IMG_7415

カンボジア人について語る前に 知っておくべき3つのこと(その3)

cat08



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) げん 改め けん でございます☆

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

タイトルの響きを重視し、つい「3つのこと」なんて言いながら、実は2つしか浮かんでなかったこのシリーズ。

なんとか無事に3回目の記事を迎えることができました(笑)。

 

【前回までの記事】

カンボジア人について語る前に 知っておくべき3つのこと(その1)

カンボジア人について語る前に 知っておくべき3つのこと(その2)

 

カンボジア人について語る前に言いたい3つ目のこと

IMG_7415

日本人の誇りを忘れない

先日、カンボジアで成功されている中国人の経営者とお食事をする機会がありました。

お酒の席ということもあり、非常に好意的に色々な話しを聞かせてくれています。

 

「カンボジアに貢献してお金を稼ぐアドバイスを下さい!」

良い機会なので、そう質問してみました。

すると「カンボジアに貢献?」と2度ほど聞き返され、しばらく真顔で考えたあと「難しい質問だね」といって話が終わってしまいました。

シンプルにお金を稼ぐ方法なら、きっとアドバイスをもらえたと思います。

おそらくその方には「カンボジアに貢献するビジネス」を考える機会がなかったのでしょう。

 

それが中国人の強みなんだろうなぁと、改めて関心しました。

 

彼らはお金のにおいのするところにいち早く乗入れ、多くの利益を生んだあと、次のお金のにおいがする場所へ移動します。

カンボジアでもアフリカでも、彼らの影響力は凄ましいものがあります。

 

稼ぐことを正義とし、彼らはその信念を曲げない!

彼らをビジネスのライバルと考えると、登場当時のラーメンマンくらい、存在感と威圧感を持っています(><)

 

でも僕は「恩に義で返す」日本人。

同じその価値観を持ったカンボジアこそが、日本人の大成功する世界だと思ってます!

 

あ、お気づきです………、よね(^^:)?

 

日本人の誇りとか格好いい言葉使って、実は「その2」と同じこと言ってますw

ダイエットでいう「かさ増しレシピ」♪

建築業でいう「シャブコン」でございます(笑)。

 

まとめます!

 

日本人とカンボジア人は文化や習慣に違いはあるけど、そんな小さなことで「カンボジア人は…」なんて格好悪いグチいう前に!

世界に出てまだ日本の感覚を引きずってる自分のヤバさに気づいて!

カンボジアに稼ぐチャンスをもらった感謝と恩を忘れず!

カンボジアと日本、お互いのいいとこ延ばして、共に勝とうぜ!!

 

という数行でまとめられることを言いたかっただけなんですが、その為に3つも記事読んでもらって恐縮です(笑)。

 

この考えを原点に、次回からこのテーマでは日本人から見た「カンボジア人について」を書いていこうと思います。



スポンサーリンク