという声も聞かれます。

● この数年で、中央集権から地方分権へ、政治の移行を目指す動きもあります。

 

望むと望まないに関わらず、時代は動く時は動きます(^^:)

 

明治維新後は「廃刀令」が公布され、それまで「武士の魂」とされた刀を持っているだけで犯罪者扱いです。

第二次世界大戦後は、それまで神とあがめていた天皇が人間に変わり、軍国主義を唱えることは悪となりました。

そのかわりに!

明治維新後は繊維産業や造船業で多くの人が財を成し、第二次世界大戦後は軽・重工業の発展、財閥による銀行の支配力が増しました。

 

時代が動くと、衰退するものと繁栄するものが大きく変わります。

 

もし2015年から時代が変わるなら、捨てなくてはならない価値観と、新たに持つべき価値観があるはずです。

 

実は僕、この70年周期説を知ったのは最近なんですが…

「だから僕はカンボジアに来たんだ!」と、後付けですが言っておきます(笑)。

 

そして2015年がどんな年になりそうか、明日もう少し話そうと思います。

 

信じるか信じないかは、あなた次第です。

このセリフ、一度言ってみたかったんですよね(笑)。

 



スポンサーリンク