eye-161024

カンボジア人へのお金と仕事の任せ方

ctg08



スポンサーリンク


カンボジア人と働いていると、よく「どこまで仕事を任せていいのか?」と判断に悩む時がよくあります。

任せ過ぎると暴走するし、任せなさ過ぎるといつまでも育たないし、そのさじ加減がなかなか難しいんですよね。

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん がお届けします。

 

カンボジア人に大金を預けた末路

僕は仕事柄いくつかのプロジェクトに関わっていますから、何人ものカンボジア人と一緒に仕事をする機会があります。

カンボジア人の中にはビックリするくらい仕事ができる人もいるけれど、逆にビックリするくらい仕事のできない人もいます。

頑張る頑張らないの差も当然あるんですが、それと同じくらい出来る出来ないの差も本当にあるんですよね。

こういうことを書いていると、書きたいことが山のようにあるのですが…

先に今日このテーマを書くきっかけとなったコラムをご紹介します。

カンボジアのコメ価格が暴落しているんだけれど、その理由がいかにも途上国っぽい件について[コラム]

カンボジアの籾米価格が暴落している。農家の販売価格が1トン250ドル(2万5千円)くらいだったのが、190ドル(1万9千円)くらいまで下落してしまって、コメ農家は大変なことになっている。

https://www.cambodiadaily.com/archives/farmers-block-road-amid-rice-price-crisis-118145/air

で、なんでそんなに価格が下がってしまっているのかというと、精米業者がコメを買えないからだ。「買わない」のではなく「買えない」というところに今日の話のポイントがある。

(中略)

カンボジアにはロムドゥルという種類の、世界コメ会議で3年連続金賞を受賞した香り米が有って、近隣にタイやベトナムという強力なライバルを抱えてはいるものの、後発後進国という特恵関税枠などを活かしてEUなどからも注文が舞い込んでいた。政府が目標としている年間100万トンの輸出にはまだ半分程度しか届いていないものの、国際マーケットに売り先がないという状況ではない。それなのに、なぜ農家の籾米が売れなくて価格が暴落するような現象が起きているのだろうか?

カンボジアは近年までロクなクオリティの精米施設が無かった。国際基準で輸出できるような精米施設を造るためには数億円オーダーの投資が必要で、かつ毎日数百トンの籾米を農家から買い取って精米して貯蔵しようとすると、十億円近いような事業資金が必要になる。それをIFC(国際金融公社)とか世界銀行とか、各国からの援助とか融資とか投資とか様々な方法を使って資金調達したものを、地元の有力者たちに貸し付けて精米施設を建設し事業資金も用立てた。これで万事上手くいくはずだった。

ところが多くの精米業者が手にした現金は、施設を作るために使われた以外は高級車や高級時計、土地への投資や豪勢なパーティーなど、全く籾米を購入することと関係ないことに消費されて、文字通り消えていった。そして素晴らしい精米機を備えている精米施設の貯蔵庫は空っぽ、機械の稼働率も借入金返済不能なレベルとなってしまっている。

出典:CANBODIA BUSINESS PARTNERS

 

何たる惨劇!と、自分が関わっていたらと思うとぞっとする話です。

だって10億円単位の投資をして、こんなくだらない理由で事業が頓挫してしまうわけですからね。

ただこの話を聞いてカンボジア在住の方なら「そんなバカな!」とはならないくらい、十二分にあり得る話だというのが今日のポイントです。

 

カンボジア人にお金を渡してはいけない!?

長くカンボジアにいる人ほど、大なり小なりこの手の話は経験があるはずです。

僕の知人でも似たような経験をした人が沢山いて、ある人は(カンボジア人女性と結婚し子供がいる人なんですが)自分の遺産を僕に預かって欲しいといっています。

理由は簡単。

一気にお金を持たせると性格が変わってしまったり、変な人が沢山集まってきて搾取されたり、どちらにしても「大金を一気に持つと幸せにならないことが多い」と考えているからです。

そんな大役は僕に任せるより弁護士に任せた方がいいとは思うのですが、いずれにしても「お金が人を狂わせる」という話はカンボジアでもよくある話です。

特に苦労をせず手に入れたお金(支援金やODAなども含まれる)はその傾向が強いようで、お金を持つまではまともに見えた人が「お金を持った途端に人が変わってしまう」なんてことは十分にあり得ることです、

もちろんカンボジア人だからといって全員が信用できないわけではありませんし、お金や権力を持って人が変わるというのはカンボジア人に限ったことではありません。

東京都知事が何代にもわたって惨事を繰り返しているのをみていると、日本人でも似たようなものですよね。

違うのは初任給で20万円近い給料がもらえる日本と、2万円程度しかもらえないカンボジアの「お金に対する耐性の違い」くらいなもので本質は変わりません。

重要なのは「どうやって任せられる人を見極めるか」と「どうやって任せられる人を育てられるか」だと思います。

 

お金や仕事を任せるなら、まずは自分の責任の持てる範囲から

僕の友人で200人以上のカンボジア人を管理している日本人は、何人かのキーマンに20分ごとに仕事の進捗を報告させているそうです。

そんな細かく報告を受けていたら、それだけで仕事が終わってしまいそうなほど大変な作業だと思いますが…、きっと彼の判断では、今自分が責任を持って仕事を任せられる時間は20分なのでしょう。

もちろん徐々に時間を延ばしたり、報告させるキーマンを減らしたりしていくのでしょうが、実に大変なお仕事です。

おそらく彼に取って、今は「任せる」というより「価値観を共有する」必要があるタイミングなんでしょうね。

ちなみに僕の管理している孤児院でも、実は似たようなことをやっています。

運営の都合上から孤児院の1ヶ月の運営費をカンボジア人に預ける必要があったのですが、はじめは30ドルを越える支出に関して全て僕のチェックを入れていました。

そのチェックを通して徐々に価値観を共有し、それと比例して任せる金額も増えてきたのですが…、前回はじめて500ドル予算で買い物を任せたら、案の定価値観のズレが発覚しました。

こういう感覚は、こうして地道に修正していくしかないんでしょうね。

いずれにせよお金や仕事を任せても、その責任まで相手に移行するわけではありません。

まずは小分けにして、自分が責任を取れる範囲からはじめましょう。

 

大金を任せられる人を育てるのは!?

カンボジアには一攫千金を狙って進出してこられている方も多いと思いますので、そうなると大金を任せられる現地のパートナーが欲しいところです。

ただ5年・10年スパンで考えれば話は別ですが、正直数年で人の価値観を変えるのは難しいと思います。

残念ですが今100ドルを任せられない人が、数年で100万ドルを任せられる人に育てられるイメージは僕には湧きません。

ただ100ドル1,000ドルと徐々に任せていくにつれ、その人の持っている根っこの価値観を感じることはできます。

きっとこのあたりのお話は人種を越えた共通の問題でしょうし、カンボジアに限った話ではないのでしょう。

ということは…

どう考えてもこんな壮大なテーマに僕が答えを出せるわけがありません(笑)。

ということで。

大金を任せるなら(カンボジアに限らず)何人かでチェックできる体勢を取るのがベターでしょうね。

そうしている内に「大金を預けても良いな」って方に出会えたらラッキーくらいに考えておきましょう。

ただそういう人にもし出会えても、実際に任せるにはこっちの度量もある程度必要になりますけどね。

ただずっと任せないでいるといつまでたっても大きな仕事はできないし…、この辺の問題も、国を問わず万国共通の問題です。



スポンサーリンク