IMG_6689

誤解&トラブル回避!:カンボジアでのタブーを知ろう!

ai01



スポンサーリンク


みなさん こんにちは(^^) げん 改め けん でございます☆

 

ランキングサイトへ参加しております!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
にほんブログ村 カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

イクラちゃんの決め台詞は バブー。 大人がやっちゃいけないこと、それがタブーです(^^) いきなり変な誤解やトラブルに巻き込まれない為に、あらかじめタブーを学んでおきましょう♪

 

日常とビジネスのタブー

IMG_6689

 

政治や宗教の話はしない

これは世界共通、日本の中でも初対面ではタブーとされているので、ご存知の方も多いはずですよね(^^) カンボジアでは、ポルポト時代の話などもこれに含まれます。

日本ででも、悲惨な事件を忘れて前に進もうとしている人に、初対面でそんなことはいきなり聞かないですよね(^^:)? それと同じなんですが、海外に出るとついやっちゃう人がいるのでご注意を。

 

他人の頭を触らない

カンボジア人にとって、頭には精霊が宿っていると考えられており、相手が子供であっても、むやみに頭や顔を触ってはいけません。 たとえ「この人、精霊やどってなくない?」と思う相手でもダメです(笑)。

 

僧侶やお寺のマナーを守る

まず、女性は僧侶に触れてはいけないという決まりがあります。「写真撮って!」なんて肩を組んだりなんてもってのほかです。 あと、観光であればお寺あどを回る機会もあると思いますが、お寺では男女ともに肌の露出は極力避けましょう。 上半身の半袖は許されるようですが、短パンはNGです。

逆に頭を隠すこともNGなので、帽子やサングラスなどは取りましょう

 

カンボジア人のプライドを傷つけない

カンボジア人は平和的な人が多く、滅多なことでは怒りません。

ただし! 一度怒ると、手がつけられません(^^:) いくら理由が正当であっても、人前で侮辱されたり馬鹿にされると、それは「報復」レベルの怒りにつながる恐れがあります。

しかも単独ではなく、仲間を引き連れた争いにまでなることも(T T) 僕が小・中学生の時は「1組と戦争や~」とかいって駆け回っていた時代もありました(笑)。

でも、怒ったカンボジア人の情熱は、それ以上です(^^:)

何かを指摘したり怒ったりする必要のある時は、人前ではなく人のいないところで、相手のプライドを尊重して教えてあげて下さい。

 

 

以上、簡単にまとめましたが…、ダメと言われたらやりたくなる、蛭子さんには向かない国ですね(笑)。

 

【関連記事】

誤解&トラブル回避!:カンボジアでのマナーを学ぼう!

 



スポンサーリンク