IMG_8018

プノンペンの生活費ってどれくらい?

ai01



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) カンボジアの地味な生活情報を日本一熱く語る、げん 改め けん でございます☆

 

ランキングサイトへ参加しております!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

カンボジア人は月収100ドルくらいの人もいるんだから、切り詰めれば「かなり安く暮らせるんじゃない?」と僕自身、こちらに来る前は思ってました(^^:)

バックパッカーの人なら、月に300ドルで生活してるって人もいます。

でも1ヶ月くらいならまだしも、300ドルでずっと生活となると、僕ならちょっとストレス溜まって病みそうです(==:)

 

ストレスの溜まるレベルは人によって違うと思いますので、とりあえず3パターンくらいモデルケースを作ってみました。

 

試算は、以下の点を前提に書いています。

・住居は個室(シェアハウスなどでもっと下げられる)

・食事はすべて外食(自炊をすればもっと下がる)

・3食のご飯はきっちり食べる(病気になったらお金がかかる)

・移動は1日に往復1回のみ(25日稼働)

・趣向品や服や靴、娯楽や交遊費、医療費などは除く

 

あくまで、ひとつの目安としてご覧下さいね♪

 

● 1200ドル/月

cost1159

家賃で1,000ドルくらいのところもザラにあるプノンペン。

けっして贅沢すぎるプランではないですが、ひもじさも無いプランだと思います。

・朝食:普段はローカル、週に一度は優雅にモーニング
・昼食:基本はローカルで、3日に1度は洋食や日本食
・夕食:ローカルと日本食などを約半々で、週に1〜2度は飲みに行く
・お茶:ひとりの時は現地コーヒー。打ち合せではお洒落なカフェへ
・移動:トゥクトゥクを利用
・家賃:セキュリティも安心なレベル
・光熱費:エアコンなど、贅沢はしないが極端に我慢もしない
・雑費:必需品以外の、お菓子なども買う

 

ある程度カンボジアに順応出来る方なら、かなり快適な生活レベルです♪

前提で趣向品は除くと書いておきながら、早速お酒が項目に入ってますけどw

 

カンボジアでは娯楽が少なくて、人と会うと「飲みに行きましょう」となるケースが(僕の場合は)多いもので(^^:)

飲みに行く費用を20ドルにおいてますが、お店によって全然違いますし、移動の6ドルも、乗る回数や距離によって大きく変わります。

 

● 700ドル/月

cost0716

わりと切り詰めた感じの生活プランですが、実際、これくらいで生活している人も多いと思います。

現地採用なら、この位の金額のお給料のとこも多いですからね。

・朝食:ローカルかテイクアウト
・昼食:基本はローカルで、週に1度は洋食や日本食
・夕食:基本はローカルたまに洋食など、月に2度ほど飲みに行く
・お茶:基本はローカル
・移動:バイクタクシーとトゥクトゥクを時間によって使い分ける
・家賃:頑張って安いところを見つけ、セキュリティは無し
・光熱費:エアコンの利用は極力控える
・雑費:なるべく最低限の出費におさえる

 

自炊をしたり、自転車やバイクで交通費を浮かせたりと、工夫次第では快適な生活も可能なラインだと思います♪

 

● 350ドル/月

cost0336

結構ギリギリですが、生活は可能です(^^:)

・朝食:テイクアウト
・昼食:基本はローカルで、週に1度は洋食や日本食
・夕食:ローカルを利用、月に2度ほどローカルでお酒を楽しむ
・お茶:週に1度、ローカルのコーヒー
・移動:基本は徒歩か自転車、必要に応じてバイクタクシーを利用
・家賃:立地も治安も衛生面も期待出来ない
・光熱費:電気の利用は極力控える
・雑費:最低限の出費におさえる

 

自営業などで「これから収入を上げるぞ!」と短期的に頑張る人や、ボランティアなどでお金以外で十分に満足している人でないと、すぐにストレスが溜まりそうだと思います(==)

 

● その他の出費として

 

意外にお金がかかる移動費

上記プランでは1日1回の往復のみで計算していますが、僕はわりとこまめに動くので、もっとかかってます。

ご飯が2ドルで食べれるのに、トゥクトゥクに1回乗ると安くて2ドル。

モト(バイクタクシー)でも0.5~1ドルかかりますからね。

人によって全く違う、飲食代や交遊費

家飲みならビール1箱(24本入り)買っても10ドル程度。

外で飲んでも、お店によっては5ドルで飲めるところもあれば、何十ドルが平気でぶっ飛ぶお店もあります(==)

あなたがお付合いする層や行く場所によって、まったく変わると思って下さい。

スーツをきる人はクリーニング代も高い!

服に関してかかる費用は金額がまちまちなのはわかると思います。

でもスーツなどを着る必要のある人は、暑くて汗をかくカンボジアでは、クリーニング代も10~20ドルと、バカになりません。

 

いざという時、爆発的に高い医療費

食中毒で軽く入院でもしようものなら、500ドルくらい簡単にぶっ飛びます(TT)

僕はカンボジアに来る前に保険に入ってきていますし、皆さんへも保険の加入をお勧めしますが、保険が無い人はすぐに動かせるお金を用意ておかないとかないといけません。

 

【関連記事】

MV「仕事を辞めてカンボジア移住だ!」日本人は何万円で生活できる?

「生活費の高い国」ランキング、日本とカンボジアは何位!?

 

以上、プノンペンに来るときの、参考にして下さいね(^^)

 



スポンサーリンク