304abfa60ffbfba45cb0d8a0830bc110_s

カンボジア人と日本人の「出来る」という言葉の違い

ai07



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

クリックでランキングへご協力下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

日本人は簡単に『出来る』と言わない人が多いです。

例えば「料理できる?」と聞いて、即答で「出来ますよ」と答えられる人ってどれだけいるでしょうか?

「そんなに得意じゃないですけど…」とか「カレーくらいなら作れますよ」とか、これってどちらも『出来る』と答えても良さそうなものですが、簡単にはそうは言いません。

他にも面接で「英語出来る?」と聞かれた場合、やはり『出来る』と単語だけで答えられる人が何人いるでしょう?

「簡単な旅行英語程度なら話せます」とか「一般的なビジネス英語は大丈夫です」など、どのくらい出来るか具体的な情報を付加して答える方が『日本人らしい』答え方だと思います。

ad1206cc20e8b5228981a178360dcca0_s

つまり日本人の多くは、よほど自信があること意外では簡単に『出来る』とは言いません。僕が思うに日本人の『出来る』には、『相手を満足させ、喜ばせることが出来る』という意味が込められているんではないでしょうか。

これほど言葉に思いやりを込められる民族って、他になかなかないですよね!

これは日本人が持つ「責任感」や「相手を思いやる」ことを源泉にした発想で、世界に誇れる特殊能力だと思います!

 

ただこの誇るべき特殊能力を正しく「特殊なもの」と自覚しておかないと、海外でのコミニケーションで思わぬギャップが生まれます。

5155e6ca0a374fe4aeb5154eabb6c908_s

例えばカンボジア人に仕事をお願いして、仮に相手が「出来ます」と答えたとしても、この『出来る』には日本人の特殊能力である「責任を持ってやり遂げます!」とか「必ず遂行し貴方にご迷惑はかけません!」とかいう意味は到底込められていません。

言葉の通り、単純に「出来るかどうか」を答えただけ。

だからその時「出来る」と思っても、急な用事が出来たり、思ったようにはかどらなかったり、うっかり他の事に気をとられたりしたら、当然のように「出来ない」ことに変わります(^^:)

 

そうなってから「出来ると言ったじゃないか!」と相手を責めても残念ながら後の祭り。カンボジア人にも一応「悪い事をした」という自覚はありますから、それを取り繕うとわかりやすいウソや誤魔化しをして、よけいに日本人の逆鱗に触れてしまいます。

不誠実さを最も嫌う日本人に下手な言い訳なんかしてしまうと「アイツは嘘つきだ!」とか「なんて責任感の無い奴だ!」となってしまうのは、ある意味仕方ない結果です。

304abfa60ffbfba45cb0d8a0830bc110_s

もちろんそんなカンボジア人にも改善の余地があることは言うまでもありませんが…、同時に僕たち日本人も、自分たちの『出来る』という言葉に込めた思いが、どれだけ世界に誇る特殊な能力であるかを知っておく必要があると思います。

これを自覚しておかないと、せっかくの特殊能力なのに、そのせいで逆に信頼関係を崩してしまう馬鹿らしい結果になりかねませんからね!

そもそも日本人の言葉には「信頼」や「思いやり」が込められていた訳ですから、それを「裏切られた!」と思ってしまったあとの日本人は特にややこしい!このあたりが外国人にはなかなか理解されず、時に「日本人は裏表がある」と言われちゃう理由ではないでしょうか(^^:)

 

ちなみに依頼したことを途中で確認した時にカンボジア人がよく使う「問題無い」や「心配ない」というセリフも、日本人の思う「問題無い」や「心配ない」とはかけ離れた意味で使われる事が多そうです。

むしろ「問題だらけ」&「心配しか無い」状態の事が往々にしてありますので、注意が必要ですね(笑)。

 

いつか、こんな辞書を作ったら面白いかもw

【問題無い】日本人を手っ取り早く黙らせる便利な言葉。これで話が終わらなければ、次に「信用して下さい」もしくは「心配ない!」と続けましょう。

 

誤解の無いように言っておきますが、今日書いたことは「優劣」ではなく単なる「違い」です。そしてカンボジア人でもその他の国の方でも、言葉に責任を持って使っている人は当然います。ただ一般論として、やはり日本人は言葉に特殊な感覚を持っている人が多いのではないでしょうか。

このあたりの文化や価値観の違いをお互いに理解することが、きっと世界で働くってことなんでしょうね。

 

参考になりましたら、クリックで応援お願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日もありがとうございました(^^)



スポンサーリンク