IMG_8384

カンボジア人について語る前に 知っておくべき3つのこと(その1)

cat08



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) げん 改め けん でございます☆

ランキングサイトに参加中

にほんブログ村

ブログランキング

クリックで応援お願いいたします

 

カンボジアをテーマにブログを書いていくにつき、カンボジア人のことを書く機会も多くなると思います。

そこではじめに、僕がカンボジア人に対してどのように思っているかを書いていこうと思います。

ちなみに「3つのこと」なんて、なんだかそれっぽいタイトルをつけてみましたが、実は3つも思いついていませんw

まぁ2つは書きたいことがあるんで、あとひとつは書きながら考えます(笑)。

 

カンボジア人について語る前に言いたい1つ目のこと

IMG_8384

こっちに来て日本人と話していると「カンボジア人ってさぁ…」っていうグチっぽい話しを耳にすることがあります。

確かに。

日本人の感覚とは「良くも悪くも」違う部分は多いです。

でもそれは、どっちが「良いか」「正しいか」とは別の話で、考え方や習慣の単なる「違い」でしかありません。

あくまで日本人の感覚で話をすれば同意できなくもないんですが、カンボジアで仕事をしてるのに、日本の感覚で話し続けるのってちょっとヤバくないですか?

 

そういう時は当たり障りなく、相づちくらいで聞き流してます。

出たぞ必殺! 事なかれ主義(笑)!!

これも日本人の特徴のひとつですよね(^^:)

 

この【カンボジア人について】というブログ・テーマでは、日本人から見た、カンボジア人の違いを書いていくつもりですが、あくまで「違いを知ってもらう為」に書こうと思ってます。

違いを認めて、お互いに良いところを学びながら歩み寄る。

それが理想だと思うんですよ。

ということで、3つのポイント(仮)を順にご紹介しますw

 

前提として、日本人も十分に変な民族です(^^;)

まずはこちらの動画をご覧下さい。

Japan – The Strange Country (日本語 ver.)

こちらの動画は日本の大学生が世界を旅し感じたことを題材に、2010年に卒業制作で作ったものだそうです。

とても面白く見れるのに、後味として妙に考えさせられる作品ですよね。

 

これは日本人が作ったものですが、外国の方が書いた本などもたくさんあります。

ネットで「Strange Japan」と検索してみて下さい。

世界から見て十分変な日本人が、その価値観でカンボジア人を変だと決めつけるのって…、やっぱり、どう考えても格好悪い。

若者がダブルのスーツにセカンドポーチ持って、アニメ柄のネクタイしてるくらいダサいです(笑)。

 

日本が「先進国」で、カンボジアは「後進国」だということ、「日本企業がカンボジア人を雇っているんだから」という発想が上から目線になりやすい原因なんですかね?

でも僕やあなたが「カンボジアで何ができるか」が重要で、カンボジア人の協力が必要なのであれば、対等なパートナーであることを自覚するべきだと思います。

 

というとこで次に続きます

カンボジア人について語る前に 知っておくべき3つのこと(その2)



スポンサーリンク