カンボジアで一番アクセスされているウェブサイト

ctg10

先日ネットで「世界で一番アクセスされているウェブサイト」のランキングを見かけました。

ならばということで、僕のブログでは「カンボジアで一番アクセスされているウェブサイト」をランキング形式でまとめてみようと思います。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

世界で一番アクセスされているウェブサイト

f117f_103_7ddda1141368d4bebeeca6b00c113d71

出典:Livedoor NEWS 国別で見る、1番アクセスされているウェブサイト(追記あり)


上記画像は「indy100」がまとめた国別の一番アクセスされているウェブサイトをマップとして可視化したものです。

一見してグーグルが圧倒的に強そうですが、同統計によると世界で最もアクセスされているウェブサイトのランキングは以下の通り。

1位 Google.com
2位 Youtube.com
3位 Facebook.com
4位 Baidu.com
5位 Wikipedia.org
6位 Yahoo.com
7位 Google.co.in
8位 Twitter.com
9位 Amazon.com
10位 Qq.com
次点 Google.co.jp

ランキングには日本人にも馴染みのあるサイトが顔を揃えていますね。

ついでに同ソースでは日本でのランキングもまとめられていましたので、ついでにそちらもご紹介しておきます。

1位 Google.co.jp
2位 Yahoo.co.jp
3位 Google.com
4位 Youtube.com
5位 Amazon.co.jp
6位 Fc2.com
7位 Twitter.com
8位 Facebook.com
9位 Nicovideo.jp
10位 Wikipedia.org
次点 Rakuten.co.jp

こちらは日本人にとって更に「そうだろうなぁ」という驚きの無い結果となっていますが、特徴としてはYahooが強いこと、ニコニコ動画やFc2などがランクインしていることくらいでしょうか。

 

カンボジアで最もアクセスされているウェブサイトTOP10

それでは、処変わってカンボジアではどのようなサイトがランクインしているのでしょうか?

人気のウェブサイトの傾向をみれば、その国の傾向が見えてくるかもしれません。

よろしければ予想を立てて読み進めてみてくださいね。

 

1位:Youtube.com

webrank01

https://www.youtube.com/

言わずと知れた動画サイト。他にYouTubeがトップになった国はカザフスタンとアルジェリアだそうです。

 

2位:Google,com / 3位:Google.kh

webrank02

https://www.google.com.kh/

こちらも説明不要のポータルサイト。他の国では1位になることが多いようですが、カンボジアでは英語版とクメール版に分かれたせいか、2位と3位に甘んじました。

 

4位:Khmer-note.com

webrank04

http://www.khmer-note.com/

クメール語で書かれたニュースサイト。政治からゴシップまで幅広いラインナップで人気があります。ここに限らずカンボジアのニュースサイトはグロ画像も多いので閲覧注意。

 

5位:Khmerload.com

webrank05

https://www.khmerload.com/

こちらもクメール語で書かれたニュースサイト。デザインが洗練されていて個人的に好感が持てます。

 

6位:Kohsantepheapdaily.com.kh

webrank06

https://kohsantepheapdaily.com.kh/

同じくクメール語のニュースサイト。

 

7位:Sabay.com.kh

webrank07

http://sabay.com.kh/

クメール語のニュース、動画などまとめたエンターテイメントサイト。

 

8位:Facebook.com

webrank08

https://www.facebook.com/

カンボジア人の大好きなフェイスブック、予想よりはランクが低かったですね。

 

9位:Freshnewsasia.com

webrank09

http://www.freshnewsasia.com/

こちらもニュースサイトですが、英語にも対応してくれているので外国人にも利用しやすいです。

 

10位:Kbn-live.com

webrank10

http://kbn-live.com/

こちらもクメール語で書かれたニュースサイト。グロ画像がモザイク処理されていないので、刺激に弱い方は特に注意。


以上、ご参考までに。